スバル

【口コミ】レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の広さは狭い。

スバルの人気車種インプレッサの4代目をベースにして、レガシィーツーリングワゴンの後継車種として現れたレヴォーグ。

レヴォーグSTIスポーツの全体画像

スバルのDNAでもある水平対向エンジンとAWDを搭載し、今までレガシィで培ってきたステーションワゴンのノウハウを余すことなく詰め込んだスバル渾身の1台になっています。

軽量・コンパクト設計の改良型をベースにレヴォーグ専用にチューニングを施していることで、今までのレガシィでも味わったことが無い様な走りが期待できます。

モータースポーツへの挑戦を通じてスバルの走りを磨いてきたSTI、強靭でしなやかな走りを具現化し、洗練した質感の高い乗り味をトータルにバランスし、ブレのない正確なハンドリングと上質な乗り心地を徹底して作り込まれたレヴォーグSTIスポーツ。

この精巧で上質なマシンに一度乗ってみたくてスバルのお店に行ってきました!

試乗車はレヴォーグSTIスポーツ

今回試乗させて頂いたのは、レヴォーグSTIスポーツです。STIはスバルテクニカインターナショナルがエンジニアとして量産車開発に加わり、レヴォーグのGTツアラーとしての資質を更に究めたモデルになっており、レヴォーグの中では最高グレードの車です。

今回試乗させて頂いたのは、そのSTIスポーツの中でも2.0Lの水平対向4気筒エンジンに直噴ターボを搭載したモデルになっています。高出力に対応し、マニュアルモード時の変速スピードを上げてシフトチェンジした瞬間にエンジンやメーターが反応するスポーティーな特性の「スポーツリニアトロニック」を採用しています。

レヴォーグSTIスポーツの後方画像

最高出力は300PS/5600rpmとかなりの高出力で、最大馬力は40.8kgf・m/2000~4800rpmと低回転からしっかりとトルクを効かせている力強い走りが期待できます。

スバルの先進安全技術アイサイトを搭載しており、0次安全、走行性能、予防安全、衝突安全の4つの安全を網羅して高い評価を獲得しています。

レヴォーグSTIスポーツのスタートボタン

今回試乗したレヴォーグSTIスポーツのボディーカラーはダークグレー・メタリックで光の当たり方ではブラックや紺色にも見えるような寒色系の落ち着いたカラーでした。他にも7色のラインナップがあり、ピュアレッドの様な赤色や、クリスタルホワイトパールの様な白系など様々なカラーが用意されています。

今回試乗した2.0STIスポーツはレヴォーグの中では最高級グレードですが、他にも様々なグレードがありますので、グレードと価格を下記の表で紹介していきます。

(円) 1.6GT
アイサイト
1.6GT
アイサイトSスタイル
1.6GT-S
アイサイト
2.0GT-S
アイサイト
1.6STIスポーツ
アイサイト
2.0STIスポーツ
アイサイト
価格 282万 292万 307万 361万 356万 405万

レヴォーグを中古車検索

レヴォーグSTIスポーツの外観

レヴォーグのボディーは凹凸が多く、空力整流を考えられ、佇まい、造形、質感その全てにおいて最上のツアラーを目指して洗練されたデザインになっています。

レヴォーグSTIスポーツの正面画像

フロントマスクは大きな台形の横縞スポークグリルに切れ長で、いちだんと鋭さを増したデザインのLEDヘッドランプがマッチングしており、攻撃性の高いデザインになっています。

LEDヘッドランプはハイ&ロービームランプでステアリング連動のヘッドランプを採用しています。悪路走行にも長けているレヴォーグなので、フォグランプもLEDが標準で装備されています。

レヴォーグSTIスポーツのドアミラー

LEDアクセサリーライナーは、シルバーメッキフィンの光沢6連LEDが見事に映えています。レヴォーグ専用のアクセサリーライナーなので、スバルの他車種との差別化を図っています。

レヴォーグSTIスポーツ専用のフロントバンパーは、スカート部がメッキ加飾になっており通常モデルと比較すると、より上質で質感高い仕上がりになっています。

サイドには存在感を一層引き立てる18インチのレヴォーグSTIスポーツ専用のダークグレーアルミホイール、切削光輝でスポーティーさがアップしています。

レヴォーグSTIスポーツの横画像

リアデザインでは、アンダー部のリアアンダーディフューザーがレヴォーグの持つスポーティーなポテンシャルを表現しています。専用の大型デュアルマフラーカッターもいいですね!

