トヨタ

シエンタ・ハイブリッドX(外観・内装の評価)後部座席は段差なしで乗り込みやすい

トヨタ・シエンタハイブリッドXの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

今回試乗してきたのはトヨタの全チャンネルで販売しているシエンタです。

シエンタ全体画像

7人乗りのちょっとコンパクトなミニバンといった今までにあまりみないカテゴリーでしたが2015年に一度販売を終了し、パッソセッテに代替した歴史があります。

しかし顧客や販売店からの強い要望で9か月後に販売が再開されたちょっとしたドラマのある車なのです。(営業マンの思い入れも強いようでした)

今回販売された2代目からはハイブリッドもラインナップに加わりカワイイエクステリアとインテリアやシートアレンジの使い勝手の良さも評判で人気上昇中です。

シエンタハイブリッドXの試乗運転レポへ

試乗車はシエンタ・ハイブリッドX

今回乗せて頂いたシエンタのグレードはハイブリッドXの2WDです。

1500ccにモーターがついたタイプで他にもGというワンランク上のグレードもあります。

ガソリン車も3グレードありエンジンは1500ccと同じ排気量です。

シエンタのフロント画像

価格帯はハイブリドが223万円~233万円、ガソリン車が169万円~198万円とかなり詰まっています。

私が足を運んだ販売店でのシエンタの売れ行きはハイブリッド:ガソリン車が5:5とほぼ互角のようです。

気になるシエンタのラインナップと価格は以下の通りです。

種類ハイブリッドガソリン車
グレードGXGXX“Vパッケージ”
2WD¥2,329,855¥2,226,763¥1,980,327¥1,816,363¥1,689,709
4WD¥2,121,709¥1,957,745¥1,831,091

シエンタを中古車検索

シエンタ・ハイブリッドXの外観

シエンタのエクステリアの特徴と言えば隈取りされたアクセントです。

シエンタの横画像

フロントとリアバンパーの両端やサイドの一部をブラックやブルーのアクセントを施しているので一目みてシエンタとわかるようになっています。

今回はブラックのシエンタなのであまり目立ちませんが、ご近所さんのホワイトのシエンタは「パンダ」の様なカワイイ見た目です。

シエンタのリア画像

ポジションランプも特徴的で最近のトヨタ車では増えてきましたが、ライトの周りを縁取りした線のようなライトは優しい光を放っていて存在感もある良いデザインです。

フロントはアクアをベースに、リアはwishを低床にして設計しているのでトヨタの洗練された車の良い所が生かされています。

シエンタを中古車検索

シエンタ・ハイブリッドXの内装

内装色は各グレードで2種類から選択できるようです。私が試乗したグレードはブルーブラックとフロマージュ(ベージュ)が設定されていますが、現車はブルーブラックでした。

シエンタ運転席画像

個人的には好きな色ですが、シエンタの室内空間を広く見せる為にはフロマージュの方がいいのかなと思います。

また黄色や緑などの明るいボディーカラーにもフロマージュの方があっています。

あまり見慣れていないので驚いたのは、ダッシュボードの造形が上下二段になっていました。

シエンタのダッシュボード画像

頻繁に目にするメーター類は上下の視線移動が少なく済む高い位置に、頻繁操作が必要なエアコンスイッチなどは手の届き易い下段に配置されていてこだわりを感じます。

シエンタのメーター周り画像

後部座席は段差のないフロア設計で歩いてきたその一連の動作のまま乗り込める様なイメージです。

体の曲げ方が不自然にならないので腰などへの負担も少なくお年寄りにも優しい本当に乗りやすい作りになっています。

シエンタの後部座席画像

2列目のシートは105㎜可動するので私の様な身長の高い男性が座ってもゲンコツ2つ分位は膝元にスペースを確保できます。

シエンタの2列目に座った画像

3列目にも座ってみましたが、2列目シートを全開に下げた状態では残念ながら座れませんでした。

しかし2列目を前に出した状態であれば座ることは可能、でも3列目は子供専用席っていう感じですね、大人や客人にはあまり勧めたくありません。

シエンタの3列目シート画像

しかしながらシートの作りは厚みがありクッションも効いているので先代のシエンタの様な補助席の様な印象はなくなりました。

3列目への乗り降りの時には2列目のシートを折畳んで乗り降りしなくてならないので、正直面倒くさいと思ってしまいましたが、動作自体は力や煩わしさもなく意外と簡単にできました。

荷室も3列目まで使用した状態であっても大きなトランクは積むことができます。

シエンタの荷室画像

3列目を2列目のシートしたに収納することができるので大きな荷物を積みたい時には段差がないフラットな床面にして広々と荷物を積むことができそうです。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. カローラスポーツ・G・6速マニュアル車の全体画像
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

    トヨタ

    カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

    2018年6月23日に発表されたばかりのハッチバク型のカローラ…

  3. ヴィッツハイブリッドの全体画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆったり座れる

    トヨタ・ヴィッツハイブリッドFの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  4. 新型RAV4の全体画像

    トヨタ

    RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々

    RAV4の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。…

  5. 新型86の運転席

    トヨタ

    86ハチロクGTリミテッドの試乗記(走り・加速性能)高速道路なら燃費14.0km/Lも?

    トヨタ86ハチロクGTリミテッドを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  6. ランドクルーザーの正面画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6L(外観・内装の評価)3列目は足元が窮屈、2列目は広い

    トヨタ・ランドクルーザー4.6Lの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  2. ジムニーの全体画像

    スズキ

    ジムニー・ランドベンチャー5MT(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない
  3. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎
  4. レガシィーアウトバック・リミテッドの全体画像

    スバル

    アウトバック・リミテッド(外観・内装の評価)後部座席は広く、横幅もゆったり
  5. ワーゲン・ビートルの全体画像

    輸入車

    VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり
PAGE TOP