ホンダ

N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

ホンダ・N-VAN+スタイルFUNの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

N-VAN黄色の全体画像

日本の生活を変える、その志を胸に走り続けてきたNシリーズが今度は軽バンのジャンルで新しい基準をつくりました。

その車がN-VANです。Nシリーズと言えばN-WGNやN-BOXが大ヒットとなりましたが、新たにN-VANが2018年7月に販売開始となり、旋風が巻き起こりそうな予感です。

軽バンといえば、働く人の車という印象が強いですが、N-VANは仕事にも趣味にも毎日を自分らしく楽しむ人におススメできる両立性をもった車だと思います。

前を良く通るホンダに黄色い派手な色のN-VANが展示してあったので、立ち寄って試乗をさせて頂きました。

N-VAN+スタイルFUNの試乗運転レポへ

試乗車はN-VAN+スタイルFUN

今回試乗させて頂いたN-VANはN-VANの中でも仕事とレジャーの両立に向いているグレードで「N-VAN+スタイルFUN」というグレードです。

価格はターボなし(FF・CVT)で1,560,600円~となっており、価格帯としては上級グレードという位置づけになりますね。

このグレードの特徴としては、フルLEDヘッドライトやUSBオーディオ/AUXジャック、ホンダスマートキーシステム、プッシュエンジンスタート、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどの装備がついており、さらの見ためで格好良いプラチナ調クロームメッキがグリルについています。

このグレードのボディーカラーは全7色で、今回試乗したN-VANのカラーはプレミアムイエローパールⅡというカラーで「+スタイルFUN」の専用色です。アクティブで明るいイエローはとにかく目立ちます。

その他のグレードでは、「G」「L」はタフタホワイトⅡとルナシルバーメタリックの2色となっており、+スタイルCOOLでは専用色のプレミアムベルベットパープルパールを含む全7色です。

N-VANのエンジンは今回試乗したターボ無しでは、最高出力が53PS/6800rpm、最大トルクが6.5kgf・m/4,800rpmです。

ターボ有の場合では、最高出力が64ps/6000rpmで最大トルクが10.6kgf・m/2,600rpmで、ターボ無しではN-BOXの方が5PS高く、ターボ車は無ではN-BOXと同じです。

N-VANのグレードは全部で4グレードあり、商用向けのグレードから趣味のお供におススメできるグレードまで様々ありますので、車両販売価格と一緒に紹介していきます。

■N-VANのグレード別価格表

 グレードGL+スタイルFUN+スタイルCOOL
2WDCVT126万134万156万156万
6MT126万134万156万156万
ターボ166万166万
4WDCVT137万145万169万169万
6MT137万145万169万169万
ターボ179万179万

N-VANの新古車を探す

N-VAN+スタイルFUNのエクステリア(外観)

N-VAN+スタイルFUN黄色の全体画像

今回新登場したN-VANはN-BOXのプラットフォームをベースに使用して商用モデル向けに改良したプラットフォームを採用しています。

またエンジンはホンダの軽バン、アクティバンのエンジンをホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用したFF駆動にしたことで低床化かつフラットな荷室になっています。

さらに荷室の容積を確保するためにN-BOXより背も高くなっています。

N-VAN+スタイルFUNの横画像

このN-VANの特徴はサイドにもあり、助手性側からスムーズに積み下ろしをできる様にセンターピラーをなくして開口部を広くしました。

この試みは軽バンでは初めてで、長い脚立や幅をとるコンテナBOXなども楽に積むことが出来る、使い勝手が良い車ですね。

フロントのデザインはN-BOXと同様にフロントノーズを長くしています。

N-VAN+スタイルFUNの正面画像

ヘッドライトはフルLEDヘッドライトを採用しており、デザインは優しい印象を与える丸型のライトです。

+スタイルFUNにはカラード&プラチナ調クロームメッキのグリル、専用のバンパーと正方形のLEDフォグライトが付いており、商用バンの安っぽさを打ち消して、普段でも乗りたいと思える様な工夫がなされています。

サイドからリヤにかけてアクティブな印象を与える3本の波型キャラクターラインが入っており、軽バンの単調なボディーにアクセントを持たせています。

N-VAN+スタイルFUNのホイールキャップ

アルミホイールは12インチの2トーンホイールキャップで可愛らしいイメージですね。

N-VAN+スタイルFUNの後方画像

リヤのデザインはクリアレンズを取り入れているLEDコンビネーションランプとカラードのガーニッシュがついています。

ハイルーフなのでバックドアの開口部も大きくとられているので使い勝手を重視しながらも、デザイン性を落とさない絶妙なバランスです。

N-VAN+スタイルFUNのリア画像

リヤについていうワイパーはリバースギア連動式になっており、雨の日にワイパーをオンにしている状態でバックギアを入れるとリヤワイパーが作動します。

N-VANの新古車を探す

N-VAN+スタイルFUNのインテリア(内装)

N-VAN+スタイルFUNの運転席画像

商用車といえばグレーを基調としたインテリアカラーが多く、GとLグレードもこのカラーリングですが、+スタイルFUNはブラック基調で落ちつた印象で統一されています。

軽バンだと色々な荷物やツールで車内を傷つけたり、汚したりしやすいですが、内装の下側には凹凸のある形状と粗目の表面仕上げを採用しているので、傷が付きづらく、目立ちにくくなる工夫がされています。

