日産

新型リーフG(外観・内装の評価)後部座席は若干狭いけど快適

日産リーフGの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

2017年9月に2代目にフルモデルチェンジを果たした新型リーフは、バッテリーを更に大容量な40kwhへ改良し400kmの航続を可能にしました。

新型リーフの全体画像

先代のリーフは2010年の販売以来、日本のみならずアメリカや中国、欧州などにも投入されており、進化した2代目リーフの売れ行きがどこまで伸びるのか気になるところです。

100%電気自動車でガソリンを一切使わず、満充電にすれば400kmも走行できるリーフの性能と電気自動車特有の高いトルク感を体感してみたいと思い、日産で展示車をじっくり見させて頂き、試乗もさせてもらいました。

リーフGの試乗運転レポへ

試乗車は新型リーフ・G

今回試乗させて頂いたのは日産リーフのGというグレードです。リーフのグレードは3グレードで構成されており、ベースのSと中間グレードのX、上級グレードのGとなっています。

今回展示されていたのはGで本革シートとBOSEサウンドシステムが追加されたリーフです。試乗させて頂いたのはGのノーマル車でした。

3グレードとも40kwhのバッテリーを積んでおりモーターも同じ物を積んでいます。最高出力は150PS/3283~9795rpmで最大トルクは32.6kgf・m/0~3283rpmとなっています。
この馬力とトルクは2.2Lのディーゼルエンジン並みにパワフルに仕上がっています。

新型リーフの後方画像

上級グレードGに付いている装備の特徴は、LEDヘッドランプ、プロパイロット、インテリジェントアラウンドビューモニター、17インチアルミホイール、電動パーキングブレーキなど他にも様々な装備が追加されています。

ボディーカラーはラディアントレッドという淡い赤色ですが、他にも単色で7色、ツートーンだと6色で全13パターンから選択することができます。

新型リーフのインパネ周り

私は今回の2代目リーフではブリリアントホワイトパール/スーパーブラックが2トーンカラーでアクセントがあっていいなと思います。リーフの個性が光りますね。

旧モデルに比べてバッテリー容量が大きくなったリーフ、これにより航続距離が大幅に延びて400kmの航続が可能になった訳ですが、価格がどのくらいになったのか気になりますよね?気になるグレード別の価格を下記で紹介していきます。

リーフのグレード別価格

(円)SXG
2WD315万351万399万

リーフを中古車検索

新型リーフ・Gの外観

ここからはリーフのエクステリアを見ていきます。モデルチェンジを果たしたことによりリーフのボディーフォルムは旧モデルと比べるとシャープな印象が強くなりました。

新型リーフの正面画像

フロントデザインもリーフの特徴だったカエルの様なデザインから精悍なデザインへモデルチェンジされています。具体的にはヘッドライトが切れ長なデザインになり、一見すると日産のノートの様な顔つきになっています。

新型リーフのヘッドライト

旧モデルでは採用していなかった「Vモーショングリル」を今回のリーフから採用しており日産車の特徴を前面に出す形になっています。Vモーショングリルの下地の色がブラックになっており、どのボディーカラーと組み合わせても良いアクセントになっています。

ヘッドライトはLEDを採用しており、フォグランプはハロゲンを採用しています。今回試乗させて頂いたGグレードにのみフォグランプは装備されています。丸型から長方形のデザインになっている所もフロントデザインを精悍に見せています。

新型リーフの横画像

充電ポートは従来通りフロントに設置されており、普通充電ポートと急速充電ポートが全車標準装備でついています。

リヤのデザインも一新されており、従来の縦型コンビネーションランプからブーメラン型のコンビネーションランプになっています。

新型リーフの後方画像

リーフのエンブレム・日産のロゴ・ゼロエミッションの3つのエンブレムが左右のコンビネーションランプの間に横一列に並んでおり、さらに下地がブラックパネル調になっているので今までよりもアクセントが強くて躍動感があるデザインになっています。

サイドデザインもリヤサイドの締まりが良くなっており、女性的な印象から男性的なイメージに刷新されています。足回りも17インチの5本スポークのアルミホイールでスポーティーさを出しています。

