トヨタ

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の試乗記(走り・加速性能)走り出しスムーズで気持ちよい加速

トヨタ「カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の運転席まわり

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の外観・内装レポへ

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の走行性能

では早速「カローラスポーツ」ハイブリッドG“Z”を試乗してみます。

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの運転席

まずスポーツシートに座ってみるとしっかりとしたホールド性で座った時に安心感は抜群です。

運転席から見渡した前の視界も良好です。

1,800㏄のハイブリッドということでプリウスと同じですから走行性能にはかなりの期待が持てると思っています。

カローラスポーツ

エンジンをかけても静かですね。

エアコンをガンガンかけているので、始動直後はエンジンが回転していますが、そこまで音は気になりません

そのうちエンジンも停止してしまいますから、完全に無音になってしまいます。

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

走り出しはさすがトヨタのハイブリッドという感じで、トルク高めなのでアクセルを少し踏んだだけで、すーっと前に走りだします。

切れ目を感じさせない加速で気持ちが良いですね。

加えて段差などもマイルドに処理してくれるので、突き上げ感や跳ね上げ感などは一切感じることがなく、かなり乗り心地良く運転できます。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のシフトノブ

流れが良い道でアクセルと踏み込むとエンジンが回転を始めるので、エンジン音が車内に入り込んできます。

エンジンが回りだしたというのは認識できる程度の音ですが、ストレスに感じる程ではありませんでした。

スピードをある程度だした状態でも、「カローラスポーツ」はぶれずに安定感があります。

ここはTNGAを採用している効果がしっかりと表れていますね。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のホイール画像

低重心ということもありコーナーリングも抜群の安定感です。

この「カローラスポーツ」には走行モードが3つあり、『エコ・ノーマル・スポーツ』が用意されています。

『スポーツ』にすると、ステアリングがスポーツ制御で反応が良くなり、加速もトルクが太くなります。

燃費面で見るとエコにしておくべきかもしれませんが、走行性能を優先で考えるのであれば、スポーツモードはおススメの走り方です。

個人的には「カローラスポーツ」のハイブリッドは期待通りの走行性能と言った所でしたが、8月に登場予定のガソリン車のMTも是非試乗させて頂きたいと思っています。

この安定感のあるボディーでMTのターボ車というのはかなり面白そうです。

カローラスポーツの新古車を探す

カローラスポーツの安全性能

カローラスポーツ・ハイブリッドの正面画像

「カローラスポーツ」には全ての方の安全をサポートする為に、次世代の予防安全パッケージ「トヨタセーフティーセンス」を全車標準で装備しています。

トヨタセーフティーセンスには5つの先進機能が多くの状況でトライバーをサポートします。

  • プリクラッシュセーフティー
  • レーントレーシングアシスト
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト

以上の安全性能の中身を詳しく見ていきたいとおもいます。

まずプリクラシュセーフティーは前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出して、衝突の可能性がある時には警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイに表示してブレーキの作動を促します。

万が一ブレーキを踏むのが間に合わない場合には、プリクラッシュブレーキを作動させて衝突回避や被害軽減をはかります。

レーントレーシングアシストは、車線中央を走行するために必要なステアリング操作の一部を支援します。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の横画像

また車線をはみ出しそうな時はブザー&ディスプレイ表示に加えてステアリング操作の一部を支援します。

「レーダークルーズコントロール」は車速に応じて前の車に追従支援してくれる機能で、ロングドライブなどで重宝します。

高速道路での渋滞やノロノロ運転の時でも運転がラクになるのです。

「オートマチックハイビーム」は、歩行者や障害者をいち早く検知してハイビームとロービームの切り替えを自動で行ってくれます。

なので夜間の面倒なヘッドライトの切り替えがなくなり、安全な視界を得ることができるのです。

「ロードサインアシスト」は、カメラが道路標識を認識してディスプレイに表示します。

車両進入禁止や一時停止、速度超過などの交通違反を未然に防ぐことができますね。

その他、前の車が発進して自車が発進しない時に警告してくれる「先行車発進告知機能」や、車線変更時に後方確認をアシストしてくれる「ブラインドスポットモニター」などの機能も付いています。

