ホンダ

新型CR-V・EXの試乗記(走り・加速性能)スムーズな走り出し、ターボは低回転から効果を発揮

CR-V・EXの運転席画像

ホンダ新型CR-V・EXを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

新型CR-V・EXの外観・内装レポへ

新型CR-V・EXの走行性能

CR-V・EXの全体画像

先代よりもダウンサイジングして1.5LエンジンになったCR-Vなので走り心地がどのように変わったのかがとても気になります。

早速CR-Vを試乗させて頂きました。

CR-V・EXのハンドル画像

エンジンが始動しても室内はだいぶ静かです。防音処理がしっかりしているのでしょうか、凄く静かです。

CR-V・EXのシフトノブ

アクセルペダルを踏んでみた感じの走り出しはボディーの大きさとは相反して、非常にスムーズな走りだしです。

ディーラーから幹線道路に出てアクセルを少し踏み込んでみると、2000回転くらいからトルクが効きはじめます。

ターボの効き目が低回転より発揮されているのです。

ハイブリッドモデルは3.0Lエンジンと同等の走り心地と言われていますが、このガソリンタイプのCR-Vは加速時点では2.4Lエンジンの車の同等程度の走り心地が得られると感じています。

トランスミッションはCVTを搭載していますが、加速までの嫌なタイムラグもなく、しっかりと熟成されたCVTであるという印象でした。

CR-V・EXのリア画像

赤信号で停車した瞬間に、アイドリングストップが作動しました。

走りだしの時もスムーズで振動少なく、静かに再始動してくれるので、ストレスを感じさせなくてよいです。

CR-V・EXのアルミホイール

ワインディングでは足回りが少し硬いのかなという印象です。

足回りには摩擦を低減するマルチリンク式リアサスペンションや乗り心地と操縦安定性を両立する振幅感応型ダンパーをはじめタイヤからの振動を伝えにくい構造にしているそうです。

CR-V・EXの後方画像

ハンドルの反応はかなりよいですね、狭路に左折で入る時も、狭い的にドンピシャで入れ込むことが出来るので、ボディーは大きくても女性がラクに操舵できるのではないでしょうか。

デュアルピニオンEPSなどにより軽快なハンドリングを実現しているそうですよ。

ハンドルを切れば切っただけ曲がる感覚が凄く気持ち良いです。

走行時の静粛性は決して静かとは言えません。

理由を聞いてみると、このエンジン音は車速とリニアにリンクしており、ドライバーの感性と一致する様なセッティングにしているとのことです。

ハイブリッド車にはアクティブサウンドコントロールを採用して加速音を最適化しているそうです。

スポーツ走行を意識すると、ハンドリングの軽快さも、振動の処理も、そしてエンジンサウンドも凄く重要なのですね。

そこにCR-Vはこだわって作られていることが理解できました。

CR-Vの新古車を探す

新型CR-Vの安全性能

CR-V・EXの正面画像

CR-Vの安全装備は「ブラインドスポットインフォメーション」や「LEDアクティブコーナリングライト」、「ドライバー注意力モニター」などがついています。

「ブラインドスポットインフォメーション」は走行中に斜め後ろに車両が存在するとき、その方向のドアミラーの上のマークが点灯して存在を知らせてくれます。

さらにウィンカーを操作するとマークの点滅と警報音で注意を促します。

「LEDアクティブコーナリングライト」は40km/h以下でステアリングやウィンカーを操作すると曲がろうとする方向の内側の路面を照らし歩行者などをより見やすくしてくれます。

「ドライバー注意力モニター」はハンドル操作に応じて居眠り運転や不注意運転を検知し、メーター内の運転者注意力レベルの表示や警告音やハンドル振動で休憩を促します。

その他、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」が搭載されており、単眼カメラとミリ波レーダーの2つセンサーによって安心快適な運転を支援しています。

安全機能の内容は全9つで、「衝突軽減ブレーキ」「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」「路外逸脱抑制機能」「渋滞追従機能付ACC」「LKAS」「先行車発進お知らせ機能」「標識認識機能」「オートハイビーム」が付いています。

