トヨタ

パッソ X“L package・S”(外観・内装の評価)後部座席はゆとりあり

トヨタ・パッソX LパッケージSの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

丸みが強調されて可愛らしいデザインとバリエーションの多い個性的なカラーラインナップで女性を中心に根強い人気のトヨタのパッソが2016年に3代目となるモデルチェンジを行いました。

パッソの全体画像

そもそもパッソはデュエットの後継車という扱いで2004年に販売が開始されましたが、販売当時はトヨタの販売する普通車で一番小さい車として売り出されました。

今もその流れを汲んでおりCMでお馴染みの「軽じゃないパッソ」というキャッチフレーズが浸透しています。

2代目パッソまではトヨタとダイハツの共同開発車でしたが、今回の3代目からはダイハツブーンのOMEになっています。

見た目は小さいけれども「カイテキ」「カワイイ」「カッコイイ」パッソの居住性やそうっ高性能を大柄な私の身体で確かめてみたいと思い、トヨタカローラのお店に足を運んでみました。

パッソ「X“L package・S”」の試乗運転レポへ

試乗車はパッソ「X“L package・S”」

今回試乗させて頂いたのはパッソX LパケージSです。このグレードはパッソの中間グレードにあたり、安全性能のスマートアシストⅡを搭載しています。

パワートレインはガソリン車のみとなっており、駆動方式は2WDと4WDの両方あります。

エンジンは1000ccの直列3気筒のVVT-iエンジンで燃費性能を追求したエコカー減税の対象にもなっているエンジンで、最高出力は69ps/6000rpm、最大トルクは9.4kgf・mです。

アイドリングストップ機能を全車標準装備にしており、赤信号の手前から時速9km/hからエンジンを自動停止させているので、停止中だけエンジンを停止するアイドリングストップよりも長くエンジンを止めて、ガソリンの消費を抑えています。

パッソのハンドル画像

スマートアシストⅡを搭載しているので、危険回避も万全!女性が運転しても安心ですね。

パッソは女性に人気の車で、ボディーカラーのラインナップも豊富なのが魅力です。

カラーはツートーンを含めて19パターンあります。今回のパッソはファイアークォーツレッドという淡い赤色です。

ワインレッドの様な色合いで大人の女性のイメージですね。

パッソにはヨーロピアンテイストのパッソMODAというグレードもあり、カラーは標準のパッソでは単色12色、MODAでは単色11色、ツートーン7パターンになっており、そのバリエーションは豊富すぎて迷ってしまいます。

今回試乗したパッソのグレードはX“ Lパッケージ”Sですが、MODAを含めて他にも様々なグレードがありますので、グレードと価格をここで紹介したいと思います。

(円)パッソ
XX“S”X“Lパッケージ”X“Lパッケージ”SX“Gパッケージ”
2WD115万121万125万131万144万
4WD132万138万142万149万162万
(円)パッソMODA
MODAMODA“S”MODA“Gパッケージ”
2WD143万149万165万
4WD160万166万183万

パッソを中古車検索

パッソ「X“L package・S”」の外観

3代目のパッソは今までの女性ウケを重点に狙ってきたエクステリアデザインからは少し離れ、男性が乗っても使い易いデザインに路線が変わっています。

今まで丸みを帯びた女性的な部分は残しつつ、今までよりも幅広い層に好まれるデザインに仕上がっています。

パッソの全体画像

試乗したパッソはヘッドランプがハロゲンランプで、今までのパッソよりも若干角ばったデザインになっています。

どちらかと言うとMODAの方が今までのデザインの流れを汲んでおり、丸目の可愛らしいデザインになっています。

パッソにはLEDヘッドランプがついたグレードとMODAにはBi-Beam LEDヘッドランプが標準でついています。

パッソの正面画像

グリルは逆台形のメッシュ地になっています。フロントバンパーもあまり突起がなく、全体的に平べったい印象です。

グリルの中とフロントガラスにそれぞれスマートアシストⅡのカメラとレーザーレーダーがついています。

グリルもMODAの方が平べったいダイアモンド型でヘッドライトと丸いフォグランプとの相性が良く、ヨーロピアンテイストに上手くまとまっています。

価格は上がりますが、デザイン重視の方はMODAの方がいいかもしれませんね。

リアデザインもフロント同様にのっぺりした印象が強いです。

リアのコンビネーションランプはLEDテール&ストップランプです。コの字型で可愛らしいデザインです。

バンパーデザインがペッちゃんこなのも印象的ですね。

パッソの後方画像

最近はこの形状のバンパーが流行なのか、スズキのイグニスもこの形状のバンパーを採用していますね。ボディーの全長が縮まるからでしょうかね?

