スズキ

ハスラー・Jスタイル(外観・内装の評価)後部座席はゆったり座れる、リクライニングできる

ハスラーJスタイルの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

今回試乗してきたのは、スズキ自動車が得意とするコンパクトカーの中でもクロスオーバーSUVタイプのハスラーです。

ハスラーの全体画像

ハスラーは軽トールワゴンの室内空間とSUVの走破性の両方の要素を融合させた今までにないジャンルの車です。

アウトドアやスポーツを好むユーザーにも、ウィンタースポーツやオフロードを走行する人にも選んでもらえるように、アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバーをコンセプトに開発されました。

今日はスズキが開拓した新ジャンルの車、ハスラーの乗り心地やデザインを一度見ておきたいと思い、スズキのお店に足を運びました。

ハスラー・Jスタイルの試乗運転レポへ

試乗車はハスラー・Jスタイル

今回紹介するのはハスラーの特別使用車「Jスタイル」です。

特別仕様車はベースグレードと比べるとLEDフォグランプが付いていることや、専用アルミホイールがついたり、特別なエンブレムが付いており、メッキやガーニッシュで加飾しています。

ハスラーJスタイルの横画像

またクルーズコントロールやナノイー搭載のフルオートエアコンが搭載されておりインテリアの装備も充実しています。

今回試乗したハスラーJスタイルはターボを搭載しているので、最大馬力は64PSとノンターボのハスターと比較しても12PS高くなっています。

さらにSエネチャージというハイブリッドシステムを搭載しているので、走り出しはモーターアシストが効いて燃費もかなり良く、2WDのターボ車で27.8km/Lという驚異的な燃費です。

カラーリングは2トーンルーフで、今回の試乗車は「アクティブイエロー&ブラック」なので黄色いが目立ちます。ハスラーJスタイルのカラーは全部で7色、その他のハスラーのカラーは11色となっておりルーフ2トーン色を加えると全カラーラインナップは16パターンにもなります。

ハスラーのグレードは5つのグレードに分かれており、今回のハスラーJスタイルは最も上級のグレードになっています。気になるグレード毎の価格は以下の通りです。

駆動ターボAGXFリミテッドJスタイル
2WDなし107万127万146万140万151万
4WD119万139万158万153万164万
2WDあり135万154万161万
4WD148万167万173万

ハスラーを中古車検索

ハスラー・Jスタイルの外観

ここからはハスラーのエクステリアを見ていきましょう。まずハスラーは軽のクロスオーバーSUVというジャンルなので、車高が高く足回り周辺もSUVみたいなゴツゴツとしたデザインになっています。

フロントはハスラーの特徴ともいえる丸目のヘッドライトとゴツゴツしたフロントガーニッシュがワイルド感をUPさせています。横縞デザインのグリルや「HUSTLER」のアルファベットエンブレムもJスタイルの特別装備です。

ハスラーJスタイルの正面画像

リアデザインもフロント同様に専用のリアバンパーガーニッシュがワンポイントになっており、SUVらしさを演出しています。リアコンビネーションランプはLEDのストップランプを採用しており、縦型デザインで可愛らしい印象を与えています。

ハスラーJスタイルの後方画像

アルミホイールは専用の15インチアルミホイールを装着しており、ブラックメタリック調の落ち着いたデザインです。

ハスラーJスタイルのタイヤ画像

その他、ドアハンドルをメッキ調にしていたり、Jスタイル専用のエンブレムを付けていたりとJスタイルならではの特別装備が充実しています。

ハスラーJスタイルのサイドミラー

今回試乗したハスラーには装着されていませんでしたが、オプションでルーフレールを付けることができます、ルーフレールを付けているハスラーを街で見かけますが、ルーフレールが付くだけでもSUVらしさがかなり増しますよ。

ハスラーを中古車検索

ハスラー・Jスタイルの内装

インテリアをみていきましょう。Jスタイルの内装は黒基調です。黒は締まった印象を与えるので、大人の雰囲気を漂わせています。インパネやドアトリムに採用しているのは、ブラックパールの専用パネルで、Jスタイルの特別装備です。