どの機能も付いていると安心の機能ですが、今回はこの中より3つの機能を紹介したいと思います。

まずは「衝突軽減ブレーキ」です。

この機能は車両や歩行者を検知し衝突の危険がある場合うにマルチインフォマーションディスプレイの表示やブザーで警告します。

さらに緊急時には自動で強いブレーキをかけて衝突回避、被害軽減をはかります。

この機能を体感してみたいと言う方も多いと思いますが、試乗中では中々使わせてもらうのは難しいと思いますね。

スバルとかホンダやトヨタのディーラーだと駐車場にパネルがあって実験させてもらえるところもありますよ。

続いて「渋滞追従機能付ACC」です。前に車が走っていない時は設定した速度で走行し、前に車が走っている時は、前の車の速度に合わせて適切な速度で追従します。

渋滞時は前の車に合わせて停車もしてくれるのです。

高速道路の走行や長距離走行の時は非常に便利で疲労軽減になると思います。

今回は試乗の際にセットしてみましたが、非常に運転がラクになりました。ただ信号が赤になった時などに自車が先頭を走っていると信号無視になってしまうので、一般道で使用する時は要注意です。

私も使用させてもらいましたが、このACCの加速は少し緩慢な感じがします。

急加速する様なACCもありますが、それに比べるとかなり穏やかな加速です。

「標識認識機能」は走行中に道路標識を認識してマルチインフォメーションディスプレイに表示してくれます。

速度標識って見落としてしまうことが多いので、この機能は安全に運転するのには必要な機能だと感じました。

CR-Vの新古車を探す

新型CR-Vの燃費

CR-V・EXのインパネまわり

今回試乗した走行距離は6kmでしたが、この距離の走行では実燃費は9.8km/Lでした。

距離が短いことや加速することが多かったので、燃費は若干悪いのかなと思います。

ガソリン車「EX」のJC08モード燃費は15.0km/Lなので、実燃費9.8kmだと燃費達成率は65%と少し低い印象をうけますね。

他のグレードやパワートレインの実燃費も気になるので見ておきましょう。

駆動乗車燃費ガソリン(ターボ)ハイブリッド
EXEXマスターピースEXEXマスターフピース
2WD5人JC0815.815.425.825.8
実燃費10.610.421.021.0
7人JC0815.415.4
実燃費10.210.2
4WD5人JC0815.015.025.025.0
実燃費9.89.819.119.1
7人JC0815.014.6
実燃費9.59.5

CR-Vはまだ発売して間が無いため、実燃費の情報がありません。

ガソリン車は今回試乗した結果をもとに算出し、ハイブリッドはWLTCモードの市街地モードとしています。

CR-Vの新古車を探す

新型CR-V・EXの試乗記まとめ

CR-V・EXの後方画像

今回はホンダが2年5か月ぶりに復活させたCR-Vを見てきました。

ハイブリッドとダウンサイジングターボの2種類のパワートレインがありますが、価格差があまりないので、どちらが良いのか甲乙付け難いです。

グレードを少なくして、必要とする物は最初から標準装備でガッチリ装備しておくというのが、最近のホンダの考え方なのかもしれません。

グレードが少なければコストも低減するので、価格に良い意味で転嫁できるのでしょう!良い車を少しでも安く購入できたら、私達としては満足です。

このCR-Vはホンダも本気で売りに来ているので、多くのディーラーで取り扱っています。

パワートレインによって試乗して感じる印象も大きく変わってくると思いますので、できれば両方乗ってみたいですね。

新型CR-V・EXの外観・内装レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. CR-V・EXの全体画像

    ホンダ

    新型CR-V・EX(外観・内装の評価)5人乗り・2列目の後部座席は広々

    ホンダ・新型CR-V・EXの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像

    ホンダ

    インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分

    ホンダ「インサイトEX」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

  3. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの外観画像

    ホンダ

    ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EX(外観・内装の評価)後部座席は窮屈さなし!

    ホンダ「ステップワゴンスパーダ ハイブリッドG・EX」の外観と内装を見…

  4. ホンダ「インサイト」EXの運転席画像

    ホンダ

    インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能向上

    今回は、インサイトEXを実際に運転した感想をご紹介します。…

  5. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEV(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々

    ホンダ・クラリティPHEVの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  6. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎

    ホンダ・シャトル ハイブリッドZの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない
  2. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
  3. カングーゼンの全体画像

    輸入車

    ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に3分割されている
  4. レヴォーグの全体画像

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の広さは狭い
  5. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
PAGE TOP