ホンダ

新型N-BOXカスタムG・Lターボ(外観・内装の評価)4人乗車でも広い荷室

ホンダ「N-BOXカスタムG・Lターボ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

2017年8月31日にフルモデルをして販売開始したN-BOX、前作では軽四輪自動車販売台数首位獲得やホンダ史上最速の100万台突破など、数々の偉業を成し遂げたN-BOX。

フルモデルチェンジして更なる躍進が期待されているところです。

新型N-BOXの全体画像

ハイトトールワゴンとしての地位も確立し、ホンダの軽自動車で初のホンダセンシングの搭載や、トランスミッションにCVTを採用、さらには全車アイドリング搭載など装備内容も充実しています。

そんな新しくなったN-BOXに試乗してみようと思い、ホンダのお店に行ってきました!

新型N-BOXカスタムG・Lターボの試乗運転レポへ

試乗車は新型N-BOXカスタムG・Lターボ

今回試乗したのはN-BOXカスタムのG・Lターボです。N-BOXの中でもカスタムバージョンでエッジを際立たせた存在感が強い印象のグレードです。

とくにエクステリアはカスタム専用のパンパーやグリルを装着しており、アルミホイールやリアスポイラーもついています。

また、ターボ装着車なので、最高出力は64ps/6000rpm、最大トルクは10.6kgf・mと、NA車と比較してもパワフルな走行性能になっています。

ターボのみパドルシフトを採用しているので、マニュアル感覚の様なリニアなシフトチェンジを可能にしています。

グレードに関わらずホンダセンシングを標準装備しており、軽自動車だからこそ安全安心を追求する姿勢を評価できます。

今回のN-BOXは全車アイドリングストップを搭載しているので、ターボ車でも25.0km/L(2WD)という低燃費を実現しています。

グレードはカスタムで4グレード、ノーマルで5グレードの全9グレードとなり、選択肢も豊富なのが嬉しいですね。そんなN-BOXの気になる価格を以下でみていきましょう!

N-BOXのグレード別価格

(円)GG・LG・LターボG・EXG・EXターボ
2WD138万149万169万159万174万
4WD151万162万182万172万188万

N-BOXカスタムのグレード別価格

(円)G・LG・LターボG・EXG・EXターボ
2WD169万189万175万194万
4WD182万202万188万208万

N-BOXを中古車検索

新型N-BOXカスタムG・Lターボの外観

N-BOXのエクステリアはカスタムの名に相応しい、エッジを際立たせた強い存在感を印象つける個性を放っています。

新型N-BOXの全体画像

まずフロントデザインはノーマルと比較してもライドデザインとグリル、バンパーが全く違うデザインに仕上げられています。

新型N-BOXのサイドミラー

ヘッドライトのベースはノーマルと同じデザインですが、丸目に仕上げられていたノーマルとは対照的に9灯式のLEDヘッドライトになっています。

カスタムデザインのフロントグリスがヘッドライトを二分したようなデザインになっており、ヘッドライトの印象を強めています。

新型N-BOXのヘッドライト

バンパーもノーマルと比べてエッジが効いているので、堀が深いスタイリッシュなデザインです。

ロアグリルにLEDフォグランプが付いているのもカスタムの特徴です。

新型N-BOXのフォグランプ

エクステリアで一番驚いたのはウィンカーです、何と国産軽自動車なのにシーケンシャルターンシグナルランプを採用しているではないですか!流れるようなウィンカーの光、惚れてしまいます。

リアデザインはコンビネーションランプがクリア調のフルLEDになっており、リアライセンスガーニッシュと相まって力強い印象に仕上がっています。

新型N-BOXの後方画像

テールゲートスポイラーがついているのもカスタムの特徴で、ハイトールワゴンでありながらスポーティーな印象も与えています。カスタムのエンブレムも筆記体仕様で格好いいですね。