ハスラーJスタイルの運転席画像

ハンドルはチルトステアリングを採用しており、上下に30㎜の可動かできます。デザインも3本スポークのシンプルなデザインで、ステアリングスイッチも少なく扱いやすくなっています。

ハスラーJスタイルのハンドル画像

パドルシフトが付いているので、エンブレを効かせたい時や、急な加速が欲しい時にはハンドルから手を離さず操作ができるので便利です。クルーズコントロールの操作もハンドルスイッチでON・OFF・設定することが可能です。

エアコンはナノイーを搭載したフルオートエアコンとなっており、これもJスタイルの特別装備です。さらにエアコンパネルやエアコン吹き出し口も専用色のチタンシルバーのガーニッシュを使っており、ブラックとの相性も良いです。

ハスラーJスタイルのインパネ周り

あまり目立ちませんが、ドアについているスピーカーリングも専用色のチタンシルバーになっています。

シートはファブリック表皮に専用レザー調になっています。レザー調になっていることでワンランク上の車に乗っているかの様な質感を味わえます。シートの可動域も前後に240mm、上下に40mm可動できるので、体型や好みに合わせて細かい調節が可能です。

ハスラー・Jスタイルの後部座席

後部座席もシートスライドとリクライニングが可能になっており、左右が独立して調整できるので、後席もかなりゆったり座ることができました。

ハスラーJスタイルの後部座席

ラゲッジスペースは室内空間を広くとっていることもあり、広くはありません。しかし後席スライドを前に動かすことや、2名や3名で乗車する際には後席を倒すことにより、ラゲッジスペースの広さを調節することができます。

ハスラーJスタイルの荷室

また、ラゲッジスペースには汚れをふき取りやすい素材を採用しているので、ウィンタースポーツやマリンスポーツのアイテムを入れるにも適しています。電源を供給するアクセサリーソケットが付いているのも何かと便利ですね。

収納は女性にも受入られるようにかなり充実しています。全て合わせると15か所の収納場所を確保しています。特に注目すべきは助手席についているインパネボックスの蓋が停車時にはテーブルにもなるという優れ物、ちょっとした休憩で軽食を食べる時にも女性には嬉しい配慮ですね。

ハスラーJスタイルの助手席インパネ

またエアコンのあるセンターパネルにもスマートフォンが入るくらいの収納スペースがあるので、重宝しそうです。

ハスラーJスタイルのナビまわり

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. スペーシアカスタムZの運転席

    スズキ

    スペーシアカスタムZ・Xターボの試乗記|走り出しが良く、加速もバッチリ

    スペーシアカスタムZ(Xターボ)の外観・内装レポに続き、試乗車を実際に…

  2. アルトの画像

    スズキ

    アルトワークス5MT(外観・内装の評価)後部座席はひざ周りに若干余裕

    アルトワークス5MTの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。…

  3. 新型スイフトRStのナビまわり
  4. スイフトRStの画像

    スズキ

    新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう

    スズキ・新型スイフトRStの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  5. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

    スズキ・新型ジムニーXCの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

  6. XBEE『ハイブリッドMX』の運転席

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』試乗記(走り・加速)ターボの力強い走りが楽しめる!

    スズキ・XBEE『ハイブリッドMX』を実際に試乗運転してきた感想を書き…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. スイフトRStの画像

    スズキ

    新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう
  2. パッソの全体画像

    トヨタ

    パッソ X“L package・S”(外観・内装の評価)後部座席はゆとりあり
  3. キャストアクティバの前面画像

    ダイハツ

    キャストアクティバ G“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は広いが、荷室は狭め…
  4. ヴェゼルRSの全体画像

    ホンダ

    ヴェゼルRS(外観・内装の評価)後部座席は狭くない、荷室は広い
  5. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
PAGE TOP