ホンダ

インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分

ホンダ「インサイトEX」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

2年9か月振りの復活で新しく生まれ変わった3代目「インサイト」の全容をホンダのディーラーに行ってしっかりチェックしてきました。

ホンダ「インサイト」EXの全体画像

インサイトEXの試乗運転レポへ

インサイトEXの外観

今まではコンパクトカーやハッチバックの印象が強かったインサイトですが、新しくなった3代目からはサイズもデザインも大きく変革を遂げました。

まずサイズは全長が約280mm、全幅が125mmとかなりサイズアップを図っています。

インサイトは「低く、速く、広く」をコンセプトにグローバルで開発されたシビックのプラットフォームをベースにしています。

このサイズアップにより、よりワイドで存在感のある4ドアセダンになっており、「優れた直進安定性」「安心できるハンドリング」「ワイド&ローの美しいスタイル」「ゆったりとしたくつろぎをもたらす広さ」を高いレベルで兼ね備える骨格を実現しています。

だから3代目インサイトはホンダの中でもレジェンドやアコードに次ぐ高い位置づけになったのです。

ホンダ「インサイト」EXの正面画像

フロントマスクは最近のホンダ車の主流である「フライングウィンググリル」がインサイトでも採用されています。

グリルは刀身の美しさを連想させるデザインで金属質が上手く取り込まれています。

ホンダ「インサイト」EXのヘッドライト

ヘッドライトにまで及んでいることでワイド感が推しだされています。

あまり意識しないとのぞき込むこともないフロントグリルにも、1本1本に金属の美しい質感を感じることができ、品格を感じ取ることができます。

ボンネットフードの優美にラインが走っており、造形の美しさから高級感が漂っています。

ヘッドライトとポジションランプ、ウィンカーはすべてLEDになっています。

インサイトは、EX以上のグレードでフォグライトも装備されています。

ホンダ「インサイト」EXの後方画像

リアデザインも今までのインサイトからはいい意味でかけ離れたデザインになっています。

ホンダ「インサイト」EXのリア画像

リアコンビネーションランプはフリードのデザインに似た外側から内側にかけて絞っているゆるやかなL字ラインとなっています。

また、EX以上のグレードにはトランクスポイラーが標準で装備されており、よりスポーティーないで立ちとなっています。

ホンダ「インサイト」EXの横画像

インサイトのサイドデザインは、トップからエンドにかけての流れるようなラインが特徴的です。

今までのインサイトの卵のような形から大きく印象を変えていますね。

アルミホイールは17インチ切削光輝

ホンダ「インサイト」EXのアルミホイール

インサイトのアルミホイールは、17インチを採用しておりマットグレーの切削光輝で質感が高いホイールが装着されています。

サイドのデザインとうまくマッチしており、よりスポーティーな印象を増しています。

インサイトの中古車を探す

インサイトEXの内装

ホンダ「インサイト」EXの運転席画像

インサイトEXの内装は、ブラックベースで落ち着いたつくりになっており、価格帯相応かそれ以上の質感です。

まずシートはプライムスムースとファブリックのコンビシートで、プライムスムースが本革の様な質感をもっているので、座ると馴染みやすく心地良かったです。

ホンダ「インサイト」EXの前席全体画像

インサイトの運転席は8ウェイパワーシートで助手席は4ウェイパワーシートを採用しています。

シートの質感に加え、左右にエアコンも独立温度コントロール式のフルエアコンを採用し、ヒートシーターも装備されているので、前席の居住空間に申し分ありません。

ホンダ「インサイト」EXのハンドル

運転席周辺の装備ではステアリングがスムースレザーの本革巻きステアリングです。

スムースレザーの手に馴染みやすい柔らかな質感が個人的にとても好きです。

ホンダ「インサイト」EXのメーター

インサイトのメーター類は、マルチインフォメーションディスプレイと合わさり大型のディスプレイになっています。

ハイブリッドシステムのエネルギーフローや、安全支援情報など様々な情報を提供します。

ホンダ「インサイト」EXのセンターコンソール

インサイトのセンターコンソールには『エレクトリックギアセレクター』と『電子制御パーキングブレーキ』が配置されています。

『エレクトリックギアセレクター』はあまり見慣れませんし、ボタン式でDやRやPなどの操作をすることにあまり慣れていないので戸惑うかもしれません。

エンジンブレーキ(シフトダウン)はハンドル横のパドルシフトで行うようになっています。

合わせてパーキングブレーキも電子制御ですから今までの車のイメージから大きく進化した形ですね。

その他、センターコンソールにはドリンクホルダー2つ分と5.5インチのスマートフォンを置けるくらいの広さがある小物置き場、そして大容量のセンターコンソールボックスがあります。

USBジャックもあるのでスマートフォンの充電にも便利です。

全幅が広くなった分、コンソールの幅も大きくなったように感じます。

ナビとETC2.0はインサイトに標準で装備されているので、オプションで付ける必要はありません。

ナビは8インチディスプレイで、リアワイドビューカメラや通信料無料で利用できる「リンクアップフリー」にも対応しています。

後部座席は意外に広い

ホンダ「インサイト」EXの後部座席

後部座席はインサイトのローなスタイルからは想像できないくらいのスペースが確保されています。

大柄な私が座った運転席のシートポジションでも、後部座席の足回りには十分なスペースがあり、膝回りも余裕があります。

しかしながら、180㎝超の私が後部座席に座ると、頭回りだけは若干窮屈さを感じました。

全高がかなり低い車なので仕方ないとは思いますが、あと2㎝くらい高いと文句なしです。

後部座席スペースにはエアコンのダクトやシート中央に収納式の肘置きもついており、居住空間としては申し分なく、2代目のインサイトと比較すると格段に広くなっています。

荷室はゴルフバック4個分519L

ホンダ「インサイト」EXの荷室

トランクルーム(荷室)はゴルフバックが4個積める519Lの大容量です。

後部座席が6:4分割の可倒式なので、トランクスルーになっており、自転車も積載可能です。

インサイトEXの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. ホンダ「インサイト」EXの運転席画像

    ホンダ

    インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能向上

    今回は、インサイトEXを実際に運転した感想をご紹介します。…

  2. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない

    ホンダ「シビックタイプR」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  3. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎

    ホンダ・シャトル ハイブリッドZの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  4. ヴェゼルRSのハンドル

    ホンダ

    ヴェゼルRSの試乗記(走り・加速性能)実燃費14.8km/L、スポーティで頼もしい走り

    ホンダ・ヴェゼルRSを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  5. シャトルの運転席画像

    ホンダ

    シャトル・ハイブリッド1.5試乗記(走行性能)60km/hまでスムーズな加速

    ホンダ・シャトル ハイブリッド1.5を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. CR-V・EXの運転席画像

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  2. 新型ヴォクシーの全体画像

    トヨタ

    ヴォクシーZS(外観・内装の評価)2列目ロングスライドでかなり広い
  3. RVR『アクティブ・ギア』の全体画像

    三菱

    三菱RVR『アクティブギア』(外観・内装の評価)若干窮屈な後部座席
  4. キャストアクティバの前面画像

    ダイハツ

    キャストアクティバ G“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は広いが、荷室は狭め…
  5. カングーゼンの全体画像

    輸入車

    ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に3分割されている
PAGE TOP