日産

新型セレナ・ハイウェイスター(外観・内装の評価)広さ、乗り心地は?2列目ゆったり

日産セレナハイウェイスターGの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

今回試乗したのは2016年の9月にモデルチェンジをした日産のセレナです。

新型セレナ全体画像

トヨタのノア、VOXYに持っていかれてしまった「ミニバン1位」の座を奪還するべくモデルチェンジを行ったセレナ、今回のモデルチェンジにはそういった強い思いで取り組んでいる日産の思いをセレナの随所に感じることができます。

ディーラーによってはカラーラインナップを全色見られるように展示しているお店もあり、購入時の値引き交渉も今までの日産の姿勢とは変わった印象で「何としてもセレナを買って欲しい」という熱い意気込みも感じられます。

セレナ・ハイウェイスターの試乗運転レポへ

試乗車はセレナハイウェイスターG

今回試乗させていただいたのはセレナハイウェイスターGというグレードでダイアモンドブラックカラーのセレナでした。車両本体価格3,011,040円でエンジンは2WDの2000ccガソリン車でアイドリングストップとスマートハイブリッドを搭載しています。

セレナは他のグレードも2000ccのエンジンを載せていますが、「B」と「S」だけはスマートシンプルハイブリッドとアイドリングストップを搭載していません。

セレナのグレードは全6種類でラインナップと車両価格は以下の通りです。

グレード車両価格
B¥2,316,600
S¥2,435,400
X¥2,489,400
G¥2,847,960
ハイウェイスター¥2,678,400
ハイウェイスターG¥3,011,040

セレナを中古車検索

外観はスタイリッシュなデザイン

セレナのエクステリアは日産のトレードマークともいえる大きなVの字のフロントグリルとヘッドライトの一体感をフロントデザインのアクセントとしており、アンダーグリルがついたバンパーが風を切る躍動感を演出したスタイリッシュなデザインになっています。

新型セレナ正面画像

セレナの「G」と「ハイウェイスター」「ハイウェイスターG」にはフォグランプがついているので、スタイリッシュなバンパーと合わさり、よりスポーティーに仕上がっています。

リアのコンビネーションランプにはLEDを採用しており今までの歴代のセレナと比較しても格段とオシャレな作りになっています。

新型セレナの後方画像

スマートシンプルハイブリッド車にはフロントドアに「S-HYBRID」のロゴが入り、ハイウェイスターにはリアに「Highway STAR」のロゴがそれぞれ入ります。

ハイウェイスターのフロントバンパーとリアバンパーはアンダーを少しせり出しているので「X」や「G」と比べてもより立体的に仕上がっています。

アルミホイールは通常15インチが装着されていますが、ハイウェイスターGだけは16インチアルミが付いてきます。

実際に16インチアルミと15インチアルミを履いているセレナが店頭に並んでいましたがやはりセレナには16インチアルミの方が映えてみえました。カタログでは分かりにくいですが、16インチの方がメタリックの光沢が強くていいですね。

新型セレナの横側画像

ボディーカラーはツ-トーン色も含めると全12色ありますがコンパクトカーのように明るい派手な色はなく、メタリック系の落ち着いた色合いのカラーラインナップになっています。

ディーラーにはブラックとホワイトの単色のセレナが展示されておりました、ホワイトはどこのメーカーでもお馴染みのパールホワイトと目立った違いはありませんでしたが、ブラックは正式には「ダイアモンドブラック」という名前で売り出されています。

カタログでみるとただの黒にしかみえませんが実際見てみると、光の当たり具合でキラキラしているような艶やかさが強い印象で普段はホワイト好きな私でもとても気に入りました。

セレナを中古車検索

褒めどころ満載の内装

セレナのインテリアには日産のミニバン1位奪回への強いこだわりが多く、個人的には褒め所が満載でした。

新型セレナのインパネ周り

まず全ての窓が大きく全方位で視界が広く感じます。

後席2列目の窓にはロールサンシェイドつけており、フロントガラスはスーパーUVカットグリーンガラスを採用しており紫外線や日差しをきちんとカットしてくれます。

カーテンだと使用しない時は邪魔なスペースをとってしまいますが、このサンシェイドは未使用時はスライドドアの中に収納されていて使用する時は窓の下端から引っ張り出して使用するのでとても使い勝手が良いです。

新型セレナの2列目シート

そして室内空間も広く、全ての席がスペシャルシートになるような工夫がされています。

2列目シートは足を伸ばせるほどゆったり

2列目シートはロングスライドさせれば身長180cmの私の様な大柄な男性でも脚を思いっきり伸ばせるほどゆったり座れます。

新型セレナ2列目シートの足元

3列目シートも快適な座り心地

ミニバンの3列目と言えば窮屈という印象を持っていましたが、座った瞬間そのイメージは崩されました。

3列目シートもスライド機構を採用して足元を広くでき、厚みのあるクッションとゆとりある座面幅があるので座ってみると快適な乗り心地で2列目のシートに見劣りしません。3列目へ乗り降りも天井に頭をぶつけることもなくスムーズにできました!

