ホンダ

ヴェゼルRS(外観・内装の評価)後部座席は狭くない、荷室は広い

ホンダ「ヴェゼルRS」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

ホンダのヴェゼルは2013年に3代目フィットをベースに開発された小型のクロスオーバーSUVで、発売開始以来2014年~2016年まで3年連続でSUV販売台数NO1を獲得した人気車種です。

ヴェゼルRSの全体画像

この人気の高いヴェゼルはどんな所が優れているのかを実際に乗って体感してみたいと思い、ホンダのお店に足を運んで試乗させて頂きました。

ヴェゼルRSの試乗運転レポへ

試乗車はヴェゼルRS

今回試乗させて頂いたのは、ホンダヴェゼルRSというグレードでガソリン車の中では最上級グレードになっています。

主な装備としては、LEDフォグランプや本革巻のセレクトレバー、18インチアルミホイールにパフォーマンスダンパーなどが付いています。

RSはエクステリアの充実だけに留まらず、走行性能にもこだわりをもったグレードに仕上げられています。

ボディーカラーは「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」というカラーで、濃い目の赤色です。

このカラーは艶やかな表情の奥に、燃えるような情熱をというコンセプトで作られており、ソリッドカラーとメタリックカラーを重ねた特別な塗装構造になっています。

エンジンは1500cc水冷直列4気筒で、最大馬力が131PS、最大トルクが15.8kgf・mと決してパワーの高い車ではありませんが、クロスカントリーではなく街乗りをメインとする小型SUVとしての機能性からみると、バランスのいい車になっていると思います。

ヴェゼルのグレードはRSの他にもハイブリッドなどもあり、全部で7グレードもありますので、それぞれの価格をみていきましょう!

価格GX▲RS▲ハイブリッドハイブリッドX▲ハイブリッドZ▲ハイブリッドRS▲
2WD192万212万239万227万250万267万277万
4WD213万233万248万271万288万

※▲は、ホンダセンシング搭載車です。

ヴェゼルを中古車検索

ヴェゼルRSの外観

ヴェゼルRSのエクステリアはRSにしかないこだわりがたくさん詰まっています。

フロントデザインは精悍さを増して、俊敏さと力強さを押しだしたロー&ワイドなスタイルになっています。

ヴェゼルRSの正面画像

ヘッドライトとフォグライトはLEDを採用しており、ロービームには2灯LEDヘッドライトを採用しています。

霧などで前方が見えづらい時に、車に近い左右を広く照射することができ、夜間や悪天候でも視界はしっかり確保できます。

ヴェゼルRSのフォグランプ

ライトからグリルにかけて流れるようについている、ダーククロームメッキ加飾やロワガーニッシュ形状が異なるのはRSの特徴です。

張り出したフロントバンパーロアガーニッシュにより強調されている18インチアルミ、切削光輝でスポーティーな感じもしっかり演出しています。

ヴェゼルRSのタイヤホイール

グリルは目の粗いメッシュタイプで、ナンバーをグリルのある高い位置に持って行っている点では、個人的には面白い配置だなと感じています。

サイドのデザインで目を惹くのはサイドガーニッシュです。ストレートに伸びる中にも若干のうねりを加えた躍動感があるデザインになっています。

これはRSだけにしかなく、あるだけでスポーティーな仕上がりになっています。

ヴェゼルRSの横画像

その他、ドアミラーはブラック塗装を施し、ドアハンドルなどの細かい場所にもシルバーを使うことで、RSのスポーティーさをしっかりと印象つけています。

ヴェゼルを中古車検索

ヴェゼルRSの内装

ヴェゼルRSの内装をチェックしていきます。まず全体的な印象はブラックでまとめられており落ち着いた大人の感じが漂っています。

シートやインストルメントパネル、センターアームレストにはウルトラスエードと呼ばれる光沢があり柔らかくなめらかな質感の表皮素材を張りこむことで上質な空間を演出しています。

黒地に映える白のステッチも上質感をアップさせていますね。

センターコンソールもハイデッキになっておりピアノブラック調になっている所がオシャレです。

シフトレバーの位置もステアリングからの距離が丁度よく操作性が高いです。

ヴェゼルRSのコンソールボックス

深さを2段階に設定可能なマルチユーティリティドリンクホルダーが付いていたり、アームレスト付コンソールボックスも付いているので収納性も長けています。

LED照明がついたフロントコンソールポケットも実用性が高いです。

ステアリングは本革巻きを採用しており、縫製にもこだわり本革の質感がよりなめらかなステアリングホイールになっています。ハンドルを握ったフィーリングも手に馴染みやすくて良いですね。

ヴェゼルRSのハンドル

パーキングブレーキは電子制御のパーキングブレーキでこの価格帯の車としては嬉しい装備です。

スイッチ操作でパーキングブレーキをON/OFFでき、発進時にアクセルペダルを踏めば自動的に解除になります。

パドルシフトもガソリン車には唯一RSにのみについています。操作部が若干小さいので使い勝手があまり良く無さそうと思ってしまいました。

ヴェゼルRSのシフトノブ

エアコンはプラズマクラスター技術を搭載したフルオートエアコンで、空気浄化や脱臭効果も期待できます。

スイッチもボタン式ではなくタッチパネル式になっているのがオシャレです。

そこまで窮屈ではない後部座席

後席のシート間の距離は若干狭さも感じますが、大柄な私が乗っていても窮屈とまでは言いません。

座り心地は角度が若干きついですが、そこまで悪さは感じませんでした。

ヴェルファイアの後部座席

見た目以上に広い荷室

ラゲッジスペースは見た目以上に広くなっています。最大開口部幅は118cm、荷室床面長は80cmです。

開口部地上高も65cmとクラストップレベルの低さなので、重い物を高く持ち上げなくて済むので積み込みもラクチンです。

ヴェゼルRSの荷室画像

燃料タンクを前席下に移動させたことで空間効率を飛躍的に向上させるホンダの特許技術が採用されているそうです。

1人で乗るならサーフボードを、2人で乗るならマウンテンバイクを2台乗せることだってできちゃいます。

↓運転した感想はこちら

【5人乗り】ヴェゼルのメリット・デメリット(欠点)

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

    ホンダ・N-VAN+スタイルFUNの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像

    ホンダ

    インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分

    ホンダ「インサイトEX」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…

  3. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎

    ホンダ・シャトル ハイブリッドZの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  4. ホンダ「インサイト」EXの運転席画像

    ホンダ

    インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能向上

    今回は、インサイトEXを実際に運転した感想をご紹介します。…

  5. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEV(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々

    ホンダ・クラリティPHEVの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  6. CR-V・EXの運転席画像

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々
  2. バレーノの画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XG(外観・内装の評価)後部座席の乗り心地は悪くないが、広さは…
  3. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像

    輸入車

    プジョー「5008」(外観・内装の評価)2列目はゆとりあり、3列目は窮屈
  5. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎
PAGE TOP