スズキ

XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い

2017年12月25日に新しくデビューした「XBEE」は、スズキの軽SUV「ハスラー」を一回り大きくしたワイドハスラー的な位置づけでありながら、新しいジャンルでもある「小型クロスオーバーワゴン」として注目を浴びています。

XBEE『ハイブリッドMX』の全体画像

単純にハスラーを大きくしたと言うよりも細部にこだわり抜いており、ハスラーとは違った作りになっています。エンジンも1.0Lと軽のハスラーよりも大きくなりマイルドハイブリッドの「XBEE」は燃費や走行性能にも期待が持てます。

今回は、新しく登場した「XBEE」のデザインやこだわり、走行性能などを実感してみたいと思いスズキのお店に足を運んできました。

XBEE『ハイブリッドMX』の試乗運転レポへ

試乗車は、XBEE『ハイブリッドMX』

今回試乗したXBEEは「ハイブリッドMX」というグレードです。価格は1,765,800円(2WD)で、16インチアルミホイールや電動格納式リモコンドアミラー、キーレスプッシュスタートシステムが標準で装備されています。

10.Lターボ、99馬力

エンジンは1.0Lの直噴ターボで力強い加速性能を持っています。また、マイルドハイブリッドで燃料の消費を抑えて無駄がなく、力強い走りと燃費の良さを両立した車になっています。

最高出力は99ps/5,500rpm、最大トルクは15.3kgf・m/1,700-4000rpmとなっています。1.0Lターボなので、最高出力はそこまで高くはありませんが、最大トルクは1,700rpmという常用回転域から発揮してくれます。

モーターでエンジンをアシスト

マイルドハイブリッドなのでモーターも搭載されており、モーターの性能は最高出力が3.1ps/1,000rpmで最大トルクは5.1kgf・m/100rpmとなっています。モーターはエンジンをしっかりアシストするので、スムーズで静かな走行が体感できます。

XBEE『ハイブリッドMX』のスタートボタン

今回試乗したXBEEのボディーカラーは「ミネラルグレーメタリック」というモノトーンのカラーでした。ガンメタリックに近い色で落ち着きのある男性に人気がありそうなカラーです。

XBEEは個性を重視した車なので、ボディーカラーも個性が溢れています。今回試乗したXBEEのモノトーンカラーは他にも「ピュアホワイトパール」や「スーパーブラックパール」の3種類がラインナップされています。

ルーフカラーをブラックやホワイトにした2トーンカラーや、サイドアンダーのカラーをイエローやオレンジにした3トーンコーディネートのボディーカラーなどもあり個性が光ります。

XBEEの価格は176万~

XBEEは試乗した「ハイブリッドMX」の他にも「ハイブリッドMZ」という上級グレードも存在しており、ニーズによってグレードを選択することができます。気になる価格を比較してみましょう。

(円)ハイブリッドMXハイブリッドMZ
2WD176万200万
4WD190万214万

XBEEを中古車検索

XBEE『ハイブリッドMX』の外観

ハスラーを大きくした車

XBEEのエクステリアを見ていきましょう!一見するとスズキの「ハスラー」に良く似ています。フロントデザインとリアデザインはそっくりです。営業マンも「ハスラーを大きくしたクルマですよ」何ておっしゃるくらい似ています。

XBEEの正面画像

フロントデザインはSUVテイストを醸し出すために「フロントバンパーガーニッシュ」と「フロントバンパーアンダーガーニッシュ」がついています。ガーニッシュはシルバー塗装になっており、出っ張っているのでゴツゴツした感じに見えていいですね。

ヘッドランプは電球を横に置いたような形になっており、周囲はシルバーで縁取られています。このグレードではヘッドランプはハロゲンですが上級グレード「ハイブリッドMZ」ではLEDになります。

ボンネットはサイドについているヘッドランプの形にあわせて凹凸になっており、ヨーロピアンカーの様な形状になっています。グリルのデザインが格子の様なメッシュになっているのもオシャレです。

リアのデザインはシンプルで六角のダイアモンド型のコンビネーションランプが両サイドの中心部についています。リアバンパーガーニッシュがフロントと同様にSUV感を醸し出しています。

XBEEの後方画像

ルーフエンドスポイラーも付いており、スポーティーと言うよりはオシャレに仕上がっています。「XBEE」のエンブレムも文字に特徴がありセンスが良いですね。オプションでペンキをはねた様なモードチックなデザインにすることもできるので、遊び心も満載です。

サイドはフェンダーアーチモールが付いていることと、ドアスプラッシュガードがついているのでSUV感が強く出ています。

XBEE『ハイブリッドMX』横画像

16インチ、ブラックのアルミホイール

アルミホイールは16インチのブラックアルミでシックに決めています。

XBEE『ハイブリッドMX』のアルミホイール

XBEEは全体的にSUVを前面に押し出す様な分かりやすいデザインになっています。

XBEEを中古車検索

XBEE『ハイブリッドMX』の内装

XBEEのインテリアを見ていきます。まず内装色はブラックを基調としています。インパネパネルはアイボリーのパネルが填め込まれており、ブラックと対称色なので良く目立っています。

