トヨタ

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

2018年6月23日に発表されたばかりのハッチバク型のカローラ、その名も「カローラスポーツ」がネット上でも話題を巻き起こしています。

以前にもカローラのハッチバック型はカローラランクス以来約12年ぶりとなり、トヨタがカローラ購入層の若返りを目論んで投入したスポーツタイプのハッチバックなので、その全容が凄く気になります。

さらに期待を掻き立てるのは、全てのグレードでサスペンションをダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用していることや、インテリジェントマニュアルトランスミッション搭載車も追って発売されることです。

トヨタの歴史の1ページを作り上げてきたカローラがどんな進化を遂げたのかを実際に感じてみたいと思いトヨタカローラのお店に足を運んできました。

カローラスポーツの試乗運転レポへ

試乗車はカローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの運転席

今回の試乗車は「カローラスポーツ」でグレードは『ハイブリッドG“Z”』です。

『ハイブリッドG“Z”』は「カローラスポーツ」の中でも最上級グレードに位置しており、装備内容も充実した物になっています。

例えば、フロントにはLEDフォグランプとフロントフォグランプベゼルが付いており、リヤにはクロームメッキ加飾のリヤバンパーが付いています。

さらにはメッキモールを多用している点でエクステリアの質感を向上させています。

「カローラスポーツ」のパワートレインはハイブリッドとガソリンの2種類がラインナップされており、今回の試乗車はハイブリッドです。

ハイブリッド車は1,800cc

「カローラスポーツ」ハイブリッドは1,800㏄のエンジンを搭載しており、エンジンの最高出力は98ps/5,200rpm、最大トルクは14.5kgf・m/3,600rpmです。

モーターの最高出力は72psで最大トルクは16.6kgf・mとなっています。

ガソリン車は1,200ccターボ

ちなみにもう1つはガソリン車で直列4気筒で1,200㏄のターボエンジンを搭載しており、トランスミッションはスーパーCVT-iで10速スポーツシーケンシャルシフトマチック付です。

最高出力は116ps/5,200~5,600rpmで最大トルクは18.9kgf・m/1,500~4,000rpmとなっています。

ボディーカラーは全8色のラインナップの中よりシルバーメタリックの「カローラスポーツ」が今回の試乗車となっていました。

他のカローラ店ではアティチュードブラックマイカのカローラハッチバックが展示されていましたが、高級感のある漆黒と言った雰囲気で魅かれる物がありました。

他にもシアンメタリックやスカーレットメタリック、オキサイドブロンズメタリックなど若者から中高年まで年齢層を広く意識したカラーラインナップになっていると感じました。

「カローラスポーツ」の『ハイブリッドG“Z”』の車両本体価格は2,689,200円です。

他のグレードの価格も気になりますので紹介しておきます。

■カローラスポーツ別価格表

 グレードG“X”GG“Z”
ハイブリッド241万252万268万
ガソリン2WD213万225万241万
ガソリン4WD233万245万261万

カローラスポーツの新古車を探す

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の外観

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

今回試乗した「カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”」はスポーツタイプ意識していることもあり重心が低めにとられています。

全ての基礎となる骨格に新型プリウスでも採用されていた新型プラットフォームTNGAを採用しています。

カローラスポーツのフロント

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の正面画像

「カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”」のフロントデザインは風の流れを意識した躍動感のあるデザインが特徴です。

フロントロアグリルはフレーム部がサテンクロムメッキでメッシュ部がガンメタリック半艶塗装になっています。

さらにフロントフォグランプのベゼルもブラックの艶有塗装になっておりスポーティーな面と質感にこだわった一面の両方が垣間見ます。

フォグランプも『ハイブリッドG“Z”』のみ標準装備となっています。

ヘッドランプはBi-Beam LEDヘッドランプを採用しており、ターンランプとクリアランス&デイライトも全てLEDで統一されています。

ライトのデザインは鋭い目つきになっており、その中に流れる様なLEDのラインが走っている所は、米国向けのデザインを取り入れた印象をもちます。

カローラスポーツのリア

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のリア画像

「カローラスポーツ」のリヤは最近のトヨタ車ではお馴染みのLEDのコンビネーションランプで、コの字型のデザインが特徴的です。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のリアライト

ハッチバックもストンとした感じではなく凹凸を感じるデザイン性の高い作りになっており、クロームメッキ加飾のリヤバンパーとの相性も良いです。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のマフラー

「カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”」のマフラーは2本出しのスポーツマフラーと一見騙されてしまいますが、実はこれ1本出しのマフラーでリヤバンパーに付いているのはダミーなんです。

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”のマフラー

ちょっと遊び心を感じちゃいますね。

カローラスポーツのサイドデザイン

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の横画像

「カローラスポーツ」のサイドのデザインは足回りに225/40R18インチの切削光輝+ダークグレーメタリック加飾のアルミホイールを採用しています。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のホイール画像

さらにドアウィンドウにはメッキフレームモールディングが貼られており、センターピラーはブラックの艶有塗装のガーニッシュになっています。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のサイドミラーまわり

「カローラスポーツ」の外観はカローラという大衆的な車のイメージからかなり逸脱して、次世代のスポーツタイプを意識した今どきのデザインで完成度が高いと思います。

カローラスポーツの新古車を探す

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の内装

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の運転席まわり

「カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”」の内装は、ブラックを基調とした落ち着いた印象の中に随所に際立つ赤いステッチがスポーツタイプを強調するツールになっています。

