スズキ

スペーシアカスタムZ・Xターボ(外観・内装の評価)後部座席は広く、座り心地もGood!

スズキ「スペーシアカスタムZ・Xターボ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

スズキの人気軽ハイトワゴンのスペーシアの新車種としてスペーシアカスタムZを販売しました。

S-エネチャージを搭載して低燃費にしている他、ターボをつけて馬力をアップさせていたりとスペーシアとは色々と違いがあるようです。

スペーシアカスタムZ(Xターボ)シルバーの全体画像

そんなスペーシアカスタムZがどのような点でスペーシアと違うのか気になっていたので、実際にススキのお店に行って試乗してみることにしました。

↓新型スペーシアの試乗レポはこちら


試乗車はスペーシアカスタムZ・Xターボ

今回試乗したのはスズキのスペーシアカスタムZターボの2WDでデュアルカメラサポートが付いたグレードです。ボディーカラーはスチールシルバーメタリックでした。

グレードは2グレードのみで、その他にはターボが付いていないスペーシアカスタムZがあります。

それぞれの価格は以下の通りです。

グレードカスタムZターボカスタムZ
2WD159.8万円149万円
4WD171.9万円161.1万円
デュアルカメラサポート装着+75,600円

私が試乗したスペーシアカスタムXターボにはSエネチャージやアイドリングストップが付いており低燃費化を図っていることや、デュアルカメラサポートを装着して安全性能もバッチリついています。

スペーシアを中古車検索

スペーシアカスタムZの外観

エクステリアはベースになっているスペーシアと比較すると、シルバーの加飾が多くキラキラとスタイリッシュに演出されています。

スペーシアカスタムZ(Xターボ)の前方画像

スペーシアカスタムZのグリルはアッパーとアンダーに分割されておらず、1つの大きなグリルデザインになっており、アッパーラインの下に入った3本のストライプが入っているのがとても個性的です。

ボンネットも前下がりではなく、水平に近い角度なので見た目がカクカクしたハイトワゴンです。

スペーシアカスタムZ(Xターボ)の横画像

ターボ用のアルミホイールは15インチの十字型のデザインとなっており、落ち着いたブラックシルバーのシックなホイールなのでスペーシアカスタムに似合っていますが、カスタムZのホイールが14インチのシルバーアルミなので若干アクティブさが失われます。

ボディーカラーは単色で6色、ツートンが2色あり、2017年3月には更にアクティブイエローの単色とツートンの2色が加わる予定です。私が試乗したスチールシルバーメタリックは一般的なグレーよりもメタリックが効果的に主張しておりとても良い色でした。

スペーシアを中古車検索

スペーシアカスタムZの室内

まず違いを感じるのがブラック仕立てのインストルメントパネルにチタンシルバーのアクセントが映え乗った瞬間に軽自動車のイメージを覆します。
とにかく質感はかなり高く仕上がっています。

スペーシアカスタムZのインパネまわり

スペーシアカスタムZのナビ

後部座席は大人でも足元も頭上もゆったり座れる

室内の空間も室内長2215㎜、室内高1375㎜で、天井が高く床が低いので圧迫感がないのと、後席シートが稼働して前後の間隔にゆとりがあるので足元もゆったりしており開放感があります。
大柄な私が座っても足元も頭の上も十分な余裕があります。

スペーシアカスタムZの室内画像

乗り降りも子供一人で楽々できるので小さなお子さまがいる方も安心です。営業マン曰く軽ハイトワゴンNO1の低さを実現したリアステップと高さのある開口部に乗り降り用のハンドクリップが装着されているからとのことです。

スペーシアカスタムZの後部座席画像

シート地も座った時に腰やお尻に溜る熱を吸い取ってくれるようなファブリックの質感でカラーリングもブラックなので落ち着いた感じに仕上がっていて座り心地がいいです。

スペーシアカスタムZの前席画像

収納スペースは若干少ない印象

シートアンダーボックスとドリンクホルダー、インパネトレー、フロントアームレストボックスと他の軽自動車と比較すると圧倒的に少ないと感じてしまいます。

スペーシアカスタムZの荷室スペース

シートアレンジは3パターンあり、後席を倒してフルフラットにしたり、助手席側の前後ソートを倒してしまえばサーフボードの様な長い物も入れられるので便利です。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの全体画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタムGS(外観・内装の評価)フルフラット可能な荷室

    スズキ・新型スペーシアカスタムGSの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  2. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い

    2017年12月25日に新しくデビューした「XBEE」は、スズキの軽S…

  3. アルトの画像

    スズキ

    アルトワークス5MT(外観・内装の評価)後部座席はひざ周りに若干余裕

    アルトワークス5MTの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。…

  4. エスクード全体画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、乗り心地よし

    スズキ・エスクード1.6Lと1.4Lターボの外観と内装を見てきたので、…

  5. バレーノの画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XG(外観・内装の評価)後部座席の乗り心地は悪くないが、広さは天井が低く狭い

    スズキ・バレーノ1.2L・XGの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  6. ワゴンRスティングレーの全体画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー・Tターボ(外観・内装の評価)後部座席はスライド可能でゆったり広い

    ワゴンRスティングレーTターボの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. カムリ・ハイブリッドの画像

    トヨタ

    カムリ・ハイブリッドG(外観・内装の評価)後部座席は大人3人でも広い
  2. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. プリウスPHVの全体画像

    トヨタ

    プリウスPHV(外観・内装の評価)大人4人が快適に過ごせる独立シート
  4. ヴィッツハイブリッドの全体画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆったり座れる
  5. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
PAGE TOP