スズキ

ソリオバンディット・ハイブリッドMVの試乗記(走り・加速性能)キビキビ走るが、加速は鈍い

スズキ「ソリオバンディット・ハイブリッドMV」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

ソリオバンディットのハンドル画像

ソリオバンディットの外観・内装レポへ

ソリオバンディット・ハイブリッドMVの走行性能

今回のソリオバンディットは新プラットフォームの採用で先代モデルよりも100㎏も軽量化されたことにより走りのフィーリングも良くなっています。

ハイトワゴンなので動きが鈍いかななんて思って乗りましたが、きびきびと走ってくれます。

ソリオバンディットのシフトノブ

エンジンもマイルドハイブリッドを採用しているのでISG(モーター機能付き発電機)が走行中のエンジンをしっかりアシストしてくれているのですが、あまり加速に反映している感じはありませんでした。

しかしながらエンジンは1200ccで軽いと言うこともあり、エンジンの回転数を3000回転弱くらいまで上げていれば、停留所に止まっている路線バスも素早く軽快に追い抜いて行くことができます。

ソリオバンディットの横画像

ただ1点残念に感じたのは走り出しが若干鈍いことです。今回は大人2人と子供2人で乗っていて若干重かったのかもしれませんが、0km/Lからのスタートはアクセルを踏んだ分だけ素直に加速してくれない、ちょっと足りない感じです。

長い下り坂ではアクセルを離すとしっかりと回生ブレーキが効いて充電のインジケーターが上がっていきます。

また回生ブレーキは普通のエンジンブレーキと比べても効きがよいので急ブレーキにはならない滑らかなしっかりとした減速を体感できました。

ソリオバンディットのメーター

乗り心地もかなり滑らかなでした、と言うのも試乗時したコースは路面工事を行っておりちょっとした凹凸がある道路でしたが、凹凸面でも弾みを直に受けているような感じはありませんでした。

凹凸に乗ったのは分かりますが嫌な跳ね具合ではなかったです。

これはフルモデルチェンジでサスペンションのストロークを拡大したことでショックの収集が良くなった効果ではないかと思います。

ソリオバンディットのアルミホイール

今回は走れませんでしたが、この効果により急カーブなどのロールが大きくなりがちな所でもハンドル切り込んだ時の操縦性も向上して機敏に反応してくれるので車体が高いソリオが峠道の様なカーブの多い所を走っても快適に走行できそうです。

ソリオを中古車検索

ソリオバンディット・ハイブリッドMVの安全性能

安全性能を見ると今回のソリオはフロントのサイドエアバックが標準で付いています。

スズキ車はサイドエアバックの標準装備が中々ないのでこれは嬉しい装備ではないでしょうか。

ソリオバンディットの運転席

続いての安全性能はスズキのデュアルカメラブレーキサポートです、これはソリオバンディットにオプションで+59,400円で付けられるのでおススメします!

機能は前方衝突警報機能で前方の車両や歩行者を検知して警報と警告表示で知らせます。

これでも衝突の可能性がある時には自動的に弱いブレーキを作動します、極めつけはドライバーのブレーキをアシストしたり自動ブレーキを作動させて衝突回避・軽減を図ります。

ソリオバンディットの全体画像

その他にも誤発進抑制機能や車線逸脱警報機能、ふらつき警報に先行車発進お知らせ機能を搭載しています。

私も試乗中に話に夢中になりすぎて「先行車発進お知らせ機能」が作動して警告音を鳴らしてしまいました。(不快な音ではありませんでしたが)

試乗では全てを体験することはできませんが、金額でみたらこれだけの機能が搭載されるデュアルカメラブレーキサポートは付けておいて損はないと思いますし、あったら安心して運転を楽しめるのではないでしょうか。

ソリオを中古車検索

ソリオバンディットの燃費

気になるハイブリッドを搭載したソリオバンディットの燃費ですがカタログ燃費は以下の通りです。

ソリオバンディットのインパネ

今回試乗したマイルドハイブリッドのMV(2WD)は27.8km/L、ハイブリッドを搭載しEV走行を可能にしたSV(2WD)32.0km/Lとどちらも中々いい燃費です。

でも実際にはどのくらいで走るのでしょうか?口コミや営業マンの話しではMVが約17~18km/LくらいでSVでも20km/Lくらいの様です。

ソリオバンディットのロゴ画像

MVとSVはカタログ上では4.2km/Lも燃費に差がありましたが、実燃費は差が縮んでしまうようです。

私達が乗った時の実燃費は15km/Lでした、この日は寒くて気温6度の夕方で天気は曇りでしたので条件は決して良くはありません。

ソリオバンディットのボタンまわり

さらにこの日この車は初めてエンジンをかけたので暖気でエンジンを回転させていたことや充電が少なくエンジンアシストやアイドリングストップが作動しないことが多かったので燃費が下がってしまったのだと思います。

私がいつも通勤で使用しているプリウスがこの時期で実燃費17.0km/Lくらいなので、この大きなボディーで17~18km/Lも走ってくれるのであればかなり優秀だと思います。

ソリオを中古車検索

ソリオバンディット・ハイブリッドMVの試乗記まとめ

今回初めてソリオバンディットに乗りましたが、イメージとしてボディーが大きくて走りもボテッとしていそうだと勝手に思っていましたが、イメージを裏切り期待以上の走行性能を持っていることを知りました。

ソリオバンディットの顔画像

走り出しだけは若干重いものの走行時の加速はかなり軽快で、足回りもしっかりしているので後部座席でも乗り心地も快適だと思います。

おまけに室内の居住スペースが広いので5人で乗る程度ならかなりゆったり座ることができます。

私個人としては最近シエンタやフリードの様なコンパクトでも7人乗りができる5ナンバーの普通車が増えてきているので、荷室を潰して7人乗りの設定を増やしてくれると尚購買意欲をそそります。

最後にパワートレインが2つあるソリオバンディットですが、マイルドハイブリッドとEV走行ができるハイブリドのどっちを選んだら良いか悩むと思います。

この2つの実燃費差であまり差がない点でみるとソリオバンディットは高い金額でハイブリッドのSVを選ぶよりも22万円安いマイルドハイブリッドのMVを購入して欲しいオプションを存分につける方が良いと思います。

↓外装・内装レポはこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様

関連記事

  1. スイフトRStの画像

    スズキ

    新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう

    スズキ・新型スイフトRStの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  2. バレーノの運転席画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XGの試乗記(走り・加速性能)リニアな操舵感と長距離ドライブにも適したクルマ

    スズキ「バレーノ1.2L・XG」を実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  3. SX-4 Sクロスの運転席

    スズキ

    SX-4 S-CROSS試乗記(走り・加速性能)スムーズで軽快な走り出し

    スズキ・SX-4 S-CROSSを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  4. ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTターボの運転席画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー Tターボの試乗記(走り・加速性能)トルクしっかり、加速よし!

    スズキ・ワゴンRスティングレー Tターボを実際に試乗運転してきた感想を…

  5. エスクード全体画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、乗り心地よし

    スズキ・エスクード1.6Lと1.4Lターボの外観と内装を見てきたので、…

  6. SX-4 Sクロスの全体画像

    スズキ

    SX-4 S-CROSS(外観・内装の評価)後部座席は広め、リクライニングできる

    SX-4 S-CROSSの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  2. セレナe-POWERハイウェイスターVの外観画像

    日産

    セレナe-POWERハイウェイスターV(外観・内装の評価)3列目もゆったり広い
  3. CX-8の全体画像

    マツダ

    CX-8 XD proactive(外観・内装の評価)3列シートで6・7人乗り
  4. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  5. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
PAGE TOP