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの運転席

「カローラスポーツ」の運転席のシートはスポーツタイプのシート構造となっており、バケットの効いたホールド性の高いシートです。

このシートはグレード問わず標準装備ですが、G“Z”のグレードのみ赤いステッチが付いています。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のハンドル

ステアリングは本革巻きの3本スポークステアリングホイールで手に馴染みやすい滑らかな革の質感と握りやすい太さに好感が持てます。

スポークに入っているシルバー加飾もいいですね。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のスピードメーター

スピードメーターは先進的なディスプレイ表示になっており、7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ+オプティロンメーターを採用しています。

レイアウトは左にタコメーター、右に燃料計と水温計を配置しており、センターにディプレイを配置しています。

ディスプレイ内にアナログスピードメーターを表示することや、平均燃費など必要な情報を表示させることができます。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のセンターパネル

センターパネルにはナビゲーションとエアコンの操作スイッチを配置したスッキリとしたレイアウトになっており、センターコンソールは運転席と助手席を完全に仕切った形で配置されています。

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”のサイドブレーキまわり

「カローラスポーツ」のシフトノブは革巻きになっており、シフト周辺のパネルもピアノブラック調の質感高い感じが、赤いステッチと良くマッチしています。

「電子パーキングブレーキ」を採用しているので、停車時にブレーキを踏み続けている手間も省けるので良いですね。

前席はセンターコンソールで仕切られているので開放感はありませんが、コックピットの様な造りになっているので、スポーツカーが好きな方には受け入れられると思います。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の後部座席

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の後部座席

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”の後部座席の背もたれ部分

「カローラスポーツ」の後部座席は見た目通り若干狭い印象を受けます。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の後部座席、ひざ周り

身長の大きい私が座ってしまうと、前席のシートバックに膝がもろに当たってしまいます。

横幅は十分に確保されていますが、奥行きが少ないのが難ですね。

しかも、「カローラスポーツ」の後部座席はリクライニングが出来ないのでゆっくり座っているのは難しそうです。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の荷室・シートアレンジ

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z"の荷室スペース

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”の荷室奥行

「カローラスポーツ」の荷室は容量352Lで9.5インチのゴルフバックが2個積めます。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の荷室下

荷室の床下にはパンク修理キットらしきものが入っていました。

トノカバーは標準装備で付いているので、たくさん積載していても、荷室が散らかっていても上部は隠すことができます。

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”の後部座席を倒した荷室画像

また後部座席は前に倒すことが出来るので、フラットにして荷室と後部スペースを使うことが出来るので、2名で出かける時には多くの荷物をスペース余すことなく使用することができるのです。

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”の後部座席側から見た荷室

「カローラスポーツ」の荷室には大きな段差ができてしまうのが残念ですね。

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”後部座席を倒すレバー

後部座席の背もたれの上にレバーがあり、簡単に倒すことができます。

カローラスポーツでの車中泊は難しい

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の後部座席を片方倒した状態の荷室画像

これだけ段差があるので、後部座席を倒しても車中泊をするのは難しそうです。

先にも述べたように、後部座席をリクライニングも出来ないので「カローラスポーツ」で車中泊するなら、運転席と助手席をめいいっぱい後ろに下げてリクライニングして仮眠をとるくらいしか出来ないと思います。

同じカローラのフィールダーは後部座席がリクライニングでき、後部座席を倒せばフルフラットにできることを考えると居住性にかなりの差があります。

カローラスポーツ・ハイブリッドG"Z”の後部座席ドアポケット

その他、「カローラスポーツ」には収納スペースが多く、フロントコンソールトレイやフロント・リヤドアポケットボトルホルダーなどのスペースを有効活用した物や、USB電源端子など便利な機能もたくさんついています。

「カローラスポーツ」の内装の印象は外観ほど質感の高い印象は薄く、どちらかと言えばスポーティーな印象をより強くしていると思います。

カローラスポーツの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ

    トヨタ86ハチロクGTリミテッドの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  2. ランドクルーザープラドの画像

    トヨタ

    ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ“(外観・内装の評価)3列目は補助席のようなデザイン

    トヨタ・ランドクルーザープラドTX Lパッケージの外観と内装を見てきた…

  3. アルファードの運転席画像

    トヨタ

    アルファード・S“Cパッケージ”の試乗記(走り・加速性能)静粛性、走行安定性は◎力強さは△

    トヨタ「アルファード・S“Cパッケージ”」を実際に試乗運転してきた感想…

  4. アクアGRスポーツの運転席画像

    トヨタ

    アクアGRスポーツの試乗記(走り・加速性能)実燃費は20km/L程度

    トヨタ「アクアGRスポーツ」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思…

  5. 新型ヴォクシーの全体画像

    トヨタ

    ヴォクシーZS(外観・内装の評価)2列目ロングスライドでかなり広い

    トヨタ・ヴォクシーZSの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します…

  6. 新型86の運転席

    トヨタ

    86ハチロクGTリミテッドの試乗記(走り・加速性能)高速道路なら燃費14.0km/Lも?

    トヨタ86ハチロクGTリミテッドを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い
  2. 新型N-BOXの全体画像

    ホンダ

    新型N-BOXカスタムG・Lターボ(外観・内装の評価)4人乗車でも広い荷室
  3. ホンダ

    オデッセイハイブリッド・アブソルートEXパッケージ(外観・内装の評価)3列目もゆ…
  4. スポーツ“SAⅡ”の全体画像

    ダイハツ

    キャストスポーツ“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は240mmスライド
  5. CX-5の全体画像

    マツダ

    新型CX-5・XDプロアクティブ(外観・内装の評価)5人フル乗車でもゴルフバック…
PAGE TOP