簡単に3列目シートを収納できる

シートアレンジも多種に対応でき、3列目の跳ね上げは妻でも簡単に力も使わずに収納することができました。荷物が多い時や大勢で乗る事などは億劫なく3列目の出し入れができます。

3列目シートの跳ね上げ

セレナは普段は7人乗りとして使用し、2列目の左右のシート同志の間隔を広くゆったりと座れますが、8人で出かけたいときは運転席と助手席の間にある肘置き「スライドマルチセンターシート」を2列目にスライドさせ、肘置きを開くと2列目の左右シートの間の隙間を埋めて8人乗りに早変わりします。

操作時間は5秒足らず、たった5秒で7人乗りを8人乗りに変えてくれる優れものです。最近のミニバンの乗車定員は7名にして2列目のシートを広く使用させる車が多いですが、セレナは7人乗りと8人乗りのいいとこ取りをしたというわけです。

新型セレナの室内空間

何でこんないい機能どこのメーカーも取り入れてなかったのでしょうか、最近トヨタでミニバンを商談した時に7人乗りにするか8人乗り乗りにするかずっと悩んで商談していましたがこの機能があればそんな悩みは不要でした。

この機能はおそらく日産のセレナにしかない唯一無二な機能といえます。

足を使ってスライドドアが開けられる

スライドドアもかなりの優れもので、両手に荷物を持っている時や子供を抱きかかえている時など、両手がふさがった状況でもスマートキーを持っていれば手を使わず足でドアを開けることができるのです。
実際に妻が面白がって使っていましたが、傍からみると車を蹴っている不審人物にしか見えませんでした。

これは「ハンズフリーオートスライドドア」という機能でスライドドアの足元にセンサーが取り付けられており、そこにスマートキーを持った方が足をかざすと開く仕組みになっています。

しかし使用した感じではセンサーの取り付け位置がスライドドアのノブ下にしか付いておらず反応する幅が小さいので慣れるまでは上手く開かないこともあると思います。実際私も試してみましたが、5回中2回しか1発成功はできませんでした。

新幹線の座席に座っているような使い勝手の良さ

収納も充実しており15か所の収納スペースに2列目と3列目にはパーソナルテーブルを完備しています、遠出をする時はドライブスルーなどでファストフードを買って車内で食べることも多いと思いますが、このパーソナルテーブルを開いていても膝にテーブルが当たるようなことは無いです。

新型セレナのパーソナルテーブル

このパーソナルテーブル付近にはUSB電源ソケットを設置しているので走行しながらスマートフォンの充電や携帯ゲーム機の充電まで幅広い用途で使えます。

新型セレナのUSBソケット

まるで新幹線の座席に座っているかのように使い勝手が良かったです、子供がいる家庭では長距離ドライブで子供が飽きてしまうことが多いと思いますが、これなら安心です。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. リーフの運転席まわり

    日産

    日産リーフの試乗記(走り・加速性能)予想を遥かに上回る加速の良さ

    日産リーフの試乗レポ(外観・内装編)に続き、運転した感想をご紹介します…

  2. エルグランドの運転席画像

    日産

    エルグランド350ハイウェイスターの試乗記(走り・加速性能)実燃費は6.8km/L程度

    日産エルグランド350ハイウェイスターを実際に試乗運転してきた感想を書…

  3. セレナe-POWERの運転席画像

    日産

    セレナe-POWERハイウェイスターVの試乗記(走り・加速性能)トルクの高い力強い走り出し

    日産セレナe-POWERハイウェイスターVを実際に試乗運転してきた感想…

  4. セレナe-POWERハイウェイスターVの外観画像

    日産

    セレナe-POWERハイウェイスターV(外観・内装の評価)3列目もゆったり広い

    日産e-POWERハイウェイスターVの外観と内装を見てきたので画像つき…

  5. 新型リーフの全体画像

    日産

    新型リーフG(外観・内装の評価)後部座席は若干狭いけど快適

    日産リーフGの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。…

  6. GT-Rの運転席画像

    日産

    日産GT-Rの試乗記(走り・加速性能)実燃費は7km/L程度

    日産GT-Rを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. ミラトコット・サニーデイブルーメタリックの全体画像

    ダイハツ

    トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々
  3. レガシィーアウトバック・リミテッドの全体画像

    スバル

    アウトバック・リミテッド(外観・内装の評価)後部座席は広く、横幅もゆったり
  4. デリカD:5の全体画像

    三菱

    三菱デリカD:5・アクティブギア(外観・内装の評価)3列目はしっかりしたシートで…
  5. ヴェルファイアの画像

    トヨタ

    ヴェルファイア・ゴールデンアイズ(外観・内装の評価)素晴らしい座り心地
PAGE TOP