スズキ

エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、乗り心地よし

スズキ・エスクード1.6Lと1.4Lターボの外観と内装を見てきたので、写真付きでレビューしたいと思います。

約30年前に登場したスズキのエスクード、当時はライトクロカンというジャンルで登場し今のSUVの先駆けとなりました。

当時は本格的な4輪駆動と、走破性の長けているラダーフレームを採用していました。

エスクード全体画像

現在は本格SUVというよりは普段使いを重視したユーリティークロスカントリーセダンという位置づけになり、フレーム構造もセパレートフレーム構造を止め、モノコックボディーにラダーフレームを溶接して一体化させる構造に変えています。

これにより乗り心地や快適性がかなり向上しており街乗りでの使い易さがアップしました。

今回試乗するのは4代目になるエスクードです。特にターボ車は7月に販売開始したばかりです。

どんな走りを楽しめるのか注目したいと思います。

エスクード1.6Lと1.4Lターボの試乗運転レポへ

エスクード1.6L(4WD)と1.4L(4WD)ターボを試乗

今回は、スズキエスクードの1.6L4WDと1.4L4WDターボを試乗させてもらいました。

エスクードの正面画像

ボディーカラーは全6色

ボディーカラーは、1.6Lがアトランティッスターコイズパールメタリックブラック2トーンルーフで、1.4Lターボがブライトレッドブラック2トーンルーフです。

エスクードのカラーラインナップは全6色になっています。

1.6Lは116馬力、1.4Lターボは136馬力

1.6Lエンジンは最大馬力が116PS、最大トルクは15.4㎏m・fを4400回転で発揮します。1.4Lターボはエンジンをタウンサイジングしてターボを搭載しているので税金が1.6Lよりも年間4,900円も安くなります。

走行性能も最大馬力が136PSで最大トルクは21.4㎏m・fを2100~4000回転で発揮できるので、低速域から力強い走りが得られます。

エスクードのターボ全体画像

オールグリップで雪道・悪路に強い

どちらもスズキの先進4WD性能「オールグリップ」が搭載されており、燃費を重視した「オートモード」、積極的に4WDを使う「スポーツモード」、雪道やアイスバーンに適した「スノーモード」、悪路走破に強い「ロックモード」をダイアルで選択することができます。

オールグリップ利用者の声

「レーダーブレーキサポートⅡ」標準装備

エスクードには、安全性能も先進のブレーキサポートシステム「レーダーブレーキサポートⅡ」を標準で装備しています。

そのため先行車との車間距離が保てるアダプティブクルーズコントロールもしっかり付いています。

以上の様に装備も充実したエスクード、気になる価格は以下の通りです。

価格エスクード1.6エスクード1.4ターボ
4WD234万258万

エスクードを中古車検索

エスクードの外観はヨーロピアンテイスト

エスクードの外観をみていきましょう。

まずフロントデザインは最近の主流でもある丸みを持たせたデザインで、つり目型のLEDヘッドランプと大きめに取られてグリルが一体感があってヨーロピアンテイストのスタイリッシュな作りになっています。

エスクード・ターボ正面画像

エスクード・1.4Lターボ

フォグランプとは別にLEDイルミネーションランプがフォグランプの横に縦型に埋め込まれているのも特別感があります。

エスクード全体画像

エスクード・1.6L

フェンダーについているフェンダーガーニッシュもエスクードの伝統的な装備です。4代目もきちんと引き継いでいます。

1.6Lも1.4Lターボもデザインはほぼ同じ

エスクードの1.6Lも1.4Lターボもデザインはほぼ同じですが、グリルとアルミホール、ルーフレールの有無で違いを持たせています。

まず1.6Lのグリルは「フィンタイプの2本スポーク」デザインとなっており、1.4Lターボは「5スロットル」デザインのグリルになっています。

フィンタイプはラグジュアリーな印象が強く、スロットルタイプはスポーティーな印象に仕上がっています。

エスクードのアルミホイールはどちらも17インチアルミホイールを採用していますが、1.6Lは切削加工とガンメタリック塗装のシックなデザインで、1.4Lターボはブラック塗装でクロカンの車によく装着されている様なワイルドテイストなデザインになっています。

エスクード1.6L

エスクード1.6L

エスクード1.4Lターボ

エスクード1.4Lターボ

ルーフレールは1.4Lターボのみ標準で装着されており、ルーフレールが付いているだけでSUVらしさが増し、スポーティーな印象になりますね。

エスクードのリアデザインは、フロントデザインと比較するとシンプルにまとめられており、5角形のLEDコンビネーションランプのデザインが映えているので、フロントデザイン同様にヨーロピアンテイストに仕上がっています。

エスクード後方画像

アンダーガーニッシュがフロント・リアともについていて、グレーメタリック色が特に明るいグリーンやレッドの色に映えて、見た目が走破性の高い車の様に見えます。

フェンダーアーチモールやサイドアンダーモールもその効果を増幅させています。

ミラーはカラードミラーになっており、LEDサイドターンランプが埋め込まれています。

1.6Lはボディーと同色に塗装されており、1.4Lターボは高輝度シルバーになっています。

エスクードには2トーンカラーあり

今回試乗したエスクードのカラーリングはどちらも2トーンでしたが、アクティブな印象を強めたい方には、この2トーンのカラーリングがおススメできます。

エスクード1.4Lターボの2トーンカラー

最後に、スズキの先進4WD「オールグリップ」のエンブレムもリアの「エスクード」のエンブレムの下についています。

エスクードの1.6LはSUVでも『セダンよりに落ち着いた』イメージを、1.4Lターボは『スポーティーでアクティブ』なイメージを与えるようなデザインに仕上がっています。

