トヨタ

86ハチロクGTリミテッドの試乗記(走り・加速性能)高速道路なら燃費14.0km/Lも?

トヨタ86ハチロクGTリミテッドを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

新型86の運転席

トヨタ86の外観・内装レポへ

86の安全性能

86はスポーツカーなので安全性能は必要ないと思っている方も多いと思いますが、周囲や乗車している乗員に優しい機能が装備されています。

トヨタ新型86の全体画像

まず、86は衝突安全性に優れたボディー構造となっています。軽量・高剛性の基本特性を満たし、全方位からの衝突エネルギーを効率的に吸収してくれます。またSRSエアバックを6個も標準で装備しています。

万が一歩行者に衝突した時も、歩行者への衝撃を緩和する構造を採用しています。バンパーは衝撃吸収バンパーを採用、フェンダーやカウルにも衝撃吸収構造を取り入れています。

運転支援では、優れた操縦安定性を実現するVSCを搭載し、横滑り発生時にブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールして車両安定性を確保します。

新型86のタイヤ

またVSCに加え、滑りやすい路面での発進時や加速時のタイヤの空転を防ぐTRC機能や、左右輪の回転差を抑制するLSDも搭載しています。

ブレーキ時にタイヤロックを防ぐABSや、車両の走行状態に応じて前後左右輪に理想的な制動力配分を行うEBDを採用しています。

その他、坂道発進をサポートするヒルスタートアシストコントロールでブレーキ油圧を保持し坂道発進の逆走を防ぎます。

86のクルーズコントロール

最後に私が一番驚いたのがクルーズコントロールです。マニュアルでもクルーズコントロールってあるんだと初めて知りました。スイッチ操作でアクセルを踏まなくても定速走行が可能です。ただ追従機能等がないので使えるシーンは高速道路に限定されるのかなと思います。

86を中古車検索

86・GTリミテッドの走行性能

実際に試乗してみると、86の発進は立ち上がりが良くアクセルの踏み込みに対してのレスポンスもいいです。馬力は207psありますが、体感ではもっと馬力のあるエンジンを積んでいる様な走り出しの良さです。

新型86のペダル

86はエクステリアで空力パーツを多用しているので、走っている時の接地感も凄く感じます。水平対向エンジンでフロントが軽くなっているので安定している様に感じます。

86のエクステリア

6MTはショートストローク化に拘っているので軽快でスポーティーなシフトフィールです。ギアが噛み合うのが掌で感じることができ、シフトを操るのがとても楽しいです。

86は何と言ってもスポーツカーです、エコカーと違ってエンジンサウンドが気持ちいですね。マフラーは割と大人しい感じですが、エンジンルームから聞こえる吸気のサウンドが凄くいいです。

実は走りの楽しさを増幅させる為に吸気サウンドデザイス「サウンドクリエータ」を搭載しており、吸気振動を利用してアクセルワークに連動した吸気サウンドをコックピット内にダイレクトに導入しています。

今回は試乗ということもあり、サービススタッフも乗っているのであまり無茶な運転はできませんでしたが、本来は1日借りて峠道とかを走ってみたい車です。最大馬力207ps/7000rpmは、やはり体感しておかなくてはいけません。

それとここまで空力性能に拘った車なので急カーブに突っ込んでロールを体で感じてみたいですし、サーキット走行向けの制御をする「TRACKモード」も是非使ってみたいですね。

この「TRACKモード」は限界付近でのドライバーのコントロール領域を残しながらスピン挙動の緩和をサポートするので、初心者のトレーニングモードに最適です。

86を中古車検索

86の燃費

カタログに記載されているJC08モードの燃費と口コミや実際に乗っている営業マンなどの情報をまとめた実燃費は以下の通りです。

燃費
(km/L)
GGTGTリミテッドGTリミテッド
ハイパフォーマンスパッケージ
6ATJC0812.812.412.412.4
実燃費11.911.911.911.9
6MTJC0811.811.811.811.8
実燃費11.511.511.511.5

86のカタログ燃費は6ATで12.4km/L~12.8km/L、6MTで11.8km/Lとなっており、ATの方が若干低燃費になっています。実際の燃費はカタログ燃費とそれほど変わらない結果となり、渋滞の無い走行であればカタログ燃費に近い燃費で走行できそうです。

86の実燃費は平均11.7km/L

また高速道路の走行が多い方ならば実燃費を裕に超えて14.0km/L位走ることもあるそうです。

今回試乗したのは走行距離5kmの短い道のりであり、幹線道路と住宅地の走行だったので、86の走行性能をフルに楽しむというよりは車を転がすといった走行になってしまいました。

距離も短く発進停止も多かった為燃費は全く伸びず、実燃費は10.4km/Lでした。そもそも燃費を重視して乗る車ではありませんから、それでも10km/L以上走るのは期待以上かと思います。

86を中古車検索

86・GTリミテッドの試乗記まとめ

86はエクステリアやインテリアの見た目も細部までこだわりぬかれた大人が遊ぶ車ですね。価格帯も262万円から販売しており、346万円の「GTリミテッドハイパフォーマンスパッケージ」ならば余計な手を加えずそのまま楽しむことができます。

新型86の斜め後ろ画像

86は街乗りで乗るもよし、遠出を楽しむもよし、サーキットで乗り回すもよし、色々なシーンで走る楽しさを感じることができること間違いありません。

スバルの水平対向4気筒の技術とトヨタの直噴の技術が融合した86を是非一度AREA86で見て乗って感じてみてください。

↓外装・内装レポはこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. トヨタ「ハイラックス」の運転席画像
  2. アルファードS“Cパッケージ”の全体画像
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の運転席まわり

    トヨタ

    カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の試乗記(走り・加速性能)走り出しスムーズで気持ちよい加速

    トヨタ「カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”」を実際に試乗運転してき…

  4. パッソの運転席画像

    トヨタ

    パッソ「X“L package・S”」の試乗記(走り・加速性能)ノンターボでも加速は悪くない。

    パッソ「X“L package・S”」を実際に試乗運転してきた感想を書…

  5. アルファードの運転席画像

    トヨタ

    アルファード・S“Cパッケージ”の試乗記(走り・加速性能)静粛性、走行安定性は◎力強さは△

    トヨタ「アルファード・S“Cパッケージ”」を実際に試乗運転してきた感想…

  6. ランドクルーザープラドの画像

    トヨタ

    ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ“(外観・内装の評価)3列目は補助席のようなデザイン

    トヨタ・ランドクルーザープラドTX Lパッケージの外観と内装を見てきた…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. アウトランダーPHEVの全体画像

    三菱

    アウトランダーPHEV(外観・内装の評価)後部座席はゆとりある広さ、3列目なし
  2. スイフトRStの画像

    スズキ

    新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

    トヨタ

    カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. 「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの外観

    輸入車

    VW「ゴルフトゥーラン」(外観・内装の評価)2列目後部座席はかなり広い
  5. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
PAGE TOP