ルーフには可倒式のアンテナが付いています。通常はルーフ後方のセンターについていることが多いですが、パッソは右側についているのも個性的です。

パッソの後方画像

リアのピアーパネルがカラードではなく、ブラックになっているのもアクセントになっています。

足回りは、14インチのスチールホイールです。アルミになるのはパッソもMODAも上級グレードのみになっています。

パッソのアルミホイールはコンパクトカーらしからぬ格好良さがあるので、価格が若干上がってもアルミホイールにして欲しいですね。

パッソを中古車検索

パッソ「X“L package・S”」の内装

今回のパッソは「軽じゃないパッソ」というフレーズ通り、ボディーサイズは今までの全長3650mm、全幅1665mmと変えず、室内空間をより広くしています。

パッソの運転席画像

パッソのホイールベースは2490mmと2代目よりも50mm拡大され室内長145mm広くしています。

また前後のシート間隔が広くなっているので、後部座席に座っていても膝周りに十分なゆとりがあります。

広さはコンパクトカーではトップクラスなので、乗り降りや座席の横移動も楽ですね。

パッソの後部座席

シートはファブリックでグレー系の明るい色です。ファブリックと明るい色だと小さなお子さんがいる方にはあまりおススメできません。

ジュースをこぼされたら一発でシミになります。今回試乗したパッソも既にシミになっていました。試乗中にこぼされるとは何とも悲劇ですね。

パッソの後部座席に座ってみる

MODAのシートはマゼンタを基調とした色になっているので、パッソよりは手入れがしやすいかもしれませんね。

後部座席シートをゆったり設計しているので、ラゲッジスペースは小さいのでは?と心配でしたが、見た目以上にしっかり積み込める様です。

開口部も大きく、大きなスーツケースを難なく積み込むことができます。

パッソの荷室・後部座席使用

リアシートは6:4で可倒するので、荷物の積載量に応じてシートを倒して積み込む事ができます。

パッソの荷室

パッソのフロントはベンチシートです。個人的にはベンチシートはあまり好みではありませんが、パッソのベンチシートは、他車種のベンチシートに比べるとホールド性に配慮して作られていると思います。

今回のパッソはシートのフレームやクッションを一新しており、座った時の収まり感があり、しっかりホールドしています。

車内空間を広く感じさせる為にベンチシートは必須なアイテムなのでしょう。

パッソの荷室画像

ハンドルはウレタンの3本スポークステアリングです。オーディオスイッチのみなのでスッキリしていて良いです。デザインもオーソドックスなので不可はありません。

メーターは単眼のアナログメーターです。横にマルチインフォメーションディスプレイを配置しています。

情報はシフトポジション、平均燃費やアイドリングストップの状態などが表示されます。

エコインジゲーターもついており、点灯でわかります。視覚で入ってくるので、ドライバーとしてはエコをキープしながら走行することが楽しみになってしまいます。

パッソのモニターまわり

エアコンはプッシュ式のオートエアコンです。シンプルなデザインですが、シルバーでスタイリッシュなのでオシャレです。

コンパクトな中にも収納スペースは全部で11箇所もあり、アームレストの中に小物を入れることができたり、カップホルダーをプッシュオープン式にするなど、随所に工夫がみられます。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. 新型ヴォクシーZSの運転席

    トヨタ

    ヴォクシーZSの試乗記(走り・加速性能)50km/h位まではスルスルと速度アップ

    トヨタ「ヴォクシーZS」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思いま…

  2. ヴェルファイアの画像

    トヨタ

    ヴェルファイア・ゴールデンアイズ(外観・内装の評価)素晴らしい座り心地

    トヨタ・ヴェルファイア ゴールデンアイズの外観と内装を見てきたので画像…

  3. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

    トヨタ

    カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

    2018年6月23日に発表されたばかりのハッチバク型のカローラ…

  4. トヨタ「ハイラックス」の運転席画像
  5. ランドクルーザーの運転席画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6Lの試乗記(走り・加速性能)実燃費は7km/L程度

    トヨタ・ランドクルーザー4.6Lを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  6. アルファードの運転席画像

    トヨタ

    アルファード・S“Cパッケージ”の試乗記(走り・加速性能)静粛性、走行安定性は◎力強さは△

    トヨタ「アルファード・S“Cパッケージ”」を実際に試乗運転してきた感想…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. CX-8の全体画像

    マツダ

    CX-8 XD proactive(外観・内装の評価)3列シートで6・7人乗り
  2. ヴェゼルRSの全体画像

    ホンダ

    ヴェゼルRS(外観・内装の評価)後部座席は狭くない、荷室は広い
  3. アルファードS“Cパッケージ”の全体画像

    トヨタ

    新型アルファード・S“Cパッケージ”(外観・内装の評価)2列目は贅沢すぎる乗り心…
  4. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの全体画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタムGS(外観・内装の評価)フルフラット可能な荷室
  5. アクアGRスポーツの全体画像

    トヨタ

    アクアGRスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の座り心地はいいけど若干狭い
PAGE TOP