新型リーフのリア画像

従来までのリーフでは車のデザインから少しかけ離れたデザインだなと思っていましたが、今回のモデルチェンジでより一層車の形に近づいていますね。

リーフを中古車検索

新型リーフ・Gの内装

リーフのインテリアです。今回試乗したリーフはGグレードなので織物のブラック調かエアリーグレー調のシートになっているのですが、セットオプションが付いているため本革になっていました。

新型リーフの室内画像

ハンドルは本革巻きの3本スポークのステアリングを採用しており、グリップが良くて手に馴染む造りになっています。

新型リーフのハンドル画像

セレクトレバーは従来のリーフと同様に丸型の大福の様なレバーを上下に動かしてシフトポジションを変更します。パーキングにしたい時はヘッドのPボタンを押します。

新型リーフのシフトノブ

プロパイロットパーキングスイッチやe-ペダルのスイッチ、電子制御のパーキングブレーキのスイッチも周辺にまとめられています。

新型リーフのシフトノブ周辺

ナビゲーションはEV専用の日産コネクトナビが標準で装備されており、7インチのモニターにDVDやCDをはじめアップルカープレイなど様々な機能が付いています。

新型リーフのナビまわり

充電スポットの検索ができ、バッテリーが低下した際には周辺のスポットを検索してくれるだけでなく、最終的にはオペレーターへの接続案内が表示されます。

エアコンはプラズマクラスター搭載のフルオートエアコンを採用しており、デザインは今までに見ない斬新なデザインで、まるで蝶の様な形になっています。

新型リーフのエアコン操作パネル

ナビやセレクトレバー周辺がピアノブラック調になっているので、エアコンの艶消しブラックが少々チープに感じられてしまいます。

シートヒーター(運転席・助手席)とUSBケーブル、電源ソケットも付いていました。

新型リーフのシートヒーターボタン

リヤシートにはクッションシートヒーターを採用しており、快適性が高いです。シートに座った感覚は決して広いとは言えませんが、不快感を受けるような狭さも感じません。

新型リーフの後部座席

シートは可倒式なので、ラゲッジルームを広くしたい時には便利です。倒れるだけなのでフルフラットにはならず、ラゲッジルームとの間にかなり大きな段差ができてしまうのは気になります。

新型リーフの2列目を倒した状態

後席を倒さなくてもラゲッジルームは広く設計されており、9.5インチのゴルフバックが2セット横置きで積載することができます。

新型リーフの荷室

後席の背もたれを倒せば3セットくらいは行けますね。ラゲッジアンダーボックスもあるので、スペースを有効活用しています。

このリーフにはオプションのBOSEサウンドシステムが搭載されており、リヤにはウーハーが積まれ、スピーカーも6つ付いています。

静粛性の高いEV走行のリーフだからこそよりよい音響で音楽を聴きたいですよね。

リーフGの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. 新型リーフのの運転席

    日産

    新型リーフGの試乗記(走り・加速性能)アクセルON/OFFだけで運転

    新型日産リーフGを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  2. エルグランドの運転席画像

    日産

    エルグランド350ハイウェイスターの試乗記(走り・加速性能)実燃費は6.8km/L程度

    日産エルグランド350ハイウェイスターを実際に試乗運転してきた感想を書…

  3. 新型セレナのインパネ周り

    日産

    新型セレナ・ハイウェイスターの試乗記(走り・加速性能)スムーズな加速

    新型セレナ・ハイウェイスターを運転した感想を書きたいと思います。…

  4. セレナの画像

    日産

    新型セレナ・ハイウェイスター(外観・内装の評価)広さ、乗り心地は?2列目ゆったり

    日産セレナハイウェイスターGの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介…

  5. 日産リーフの全体画像

    日産

    旧型リーフSの外観・内装レポ(写真あり)長時間走行でも疲れが少ないシート

    日産・旧型リーフSの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。…

  6. 新型デイズルークスの全体画像

    日産

    新型デイズルークス(外観・内装の評価)後部座席は前後にスライドでき広い

    日産デイズルークス ハイウェイスターXターボの外観と内装を見てきたので…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
  2. レヴォーグの全体画像

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の広さは狭い
  3. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
  4. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEV(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々
  5. 「シャラン」TSIハイラインの全体画像

    輸入車

    VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い
PAGE TOP