シートはサイドから見ると良くわかりますが、前席は乗車機会が多いのでしっかりと厚みのあるシートを使っており、腰への負担を考えてシートフレームは乗用車と同じ物を使用しています。

運転席は乗り降りが多い商用利用を考えて、縫い目のない1枚生地を張り込み、頻繁な乗り降りでも破れにくい工夫を取り入れています。

N-VAN+スタイルFUNの後部座席

後部座席は収納性の良い薄いシートを採用しています。運転席のみ座面と背面にセリだしがあるので、ホールド性を重視した造りになっています。

コックピット周辺の作りはメーターやパネル類を含め。プラスチックっぽいチープな感じが隠しきれていません。

N-VAN+スタイルFUNのステアリング

軽バンということを考えるとデザイン性よりも実用性とコストを重視した感じになっています。

メーターはスピードメーターをセンターに配置しており、小さなタコメーターを左側に、マルチインフォメーションディスプレイを右側につけています。

N-VAN+スタイルFUNのインパネ周り

エアコンの操作パネルやシフトノブも淡泊な感じです。

しかしステアリングホイールのデザインはシルバー加飾が施されており、見ためも劣っていないと思います。

ステアリングスイッチもアダプティブクルーズコントロールの操作ボタンや音響操作ボタンがついており手元でも操作性は良さそうです。

N-VAN+スタイルFUNのシフトノブまわり

エアコンも軽バンで全車標準装備のフルオートエアコンになっているので、中々グレードが高いのではないでしょうか。

オーディオもUSBオーディオ/AUXジャックが付いているので、iPodやiPhone、USBデバイスをつないで音楽を楽しむことができます。

N-VAN+スタイルFUNのハンドルまわり

またスマートキーシステムがついているので、プッシュボタンで鍵がいらず便利です。

N-VANの実力は何といても収納力です。N-VANは助手席側とテールゲートからの2つのアクセスで収納がラクで快適になっています。

N-VAN+スタイルFUNのピラーレスのスライドドア

助手席側のセンターピラーがなく、ドアインピラー構造になっているので、高い衝突安全性を確保しながら収納力もあげています。

これは軽バン初の仕様で、助手席側に大きな開口部が生まれ、荷室へのアクセスが向上しました。

助手席側の開口部が大きくなると、交通量の多い場所では歩道側からの荷下ろしが可能となり、2か所からアクセスできることで、荷下ろしのスピードもアップします。

助手席の開口部は幅1,580mm、高さ1,230mmでテールゲートの開口部は幅1,230mm、高さ1,300mmとかなり大きいですね。

室内は運転席以外の座席は全て荷室として使用することができます。

助手席はダイブダウン機構がついているので、ヘッドレストを外して、ドアポケットに収納してから、シートを座面ごと足元に収納することができます。

背もたれを前に倒すだけなので、簡単に畳み込むことができます。

N-VAN+スタイルFUNの荷室

後部座席も簡単に倒せますので、助手席を段差が無いフラットなスペースにすることで脚立などの長尺物もスッキリ収めることができますね。

後部座席は5:5で分割できるので2名で乗車したい時でも運転席とその後ろの席を残したら良いです。

N-VANの収納力は軽バンとは思えない実力で、最大積載量は350㎏、段ボールは71個、ビールケースならば40個を積むことができます。

スクアエのパッケージなので隅々までスペースを無駄なく使えますね。

その他ユーティリティーナットが荷室の左右壁面とテールゲート内側に28個装備しているので、M6サイズのねじ穴として使用することができ、パイプや金具、棚などを付けて空間を自由にアレンジすることができます。

働く人たちの使い勝手を一番に考えられた、使い勝手と工夫で商用バンとしての魅力を数段アップしています。

N-VAN+スタイルFUNの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. 新型N-BOXの運転席

    ホンダ

    新型N-BOXカスタムG・Lターボの試乗記(走り・加速性能)50~60km/h位まではスムーズに加速…

    ホンダ・新型N-BOXカスタムG・Lターボを実際に試乗運転してきた感想…

  2. ヴェゼルRSのハンドル

    ホンダ

    ヴェゼルRSの試乗記(走り・加速性能)実燃費14.8km/L、スポーティで頼もしい走り

    ホンダ・ヴェゼルRSを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  3. フリード+のハンドル

    ホンダ

    【5人乗り】フリード+ハイブリッドEXの試乗記(走り・加速性能)実燃費は14.0km/L程度

    ホンダ「フリード+ハイブリッドEX」を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  4. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない

    ホンダ「シビックタイプR」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  5. ホンダ「インサイト」EXの全体画像

    ホンダ

    インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分

    ホンダ「インサイトEX」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

  6. ホンダ

    オデッセイハイブリッド・アブソルートEXパッケージ(外観・内装の評価)3列目もゆったり広い

    ホンダ「オデッセイハイブリッド・アブソルートEXパッケージ」の外観と内…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. スポーツ“SAⅡ”の全体画像

    ダイハツ

    キャストスポーツ“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は240mmスライド
  2. ハスラーの全体画像

    スズキ

    ハスラー・Jスタイル(外観・内装の評価)後部座席はゆったり座れる、リクライニング…
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり
  4. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  5. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像

    輸入車

    プジョー「5008」(外観・内装の評価)2列目はゆとりあり、3列目は窮屈
PAGE TOP