エスクードを中古車検索

エスクードの内装は落ち着いた黒

エスクードの内装は、ブラックベースの落ち着いた色合いになっており、これ以外のカラーを選択することができません。最近のスズキはこのパターンが多いですね。

エスクードの運転席画像

シートは本革&スエード調シート表皮を採用しており、1.6Lはホワイトステッチ、1.4Lターボはレッドステッチが施されています。

エスクードのハンドルは本革巻きステアリングでこちらもシート同様にステッチが施されています。

デザインは3本スポークでオーディオスイッチとアダプティブクルーズコントロールのスイッチが組み込まれています。

エスクードのハンドル

メーターは2連の丸メーターのセンターにインフォメーションディスプレイを埋め込んだ標準的なレイアウトです。

タコメーターとスピードメーターはシンプルでスポーティーなデザインです。

マルチインフォメーションディスプレイは平均燃費や航続可能距離などの切り替え表示に加え、アダプティブクルーズコントロールの作動状況や「オールグリップ」の走行モードも表示します。

インパネガーニッシュは金属調になっており、ブラックの全体色にアクセントを加えています。

サイドとセンターのエアコンルーバーリングもメッキが施されています。

シフトゲートガーニッシュやドアアームレストオーナメントもシルバー加飾されています。

エスクードのインパネ周り

もちろんインサイドドアハンドルにも加飾があり、この様な加飾を多用していることでインテリアの質感を上げてくれます。

シフトノブのデザインと質感がコンパクトカーの様なチップな感じが否めません。

エスクードは、外観も内装も価格以上の質感を感じていたので、少し勿体ないと感じてしまいます。

エスクードのシフトノブ

「オールグリップ」のダイアルはアナログですが、このアナログ感が本格SUVの様で個人的には好感が持てます。

またアナログでもデザイン性が高いので、車内の質感を下げることはありません。

エスクードのセンターパネルには、アナログの時計がついています。

いまどきアナログ時計が付いている車は見かけませんが、この時計がエアコンルーバー2つと合わせて3連メーターの様に見えてスポーティーで面白いデザインに仕上げていると感じます。

後部座席はそこそこの広さ

エクスードの後部座席は決して広いとは言えませんが、窮屈さを感じる程でもありません。

6:4で分割可倒できるので、荷物が多い時はラゲッジスペースを広くすることができます。

エスクードの後部座席画像

荷室には9.5インチのゴルフバック2個積める

エスクードの荷室自体はリアシートを立てた状態でも375Lの大容量、シートを倒すことで更に広い空間を確保できます。

荷室開口部を広く設計しているので荷卸しも楽に出来そうです。

荷室にはラゲッジボードがあり上段下段にセットすることができます。

ラゲッジボードを外せば深さを確保できる為、9.5インチサイズのゴルフバックを横置きで2個積むことができます。

エスクードの荷室には「ラゲッジルームランプ」や「アクセサリーソケット」、「ラゲッジフック」などもあり、便利な装備が充実しています。

最後に1.6Lと1.4Lの装備差としてスピーカー性能と「コンソールボックス」が挙げられます。

スピーカーは1.6Lが2スピーカー、1.4Lターボが6スピーカーになります。

またコンソールボックスも1.4Lターボはアームレストが付いています。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様

関連記事

  1. バレーノの画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XG(外観・内装の評価)後部座席の乗り心地は悪くないが、広さは天井が低く狭い

    スズキ・バレーノ1.2L・XGの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  2. ワゴンRスティングレーの全体画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー・Tターボ(外観・内装の評価)後部座席はスライド可能でゆったり広い

    ワゴンRスティングレーTターボの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  3. バレーノの運転席画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XGの試乗記(走り・加速性能)リニアな操舵感と長距離ドライブにも適したクルマ

    スズキ「バレーノ1.2L・XG」を実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  4. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

    スズキ・新型ジムニーXCの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

  5. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い

    2017年12月25日に新しくデビューした「XBEE」は、スズキの軽S…

  6. エスクードの運転席画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ試乗記(走り・加速)走行性能は素晴らしくパワフル

    スズキ・エスクード1.6Lと1.4Lターボを実際に試乗運転してきた感想…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  2. アルファードS“Cパッケージ”の全体画像

    トヨタ

    新型アルファード・S“Cパッケージ”(外観・内装の評価)2列目は贅沢すぎる乗り心…
  3. プリウスPHVの全体画像

    トヨタ

    プリウスPHV(外観・内装の評価)大人4人が快適に過ごせる独立シート
  4. CX3のメイン画像

    マツダ

    CX-3・20Sプロアクティブ(外観・内装の評価)運転席は座り心地がよいが、後部…
  5. ヴィッツハイブリッドの全体画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆったり座れる
PAGE TOP