レヴォーグSTIスポーツの後方画像

足回りにはスバルお馴染みのビルシュタイン製のレヴォーグSTIスポーツ専用のダンパーが入っており、スポーティーに演出されたレヴォーグの乗り心地も愉しさの1つです。

レヴォーグSTIスポーツのタイヤ画像

フロントグリルとリアに付けられた「STI」の赤いエンブレムは、走りの王者の証でもあり、レヴォーグ最上級グレードに乗っている誇らしさを感じさせてくれるアイテムです。

レヴォーグを中古車検索

レヴォーグSTIスポーツの内装

インテリアはブラックのパネルとボルドーの本革シートやインパネ加飾がアクセントになって、渋さと格好良さとスタイリッシュさを兼ね備えたデザインになっています。見る人全てを虜にしてしまいそうな洗練されたデザインに仕上がっていますね。

レヴォーグSTIスポーツのインパネ周り

乗り込む時に目に飛び込む、サイドシルプレートもSTIのロゴが入ったステンレス製のサイドシルになっているので、運転する前から心が高揚してしまいます。

ステアリングは本革巻きの3本スポークステアリングホイールで、シルバーのアクセントに赤い「STI」ロゴが刻印されており、特別感があります。

レヴォーグSTIスポーツのハンドル画像

シフトレバーも本革巻きになっており、ボルドーのシフトパネルに合わせて、レバーにレッドステッチを施しています。ピアノブラック調のパネルとの相性も抜群で、上質な演出をしています。

レヴォーグのシフトレバー

メーターはマルチインフォメーションディスプレイをセンターに配置した、丸目2灯の奥行のある立体的なデザインのメーターになっており、赤いリングが鮮烈な印象を与えるレッドルミネセントメーターになっています。

レヴォーグSTIスポーツのメーター

このインフォメーションディスプレイでは、ドライビングの基本情報をはじめ、車両に機能障害が発生した時の警告表示や「SI-DRIVE」の状態なども表示します。

レヴォーグSTIスポーツの助手席

センターパネルにあるマルチファンクションディスプレイでは、燃費情報やVDCの作動状況、メンテナンス項目など、車両の様々な情報を大型カラー液晶画面に表示します。ブースト表示でスポーティーな気分を高めたり、アイサイトセイフティプラスの作動状況もグラフィカルに表示します。

レヴォーグSTIスポーツのルームミラーまわり

フッドペダルはアルミ製のスポーツペダルを採用しており、瞬時の操作において機能性を高める働きがある他、デザイン性にも富んでいるので、STIにはベストマッチのアイテムです。

レヴォーグSTIスポーツのペダル

シートは先に紹介した通りボルドーの本革シートになっています。ヒップサイドと腰回りのバケットがしっかり効いているので、ワインディングロードなどのお尻が流れやすい運転でも、しっかりと体をホールドしてくれる作りになっています。

レヴォーグSTIスポーツの運転席シート

運転席は10ウェイパワーシートで、助手席は8ウェイのパワーシートになっています。運転席はメモリー機能を使えばアクセスキー1本に付き2パターンまでシートポジションを記憶することができます。

エアコンは左右独立温度調整付のフルオートエアコンで、乗る人それぞれの体調や温感の違いに合わせて運転席・助手席での温度調整が可能になっています。

レヴォーグSTIスポーツのエアコンまわり

レヴォーグの後部座席

後部座席はベースがステーションワゴンなので、広いのかなと思いましたが、私の様な体格が良い男性だとちょっと窮屈さを感じてしまいます。身長が高いと膝周りはギリギリです。