XBEE『ハイブリッドMX』の室内画像

前席はシートヒーターつき

シートはアイボリーパイピング&アイボリーカラーアクセントになっておりデザインに凝っています。機能性で見てもシートリフターが付いているので上下60mm、左右50mmの可動域を確保しています。

XBEE『ハイブリッドMX』の運転席

シートスライドは240mmと長く、ハンドルもチルトステアリングになっているので、自分の体形にあったシートポジションを正確に調整することができるのです。前席には運転席のみならず助手席にもシートヒーターが付いているのは嬉しいですね。

パドルシフト付きハンドル

ステアリングはウレタンステアリングホイールで標準的です。ステアリングスイッチなどはありませんがパドルシフトがついているのはポイントUPです。本革巻きステアリングホイールは「ハイブリッドMZ」のみです。

XBEE『ハイブリッドMX』のステアリング

メーターは丸型2連メーターになっており、センター部には200km/hまで計測できるスピードメーターが、左側にはタコメーターが付いています。右側にはマルチインフォメーションディスプレイがついており、安全性能の警告表示や走行モード、エコスコアなどの様々な情報が表示されます。

XBEE『ハイブリッドMX』のメーター

試乗車にはナビは付いていませんでしたが、センターコンソール上部にナビが付き、センター部にはハザードスイッチ、アンダー部にはエアコンのスイッチパネルがあります。センター部はGショックの様なゴツいデザインでシルバーにまとめ上げており格好いいです。他の車ではあまり見ない斬新なデザインだと思います。

XBEE『ハイブリッドMX』のエアコンパネルまわり

インパネについているエアコンルーバーも両サイドは丸型になっており、センター部はスクエア型にしてアクセントを持たせています。

後部座席は狭いが頭上は余裕あり

後部座席はお世辞にも広いとは言えません。同じスズキの車で比較するならば、軽自動車の「スペーシア」の方が断然広く感じます。XBEEはSUVで車高が高く設計されているので、後部座席への乗り込みも若干難があります。

XBEE『ハイブリッドMX』の後部座席

座ってみると膝周りの余裕がないのが不満ですが、車内高が十分確保されているので、頭周りには窮屈さはありません。後席のリクライニングとシートスライドをするところはグッドです!

XBEEハイブリッドのひざ周り

特別な所でいうとリアヒーターダクトがついているので、後席でも暖房効率が良くなっています。ミニバンなどでは普通に見かけますが、小型車にも付いているのは嬉しい装備です。

荷室には81Lの床下収納

ラゲッジルームは一見すると狭いという印象を受けてしまいます。しかし、ラゲッジの下にアンダーボックスがあり2WDならば81Lの容量を確保しています。長めの物でも立てたまま収納することが可能です。

XBEE『ハイブリッドMX』の荷室

後席シートのスライドを併用することで、9.5インチのゴルフバックを収納したり、ベビーカーを立てたまま載せることもできてしまいます。

XBEE『ハイブリッドMX』の荷室

その他収納スペースとしては11箇所以上確保されており、助手席シートアンダーボックスやインパネトレーは実用性が高いスペースだと思いますよ。

XBEE『ハイブリッドMX』荷室の床下収納

XBEE『ハイブリッドMX』の試乗運転レポへ

【5人乗り】XBEEクロスビーのメリット・デメリット(欠点)

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. アルトワークス5MTのハンドル周り

    スズキ

    アルトワークス5MTの試乗記(走り・加速性能)驚くほどの加速とトルク

    スズキ「アルトワークス5MT」を運転した感想をご紹介します。…

  2. バレーノの運転席画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XGの試乗記(走り・加速性能)リニアな操舵感と長距離ドライブにも適したクルマ

    スズキ「バレーノ1.2L・XG」を実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  3. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

    スズキ・新型ジムニーXCの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

  4. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像

    スズキ

    スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様

    スズキ・スペーシアギア「ハイブリッドXZターボ」の外観と内装を見てきた…

  5. スペーシアカスタムZの運転席

    スズキ

    スペーシアカスタムZ・Xターボの試乗記|走り出しが良く、加速もバッチリ

    スペーシアカスタムZ(Xターボ)の外観・内装レポに続き、試乗車を実際に…

  6. ジムニーの全体画像

    スズキ

    ジムニー・ランドベンチャー5MT(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない

    スズキ・ジムニーランドベンチャー5MTの外観と内装を見てきたので画像つ…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. フォレスターの全体画像

    スバル

    フォレスター・X-BREAK(外観・内装の評価)随所にオレンジのアクセントカラー…
  2. 新型スイフトRStのナビまわり

    スズキ

    新型スイフトRStの試乗記(走り・加速性能)非常に軽快な走り、足回りもいい感じ
  3. ワゴンRスティングレーの全体画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー・Tターボ(外観・内装の評価)後部座席はスライド可能でゆっ…
  4. カムリ・ハイブリッドの画像

    トヨタ

    カムリ・ハイブリッドG(外観・内装の評価)後部座席は大人3人でも広い
  5. 新型N-BOXの全体画像

    ホンダ

    新型N-BOXカスタムG・Lターボ(外観・内装の評価)4人乗車でも広い荷室
PAGE TOP