スズキ

ジムニー・ランドベンチャー5MTの試乗記(走り・加速性能)走り出しは緩やか、ターボで一気に加速

スズキ・ジムニー特別仕様車ランドベンチャーを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

ジムニーランドベンチャーの運転席

ジムニー ランドベンチャーの外観・内装レポへ

ジムニー・ランドベンチャーの走行性能

今回の試乗はジムニーランドベンチャーの5MT車に載せてもらったので本格SUV車のマニュアル操作の楽しさを味わえるのもありワクワクしていました。

早速乗ってみると、シートの座り心地や視界は申し分ないのですが、アクセルペダルやクラッチペダルが若干小さく、足の大きな私には踏み込みづらさを感じてしまいました。特にクラッチです。

ジムニーのインパネまわり

そのせいなのか、クラッチのあそびが狭い気がして繋げるポイントを見つけるのに苦労しました。

走り出しは軽自動車ということもあり緩やかな走り出しですが、3車線の国道に出て2速でアクセルを踏み込むと、ターボチャージャーが働き、加速が一気にあがります。

最大馬力は6500回転で発揮すると書いてありますので、比較的高回転域でパワーを発揮する車ですね。

街乗りで走行する時は、トルクはスカスカなわけではありませんが力強さがあるわけでもありません。

ジムニーのシフトノブ

ジムニーは本格SUVだから普段使いでは非常に不利な面も多く、今回はオンロードでの試乗であったので、その不利な面が目立ってしまいました。

ジムニーの右後方画像

例えば、走行時の乗り心地ですが、最近の車全般では路面の小さな凹凸であれば難なく処理して滑らかな乗り心地に持って行ってくれますが、ジムニーはそうはいきません。

リジットアクスル式サスペンションを採用している為、いちいち突き上げてくれるのです。

ステアリングの反応もワンテンポ遅れて車を向かせるような感じが強く出てしまっており、お世辞にも滑らかな走りとは言い難い走り心地でした。

ジムニーのハンドル

街乗りではジムニーの良さは中々伝え難いのが本音です。

しかしオフロードに行けばその良さは驚くほどの良さがあるのだと言われています。

今回の試乗ではオフロードは走っていませんが、ジムニーの悪路走破性の高い所以は、ラダーフレームを採用している所です。

最近の車はモノコック型といい、フレームを持たずボディーそのものを骨格にして強度を持たせています。

ラダーフレームはフレームの上に別で製造したボディーを載せるという構造で非常に頑丈です。

ですが重量が重くなり、乗り心地が低下してしまうのです。

しかし悪路での走破性を考えるとちょっとの衝撃で歪んでしまうモノコック型よりもラダーフレームの方が帰還率が比較にならないほど高くなるのです。

ジムニーの正面画像

さらにリジットアクスル式サスペンションなので、片輪が障害物に乗り上げたとしても、もう片輪のタイヤが地面に押しつけられるので高い駆動力を確保することがでるので悪路からの脱出にも長けています。

重量が重くなり、アクセルやステアリングの反応は悪くなりますが、オフロードも楽しみたいのであれば、オンロードでの乗り心地には目を瞑っておかなくてはなりません。

ジムニーを中古車検索

ジムニー・ランドベンチャーの安全性能

ジムニーの安全性能は最近の車の様なプリクラッシュブレーキやオートクルーズコントロールは付いていません。

紹介できるとすれば、軽量衝撃吸収ボディーテクトとABS、運転席・助手席SRSエアバックです。

ジムニーランドベンチャーの運転席

テクトは衝突時の衝撃を柔らかく吸収するクラッシャブル構造と、衝撃を効果的に分散させる骨格構造、そして高強度なキャビン構造の3つの構造で乗っている人を保護します。

ABSは、ステアリング操作で危険回避能力を高める4輪ABSを標準装備で付けており、急ブレーキをかけた時や滑りやすい路面でブレーキを踏んだ時に起こりやすいタイヤロックを防ぎます。