レヴォーグSTIスポーツの後部座席

レヴォーグSTIスポーツの後部座席に座ったときのあしまわり

リアシートは4:2:4の分割可倒式でスバル初の採用です。中央席を独立して倒すことで、長い荷物を載せる時でも4名乗車させることが可能になりました。

レヴォーグSTIスポーツの荷室

リアカーゴルームは522Lという大容量で、9インチのゴルフバックならば4個積むことができます。隅々まで無駄なく使用できるようフラットな空間を実現しており、広く段差の少ない開口部は荷物の積み下ろしもスムーズになっています。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 【口コミ】新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は…
  2. 【口コミ】トコットX“SAⅢ”の(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転し…
  3. 【口コミ】N-VAN+スタイルFUNの(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車…
  4. 【口コミ】カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の(外観・内装の評価)運転席はホ…

関連記事

  1. フォレスターX-BREAKの運転席

    スバル

    フォレスター・X-BREAKの試乗記(走り・加速性能)四駆で安定感あり!実燃費は11km/L程度

    フォレスターX-BREAK(外観・内装の評価)に続き、今度は運転した感…

  2. レヴォーグSTIスポーツの運転席シート

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ試乗記(走り・加速性能)安定したコーナリングで街乗りは勿体ない車

    レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)に続き、今度は運転した感想…

  3. インプレッサ正面画像

    スバル

    【口コミ】新型インプレッサスポーツ2.0i-S(外観・内装の評価)後部座席はかなり広い

    今回私が試乗したのはスバルの「インプレッサスポーツ2.0i-S・2WD…

  4. クロスオーバー7の運転席画像

    スバル

    クロスオーバー7・2.5Lの試乗記(走り・加速性能)力強いトルクで50km/Lまでスーッと加速

    スバル・クロスオーバー7 2.5iアイサイト(外観・内装の評価)に続き…

  5. XVの運転席

    スバル

    スバルXV・2.0i-Sアイサイトの試乗記(走り・加速性能)どの速度域からでもスムーズに加速

    スバルXV2.0i-Sアイサイト(外観・内装の評価)に続き、今度は運転…

  6. レガシィーアウトバック・リミテッドの運転席

    スバル

    レガシィ アウトバックの試乗記(走り・加速性能)視界良好で、走行安定性も抜群

    「レガシィ アウトバック・リミテッド(外観・内装の評価)」に続き、今度…

最近の記事

  1. クラリティPHEVの試乗記(走り・加速性能)つなぎ目のない滑…
  2. 【口コミ】クラリティPHEVの(外観・内装の評価)運転席の座…
  3. VWゴルフの試乗記(走り・加速性能)感動するほど静粛性と安定…
  4. 【口コミ】VWゴルフTSI Comfortline Tech…
  5. N-VAN+スタイルFUNの試乗記(走り・加速性能)軽バンな…

最新!試乗レポ

  1. クラリティPHEVの全体画像
  2. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像
  3. N-VAN黄色の全体画像
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像
  5. ミラトコット・サニーデイブルーメタリックの全体画像

カテゴリー

  1. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像

    輸入車

    【口コミ】VWゴルフTSI Comfortline Tech Editionの(…
  2. ランドクルーザーの正面画像

    トヨタ

    【口コミ】ランドクルーザー4.6L(外観・内装の評価)3列目は足元が窮屈、2列目…
  3. ランドクルーザープラドの画像

    トヨタ

    【口コミ】ランドクルーザープラド・TX“Lパッケージ“(外観・内装の評価)3列目…
  4. ロードスターRFの全体画像

    マツダ

    【口コミ】マツダロードスターRF・RS(外観・内装の評価)RECARO製でシート…
  5. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    【口コミ】クラリティPHEVの(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席…
PAGE TOP