スバル

フォレスター・X-BREAK(外観・内装の評価)随所にオレンジのアクセントカラー

スバルの代表的なクロスオーバーSUV「フォレスター」。フォレスターは全グレードで縦置きの水平対向エンジンと四輪駆動を組み込んでおり、スバルのアイデンティティが詰まっています。

フォレスターの全体画像

フォレスターは1997年から販売を開始して現在が2012年にフルモデルチェンジを行った4代目になります。スバルのインプレッサやレボーグなど様々な車種でフルモデルチェンジを遂げているので、フォレスターも近々モデルチェンジするのでは?

新しくなる前にスバルのアイデンティティが詰まったフォレスターに乗ってみたくてスバルのお店へ足を運んでみました。

フォレスターX-BREAKの試乗運転レポへ

試乗車はフォレスター・X-BREAK

今回試乗してきたのは、スバルフォレスターの特別仕様車「X-BREAK」です。このX-BREAKはシートが撥水ファブリックシートになり、車内にオレンジのステッチが入っておりインテリア装備が充実しています。

フォレスターX-BREAKの内装

またエクステリア装備では、サイドクラッディングにオレンジ加飾が加わり、ブラックの専用ルーフモールも装着されています。リアにはX-BREAKのエンブレムがついて特別感がありますね。

今回試乗したフォレスターのエンジンは2.0Lの水平対向4気筒エンジンを搭載した四輪駆動(AWD)で全グレードに共通しています。ワングレードのみターボ搭載の車がありますが、その他のグレードはノンターボです。

ターボ車は馬力倍増280ps

ノンターボの最大馬力は148psで最大トルクは20.0kgf・mなので十分馬力はありますが、ターボ車になると最大馬力が280psと倍近く高くなるので、かなりパワフルになります。

今回試乗したフォレスターはクリスタルホワイトパールで、白いボディーにオレンジのアクセントがマッチしています。ボディーカラーは全8色で、アイスシルバーメタリックは先代のフォレスターにも多く選ばれていたグレーなので、フォレスターらしくて好きです。

今回試乗したX-BREAKはメーカー装備オプション車で価格は2,916,000円です。気になる他のグレードの価格は以下の通りです。

グレード2.0アイサイト2.0i-L2.0i-LアイサイトX-BREAKX-BREAK(OP)S-リミテッド2.0XTアイサイト
価格241万258万268万275万291万289万312万

フォレスターを中古車検索

フォレスター・X-BREAKの外観

フォレスターのエクステリアを見てみましょう!SUVなので車高が高くなっています、凄く高い印象を受けますが、全高は1735mmと1800mm以下とは意外でした。同じスバルのSUV「XV」と比べると140mm高く作られています。

フォレスターの横側画像

最近のSUVはエクストレイルやCX-5のように丸みを帯びたデザインが流行しつつありますが、フォレスターの様に若干角ばったデザインの方がSUVらしくていいですね。

外観はスポーティな仕上がり

フロントデザインはスバルらしいデザインでヘッドライトが切れ目になっている仕様です。他のフルモデルチェンジした車種に比べるとライトのデザインは若干丸みを帯びていてソフトな印象を受けます。

フォレスターの顔

フォグランプ周辺がブラック樹脂になっており、ボディーカラーとのちょっとしたアクセントになっています。

フォレスターの後方画像

リアデザインは至ってシンプルです。しかしフロントデザインと対称的な所に味があるのかもしれません。特別仕様車はオレンジ色の「X-BREAK」エンブレムが付くので特別感があります。ノットアンテナやルーフスポイラーがついているのもポイントUPです。

ホイールは17インチのダークグレーメタリック塗装のアルミホイールを採用しており、デザインもクロカンみたいで格好いいですね。

フォレスターのタイヤ画像

ルーフモールもブラック、ドアミラーもブラックのカラードミラーになっています。サイドクラッディングはオレンジ加飾が加わっているので、ボディーカラーにブラックとオレンジのアクセントが上手く融合してスポーティーな仕上がりになっていると思います。