カローラスポーツの新古車を探す

カローラスポーツの燃費・実燃費

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”のスピードメーター

「カローラスポーツ」の試乗では約5kmの走行で実燃費は18.8km/Lでした。

この日は猛暑35度の中をエアコンガンガンで走行させて頂いたので、状況としてはかなり過酷ではないでしょうか。

「カローラスポーツ」のカタログに載っているJC08モード燃費は30.0km/Lとなっていますので燃費達成率でみると62.6%と若干低い印象となります。

メーカーが出しているWLTCモードでは市街地モードで24.km/Lなので、それよりも劣ってしまう印象です。

エコモードを多用したり、もう少し長い距離や期間で走行をすることで、よりWLTCモードの燃費に近づくのではないだろうかとは思っています。

他のグレードの燃費も見ておきましょう。

■カローラスポーツJC08燃費(km/L)

グレードG“X”GG“Z”
ハイブリッド34.234.230.0
ガソリン2WD19.619.618.0
ガソリン4WD17.217.217.2

■カローラスポーツWLTC市街地モード(km/L)

グレードG“X”GG“Z”
ハイブリッド29.429.424.9
ガソリン2WD12.912.912.9
ガソリン4WD12.312.312.3

■カローラスポーツWLTC郊外モード(km/L)

グレードG“X”GG“Z”
ハイブリッド32.932.927.2
ガソリン2WD16.916.916.9
ガソリン4WD15.615.615.6

■カローラスポーツWLTC高速道路モード(km/L)

グレードG“X”GG“Z”
ハイブリッド28.828.825.0
ガソリン2WD18.218.218.2
ガソリン4WD16.616.616.6

カローラスポーツの新古車を探す

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の試乗記まとめ

カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

今回は新登場した「カローラスポーツ」ハイブリッドG“Z”に試乗しましたが、スポーツ性をしっかりと重視した造りになっており、走行性能を重視する私としてはとても面白い車と感じました。

外観は大人な感じでスポーツと質感を上手く融合させており、これだけに出来栄えで上級グレードが260万円台で購入できるのはかなり驚きます。

「カローラスポーツ」が気になってくれた方は是非トヨタカローラのお店に足を運んで見てください。

カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の外観・内装レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  2. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  3. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. ランドクルーザーの運転席画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6Lの試乗記(走り・加速性能)実燃費は7km/L程度

    トヨタ・ランドクルーザー4.6Lを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  2. 新型ヴォクシーZSの運転席

    トヨタ

    ヴォクシーZSの試乗記(走り・加速性能)50km/h位まではスルスルと速度アップ

    トヨタ「ヴォクシーZS」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思いま…

  3. パッソの全体画像

    トヨタ

    パッソ X“L package・S”(外観・内装の評価)後部座席はゆとりあり

    トヨタ・パッソX LパッケージSの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  4. アクアGRスポーツの全体画像

    トヨタ

    アクアGRスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の座り心地はいいけど若干狭い

    トヨタ「アクアG・GRスポーツ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  5. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

    トヨタ

    カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

    2018年6月23日に発表されたばかりのハッチバク型のカローラ…

  6. シエンタのハンドル周り

    トヨタ

    シエンタ・ハイブリッドXの試乗記(走り・加速性能)凸凹を拾わず快適な乗り心地

    トヨタ・シエンタ ハイブリッドXを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. スイフトRStの画像

    スズキ

    新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう
  2. プリウスPHVの全体画像

    トヨタ

    プリウスPHV(外観・内装の評価)大人4人が快適に過ごせる独立シート
  3. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎
  4. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
  5. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
PAGE TOP