トヨタ

アクアGRスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の座り心地はいいけど若干狭い

トヨタ「アクアG・GRスポーツ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

38.0km/Lの低燃費と可愛らしいフォルムで人気のコンパクトハイブリッドカー「アクア」が、スポーツテイストを増したモデル「アクアGRスポーツ」を販売開始しました。

アクアGRスポーツの全体画像

GRスポーツはトヨタのレースコンストラクターである「GAZOOレーシング」がチューニングなどを手掛けたグレードで、スポーツマインドを前面に押し出したデザインと、専用サスペンションや剛性UPなどGRスポーツならではの強化を図っています。

そんなアクアGRスポーツが、家から少し離れたディーラーで試乗できると情報を得たので早速行ってきました。

アクアGRスポーツの試乗運転レポへ

試乗車はアクアGRスポーツ

今回試乗したのはアクアGRスポーツの「G“GRスポーツ”」というグレードです。

パワートレインはノーマルのアクアと同様に1,500ccのハイブリッドエンジンで、燃費もカタログでは34.4km/Lとなっています。

エンジンの最高出力は74ps/4,800rpmで最大トルクは11.3kgf・m/3,600~4,400rpmとなっています。

この数値もノーマルのアクアと全く同じです。モーターの最高出力が61ps、最大出力17.2kgf・mを合わせると、システム最高出力は100psとなります。

ボディーカラーはスポーツテイストに良く似合うイエローを纏っていましたが、この他にもスーパーレッドやブルーメタリックなどの目立つカラーから、オーソドックスなブラック、ホワイトまであり、全7色のラインナップになっています。

今回試乗した「G“GRスポーツ”」は専用バンパーやサスペンションチューニングなど様々なパーツでGRスポーツ専用を用いており、価格は2,332,800円となっています。

GRスポーツのベースになっているアクアGグレードが2,062,800円で販売されているので、約27万円でスポーツテイストなアクアにグレードアップすることができるのです。

「G“GRスポーツ」の他にも「G“GRスポーツ17インチパッケージ」というグレードがあり、価格も更に高くなっています。気になる価格は以下で確認しておきましょう。

価格LG“GRスポーツG“GRスポーツ17インチパッケージ
2WD178万188万208万233万253万

アクアを中古車検索

アクアGRスポーツの外観

アクア「G“GRスポーツ”」のエクステリアはノーマルのアクアとは全く印象がことなったデザインになっています。

まず一番大きな違いはフロントデザインです。フロントは専用フロントバンパーと専用ラジエーターグリルでスポーツテイストが増しています。

グリルにはスモークメッキ加飾とプラック塗装が施されており、かなり格好いいです。

Bi-Beam LEDヘッドランプにもダークスモークエクステンション加飾が入っており、アクアに力強い印象をプラスしています。

リヤバンパーも専用バンパーになっており、ブラック塗装とシルバー加飾の組合せが映えています。

コンビネーションランプにもフロント同様にダークスモークエクステンション加飾を入れています。スポーツカーの定番、ルーフスポイラーも専用の物が付いています。

ボディーのサイドには専用サイドマッドガードがついており、フロント、リヤのバンパーとの一体感が生まれています。

足回りにはGRスポーツ専用の16インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)が存在感を放っています。

その他には、ブラック塗装のサイドターンランプ付ドアミラーやLEDイルミネーションビームがワンポイントアクセントになっていたり、「GRスポーツ」のエンブレムが前後左右4か所に付いているなど、GRスポーツでしか得られない特別な装備が盛りだくさんです。

エアロが組まれたことで、ノーマルのアクアとは全く異なったスポーツテイストな印象をしっかり植え付けることが出来ているGRスポーツです。

アクアを中古車検索

アクアGRスポーツの内装

インテリアはブラックでシックに纏められています。ステアリングは本革巻き4本スポークステアリングホイールを採用しており、シルバーのステッチがブラックの本革に目立ち過ぎずアクセントになっています。

シフトノブも専用本革巻きシフトノブで、ステアリングと同様にシルバーステッチダークスモーク加飾が施されています。

シートは専用スポーティーシートを採用しており、GRスポーツのエンブレムとシルバーダブルステッチが付いています。

セミバケットシートではありませんが、座面に深みがあるので、体をしっかりホールドしてくれます。

大きめのアームレストがついているので、助手席との距離も気になりません。ここにもシルバーのステッチが施されているので、ステアリング、シフトノブとの統一感があります。

コンソールパネルはピアノブラックをベースにしており、質感がかなり高くなっています。

それに加えてインパネ助手席オーナメントが合成皮革巻き+シルバーステッチでスポーティーでありながら高級感を演出します。

後部座席は正直に言えば広くはありませんが、スポーツカーという括りでアクアGRスポーツを見るのであれば、十分な広さではないでしょうか。

私は身長が180cmくらいありますが、後部座席に座ってみると、運転席のシートバックに膝が刺さってしまいます。

長距離ドライブでなければ我慢できる程度ではあります。

唯一の救いは、座面が長いことと、シートバックの角度にゆとりがあることで座り心地は悪くないことです。

ラゲッジスペースは奥行722mmとコンパクトカーにしてはゆったりしています。開口幅946mmと合わせると、容量もたっぷりです。

ハイブリッドのバッテリーをリヤシート下に配置したことで、ゆとりあるラゲッジスペースを作り出しています。

リヤシートが6:4分割可倒式なので、荷物が多い時や大きい時でも安心して積み込むことができます。

インテリアはエクステリアと同様にスポーツテイストを強めていますが、ベースのアクア同様に狭すぎない居住空間を確保しながらアクア本来の強みもしっかり生かした造りになっていると思います。

アクアGRスポーツの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. アルファードの運転席画像

    トヨタ

    アルファード・S“Cパッケージ”の試乗記(走り・加速性能)静粛性、走行安定性は◎力強さは△

    トヨタ「アルファード・S“Cパッケージ”」を実際に試乗運転してきた感想…

  2. アルファードS“Cパッケージ”の全体画像
  3. トヨタ「ハイラックス」の運転席画像
  4. ランドクルーザーの運転席画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6Lの試乗記(走り・加速性能)実燃費は7km/L程度

    トヨタ・ランドクルーザー4.6Lを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  5. ヴィッツハイブリッドの運転席画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドFの試乗記(走り・加速性能)実燃費は平均23.4km/L

    トヨタ「ヴィッツ・ハイブリッドF」を実際に試乗運転してきた感想を書きた…

  6. ハリアー・プレミアムの運転席画像

    トヨタ

    ハリアー・プレミアムの試乗記(走り・加速性能)ソフトな乗り心地で街乗り快適

    ハリアー・プレミアムを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. アウトランダーPHEVの全体画像

    三菱

    アウトランダーPHEV(外観・内装の評価)後部座席はゆとりある広さ、3列目なし
  2. カムリ・ハイブリッドの画像

    トヨタ

    カムリ・ハイブリッドG(外観・内装の評価)後部座席は大人3人でも広い
  3. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの全体画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタムGS(外観・内装の評価)フルフラット可能な荷室
  4. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
PAGE TOP