フォレスターの斜め後ろ

フォレスターを中古車検索

フォレスター・X-BREAKの内装

フォレスターのエクステリアを見てみましょう!内装はブラック色で統一されており、落ち着いた印象を受けます。落ち着いた中に、エクステリアのアクセントと同様にオレンジがインテリアにも散りばめられています。

フォレスターX-BREAKの運転席

シートでは、シートサイドがオレンジアクセントとステッチをあしらっており、アクティブに仕上がっています。シート自体も撥水ファブリックシートなので、川遊びやマリンスポーツをした後でもお手入れが楽です。

しかもこのシートは電動8ウェイパワーシートとなっており、シートリフター、前チルト、前後スライド、リクライニング調節を全て電動化しています。

ドアのソフトパットやシフトブーツ、ステアリング、ヘッドレストにもオレンジのステッチでアクセントを加えており、全体的にオレンジがアクティブな印象を与えてくれます。

インパネもダークカーボン調のパネルになっておりシルバーの加飾が加わっているのでスポーティーでありながら洗練された質感になっています。

フォレスターX-BREAKのスイッチまわり

ステアリングは本革巻きステアリングでこちらもオレンジのステッチがついています。ステアリングスイッチは「アイサイトの操作スイッチ」と「パドルシフト」のみでシンプルです。デザインも奇抜さはなく王道のデザインで好感がもてます。

フォレスターX-BREAKのハンドル

メーターはデジタルの2連メーターでセンターにはシフトポジションとトリップメーターを加えたシンプルな配置になっています。インフォメーション系のディスプレイは全てナビゲーションの上部に配置してセンターに情報系をまとめています。

フォレスターのメーター

シフトノブも本革巻で、ハンドブレーキもフットブレーキでなく運転席に左横に配置している所が個人的には好感が持てます。
最近はオートパーキングブレーキが増えてきているので、次回のフルモデルチェンジで無くなってしまったら残念です。

フォレスターX-BREAKのシフトノブ

後部座席は快適に座れる

後部座席は窮屈さがなく快適に座ることができます。シートアレンジは6:4分割可倒式シートになっており、荷室を自在に拡張することができます。
カーゴルームからワンタッチ操作でリアシートを前に倒せるのも便利です。

フォレスターX-BREAKの後部座席

荷室で電源確保できる

カーゴルームは撥水カーゴフロアボードになっており、表面に撥水加工が施され、ラゲッジスムーザー機能で荷物をスムーズにスライドさせることができます。
マウンテンバイクやスノーボードもラクラク積載することができます。

フォレスターX-BREAKの荷室

フォレスターX-BREAKの荷室

さらにカーゴルームには、カーゴサイドフックや、カーゴソケット(DC12V/120W)、カーゴフック(4か所、耐火重20㎏)が付いているので荷物の固定やレジャー時の電源確保に役立ちますね。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. レヴォーグの全体画像

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の広さは狭い

    スバル・レヴォーグの外観・内装を見てきたので、写真付きで詳しくご紹介し…

  2. フォレスターTouringの運転席画像
  3. フォレスターX-BREAKの運転席

    スバル

    フォレスター・X-BREAKの試乗記(走り・加速性能)四駆で安定感あり!実燃費は11km/L程度

    スバル・フォレスターX-BREAKを実際に試乗運転してきた感想を書きた…

  4. XVの運転席

    スバル

    スバルXV・2.0i-Sアイサイトの試乗記(走り・加速性能)どの速度域からでもスムーズに加速

    スバルXV2.0i-Sアイサイトを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  5. インプレッサの運転席

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-Sの試乗記(走り・加速性能)実燃費は16.0km/L前後

    スバル・新型インプレッサスポーツ2.0i-Sを実際に試乗運転してきた感…

  6. インプレッサ正面画像

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-S(外観・内装の評価)後部座席はかなり広い

    今回私が試乗したのはスバルの「インプレッサスポーツ2.0i-S・2WD…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. バレーノの画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XG(外観・内装の評価)後部座席の乗り心地は悪くないが、広さは…
  2. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  3. カムリ・ハイブリッドの画像

    トヨタ

    カムリ・ハイブリッドG(外観・内装の評価)後部座席は大人3人でも広い
  4. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々
  5. ヴィッツハイブリッドの全体画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆったり座れる
PAGE TOP