SRSエアバックは前方からの衝突時に、一定以上の衝撃をセンサーが感知するとSRSエアバックが瞬時に膨張・収縮し、シートベルトの効果と合わせて前席に座っている人の頭や胸への衝撃を緩和します。

実はジムニーシエラにはEBD付4輪ABS+ブレーキアシストや横滑り防止装置が付いていたりしますが、残念ながら660ccのジムニーにはそれらが付いていません。

ジムニーを中古車検索

ジムニーの燃費性能

ジムニーの燃費を見ていきましょう。というかジムニーに乗る時点で、あまり燃費を気にしてはいけません。なぜかというと、頑丈さや走破性を優先しているので、重量が重いからです。

それでも気になる方にはいかに燃費を載せておくので参考にして下さい。

(km/L)ジムニー(660cc)ジムニーシエラ(1300cc)
XGXCランドベンチャージムニーシエラランドベンチャー
5MTJC0814.814.814.813.613.6
実燃費12.812.812.811.811.8
4ATJC0813.613.613.612.612.6
実燃費11.811.811.811.011.0

ジムニーのランドベンチャーのJC08燃費は5MTで14.8km/Lで実燃費では12.8km/Lです。

これはあくまで口コミや営業マンの情報を元に作成していますが、ちょっと良すぎるのではという印象です。

実際に今回試乗で7km位走行させて頂きましたが、試乗での平均燃費は8.9km/Lと口コミまでには程遠い感じでした。

これは私が張り切り過ぎてかなり低速で引っ張ってみたり、シフトチェンジのアップダウンを頻繁にしていたのが原因ですね。

ジムニーの後部座席

ジムニーはあくまでもオフロードに強い車という認識を持ち、燃費を期待する車では無いということを理解してください。

しかしオンロードでの走行もアクセルワークやシフトポジションを高めにすることで燃費を延ばすこともできるのです。

ジムニーを中古車検索

ジムニー・ランドベンチャーの試乗記まとめ

今回は軽自動車の本格SUV、ジムニーランドベンチャーに試乗してみました。

感想としては本当にSUVが好きな方でオフロードも走りたいという方にしかおススメはできません。

ジムニーの全体画像

本格SUVの走破性や、それを達成する為の車のメカニズムに理解がないのに乗ってしまうと、ただの乗り心地の悪い車にしか映らなくなってしまいます。

ジムニーは多くの愛好家に長く愛され続けている車です。

今回の試乗ではオフロードの体験は出来ませんでしたが、是非オフロードを走ってみたいと思った方には、価格も200万円以下で購入できる手頃感もあるので、ジムニーの購入をオフロード入門として検討してみたらいかがでしょうか。

ジムニー ランドベンチャーの外観・内装レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. スイフトRStの画像

    スズキ

    新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう

    スズキ・新型スイフトRStの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  2. 新型ジムニーの運転席画像

    スズキ

    新型ジムニーXCの試乗記(走り・加速性能)ターボなのに静か!グイグイ押されている様な加速

    新型ジムニーXCを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  3. ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTターボの運転席画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー Tターボの試乗記(走り・加速性能)トルクしっかり、加速よし!

    スズキ・ワゴンRスティングレー Tターボを実際に試乗運転してきた感想を…

  4. SX-4 Sクロスの運転席

    スズキ

    SX-4 S-CROSS試乗記(走り・加速性能)スムーズで軽快な走り出し

    スズキ・SX-4 S-CROSSを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  5. ソリオハイブリッドの運転席

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZの試乗記(走り・加速性能)機敏な走りと加速の良さを実感

    スズキ「ソリオハイブリッドSZを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと…

  6. ハスラーJスタイルの運転画像

    スズキ

    ハスラーJスタイル の試乗記(走り・加速性能)ターボで加速スムーズ

    スズキ「ハスラー・Jスタイル」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり
  2. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々
  3. 新型RAV4の全体画像

    トヨタ

    RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々
  4. イグニスの画像

    スズキ

    イグニス・ハイブリッドMZ(外観・内装の評価)後部座席は狭いけど、運転席は開放的…
  5. 「シャラン」TSIハイラインの全体画像

    輸入車

    VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い
PAGE TOP