サイドはカラードのシルガーニッシュやドアハンドルもクロームメッキを採用しているので、細部までしっかり作り込んできています。

新型N-BOXの横画像

ホイールもカスタムはアルミホイールを採用しており、ターボは15インチのブラック塗装+切削のデザイン性が高いアルミホイールを装着しています。

新型N-BOXのホイール

エクステリアは全てにおいてカスタムのこだわりを感じる、ケチの付け所がない仕上がりになっていました。

N-BOXを中古車検索

新型N-BOXカスタムG・Lターボの内装

N-BOXカスタム「G・Lターボ」のインテリア装備は充実した内容になっています。まずシートはフロントベンチシートになっています。

室内空間を広くとる上では必須なアイテムですが、長時間の走行では疲れを感じさせるような浅い形状なのは少し残念。

新型N-BOXの運転席

カスタムの「G・EXターボ」であればスーパースライドシート仕様になるので、私の様に「ベントシートはちょっと」と言う方はそちらを選択すべきでしょう。

新型N-BOXの助手席シートのスライド

シートはプライムスムース&トリコットコンビシートで合成皮革の質が革の様に良くできています。アクセントが良い感じですね。

ハンドルは本革巻きのステアリングホイールでホンダセンシングのスイッチ類がまとめられています。

パドルシフトもハンドルについているので操作性は良さそうです。

新型N-BOXのハンドル

ステアリングの奥に謎の収納スペースが存在していましたが、ティッシュを入れるスペースの様です。

様々なお客様の要望から、今回のN-BOXで取り入れたそうですよ。

新型N-BOXの収納

メーターレイアウトは半月状の2連スピード、タコメーターに左サイドにいんふぃメーションディスプレイを配置した珍しいレイアウトになっています。

心なしか半月状になっていることで、メーターの高さが低くなっている様な印象をうけます。

新型N-BOXのメーターまわり

室内のパネルはカスタムなのでワンランク上の装備になっており、細部にピアノブラック調/シルバー塗装やクロームメッキ、ブロンズ塗装が施されています。

新型N-BOXの室内画像

カスタムの室内灯は全てLEDになっており、白い明りが室内を灯してくれます。

エアコンはフルオートエアコンであるだけでなく、プラズマクラスター技術を搭載した、空気浄化や脱臭に効果を発揮するエアコンになっています。

新型N-BOXのシフトレバーまわり

後部座席は両側パワースライドドアを採用しているので、家族で出かける方にはとても最適です。運転席右側のスイッチでラクラク操作できます。

後席窓にはロールサンシェイドが付いているので、プライバシーガラスとの合わせ技で中は全くと言って良いほど見えません。

新型N-BOXのロールサンシェード

後部座席はスライド可動域が大きく19cmスライドしてくれるので、荷物が少ない時はリアシートを最大限に下げてゆったり座ることができます。

またリアシートはチップアップ機能が付いている為、片側のシートを畳んでベビーカーを畳まずそのまま積み込むことだってできてしまいます。

新型N-BOXの後部座席

新型N-BOXの後部座席をチップアップ

荷室は後席を使用した状態でも十分な容積があります。また荷物が多い時は荷室側から後席の操作が可能なので、利便性が高いです。

新型N-BOXの荷室

リアシートの背もたれを前に倒せば、奥行たっぷりな積載空間に早変わりし、27インチの自転車が楽に積めます。

新型N-BOXの荷室

なにより、地上からの高さが低い低床になっているので、大きな荷物を積むのにとても最適です。

N-BOXは収納スペースやドリンクホルダー、電源ソケットが充実しています。

収納は、全10か所もあり、その中のドリンクホルダーは500mlの紙パックのジュースが入れられるサイズになっています。

電源ソケットもアクセサーソケット(DC12V)の他にUSB充電ソケットが2つ付いています。

なので最大3名が同時にスマホの充電を行うことが可能になっています。

ナビ連動のスペシャルパッケージになっているので、ETC車載器が標準でついていたり、カスタムのみツィーターを含む8スピーカーになっているなど、インテリアの装備はかなり充実しています。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様

関連記事

  1. シャトルの運転席画像

    ホンダ

    シャトル・ハイブリッド1.5試乗記(走行性能)60km/hまでスムーズな加速

    ホンダ・シャトル ハイブリッド1.5を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  2. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの運転席画像
  3. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない

    ホンダ「シビックタイプR」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  4. CR-V・EXの全体画像

    ホンダ

    新型CR-V・EX(外観・内装の評価)5人乗り・2列目の後部座席は広々

    ホンダ・新型CR-V・EXの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  5. フリード+のハンドル

    ホンダ

    【5人乗り】フリード+ハイブリッドEXの試乗記(走り・加速性能)実燃費は14.0km/L程度

    ホンダ「フリード+ハイブリッドEX」を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. N-VAN+スタイルFUNの運転席画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUNの試乗記(走り・加速性能)軽バンなのに静粛性が高い

    N-VAN+スタイルFUNを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思い…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. パッソの全体画像

    トヨタ

    パッソ X“L package・S”(外観・内装の評価)後部座席はゆとりあり
  2. エルグランドの全体画像

    日産

    エルグランド350ハイウェイスター(外観・内装の評価)3列目まで広くてゆったり
  3. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  4. ヴェルファイアの画像

    トヨタ

    ヴェルファイア・ゴールデンアイズ(外観・内装の評価)素晴らしい座り心地
  5. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像

    輸入車

    VWゴルフ TSI Comfortline Tech Edition(外観・内装…
PAGE TOP