ダイハツ

キャストスポーツ“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は240mmスライド

ダイハツ「キャストスポーツSAⅢ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

丸い目をしたヨーロピアンテイストなキャスト、キャストはモダンなスタイルとSUV風のアクティバ、走りに特化したスポーツの3つ顔を持っています。

スポーツ“SAⅡ”の全体画像

その中でもキャストスポーツは、ヨーロピアンテイストの可愛いフェイスと、ポップな出で立ちを纏いながら、走りの強さも意識した16インチのアルミホイールにハイグリップなタイヤをはいていたり、レッド調のメーター類やシートステッチ、それに本革のMOMOステアリングなどの装備で、他のキャストとの差別化を図っています。

エクステリアの可愛らしさと、走りに特化したスポーティーな走行性能を併せ持つキャストスポーツの実力を実際に体感したいと思い、ダイハツの店で試乗させて頂きました。

キャストスポーツの試乗運転レポへ

試乗車はキャストスポーツ“SAⅡ”

今回試乗したキャストスポーツは、スポーツ“SAⅡ”というグレードです。キャストスポーツのグレードはこのワングレードのみとなります。

パワートレインはインタークーラーターボを搭載した水冷直列3気筒の660ccエンジンで、最高出力は64ps/6400rpmで最大トルクは9.4kgf・m/3200rpmです。ターボは高回転域になるにつれて効果を発揮するタイプになっています。

スポーツ“SAⅡ”のミラー画像

キャストスポーツはキャストシリーズの中でも走りに特化しており、足回りは他のキャストと比べても差別化が図られています。サスペンションはスポーツサスペンションを採用しているので、街乗り走行などでも乗り心地は固く、コーナリングなどを機敏に走るのを得意としています。

今回試乗したキャストスポーツのボディーカラーはブラックマイカメタリックでルーフがクリスタル調のホワイトになっています。そしてミラーとピラーパネルがシャインニングレッドになっている個性的なカラーの組み合わせになっており、キャストの持つ可愛らしい感じをスタイリッシュな印象に変えています。

ボディーカラーは他にもシャインニングレッドやパールホワイトⅢ、ディープブルークリスタルマイカなど全4種類を基本としており、シャイニングレッド以外は単色にすることも可能です。

ワングレードのキャストスポーツでは中々比較が難しいので、スタンダードなキャストスタイルも交えてながら金額を紹介したいと思います。

(円)キャストスタイルキャストスポーツ
XX“SAⅡ”G“SAⅡ”Gターボ“SAⅡ”スポーツ“SAⅡ”
2WD122万128万141万151万162万
4WD134万140万153万164万174万

キャストスポーツを中古車検索

キャストスポーツ“SAⅡ”の外観

エクステリアのデザインはキャストの特徴でもあるヨーロピアン調の可愛らしさと、スタイリッシュさを融合しており、女の子っぽすぎない可愛らしさなので男性にも人気の様です。

スポーツ“SAⅡ”の全体画像

見た感じは外車のMINIに似ていますよね?国産車で言えばトヨタパッソのモーダやダイハツのブーンにも似ています。エクステリアで特徴的なのはヘッドランプとグリルです。

スポーツ“SAⅡ”の正面画像

楕円形のBi-Angle LEDヘッドランプとメッシュ地の大きなグリル、その中にあるキャストの「C」ロゴの配置バランスが一目でキャストと認識することができます。キャストスポーツ専用の「S」ロゴも特別感がありますね。

ボディーのツートーンの色合いやレッドピンストライプがついたスポイラー、それに赤く塗られたカラードミラーとピラーパネルがアクセントになり、ヨーロピアンテイストを更に強めています。

スポーツ“SAⅡ”のななめ後方画像

横型のフロントLEDイルミネーションランプとLEDフォグランプは夜間にみるキャストスポーツのスタイリッシュな印象を一層強めてくれるアイテムです。

リアのコンビネーションランプはLEDで立体的な3Dエフェクトになっており、ブレーキを踏んでランプを光らせると、蜘蛛の巣状にラインが強調されて格好いいですよ!

スポーツ“SAⅡ”のリア画像

ルーフレールやドアアウターハンドルにメッキを使っており、細かい部分のオシャレにも気を配っています。足回りのオシャレでもあるアルミホイールは16インチが採用されており見た目もいいですが、ハイグリップタイヤと組み合わせて走行性能も高めています。

キャストスポーツのエクステリアはとにかく細かい所にまでこだわりを感じる、オシャレと個性に富んだアート性すら感じる素晴らしい作りになっています。

キャストスポーツを中古車検索

キャストスポーツ“SAⅡ”の内装

見た目はエクステリアに負けないくらいインテリアも完成度が高いです。まず車内を見ると強烈に目に飛び込んでくるのが、レッド&ブラックのプライムインテリアカラーです。

キャストスポーツのインパネ周り

ブラック基調のインテリアカラーにインパネガーニッシュとエアコンのルーバーリングがレッドメタリック調になっているので、レッドメタリックが強調されてスタイリッシュです。スピードメーターやシートはステアリングのステッチもレッドに纏まっています。

キャストスポーツのハンドル画像

シフトノブとステアリングは本革巻きになっています。驚くことにステアリングは何と「MOMO」製のステアリングを採用しているではありませんか!

走りにうるさい方ならば誰もが納得の「MOMOステ」ですが、今回キャストスポーツに採用されている「MOMOステ」はエアバックを搭載しているので、形状はかなり純正ハンドルに近い形になっています。スポークも太くなっており、折角のMOMO製なのに少しスポーティーな感じが薄まっています。

ペダル類も普通の軽自動車と同じで残念です。せめてアルミのスポーツメダルを装着するなど、運転の操作性を高めるペダルを採用して欲しいですね。

シートはレザー調のブラックシート表皮で、革の質感には程遠いですが、さわり心地は悪くありません。ベンチシートを採用していますが、スポーツをウリにしているキャストスポーツなので、ベンチシートではない方がいいですね。ベンチシートはお尻が流れるので余り機敏な動きには向いていません。

キャストスポーツの運転席画像

運転席に座った時の空間は狭く感じません。身長180cmある私ですが、窮屈さは一切なしです。軽自動車でありながら、頭上の空間も余裕があり、何より足元・膝周りはハンドルがチルトになっていることもあり、ストレスフリーです。

後部座席は240mmスライドできる

後部座席も左右分割で240mmもスライドするので、後席に乗る人の体格に合わせて足元を広げることができます。スライドを後ろいっぱいまで下げて座れば、私でもゆったり座ることができます。

キャストスポーツの後部座席画像

ラゲッジスペースは開口部が大きく、開口幅925mm、開口高805mm、荷室フロア高660mmと大きな荷物でも積みやすい設計になっています。

キャストスポーツの荷室

後席シートを左右独立でスライドするので荷物が多い時は、後席の足元を狭めて荷室を広くすることができます。乗車人数が2~3名の時には後席の両側もしくは片側を倒してラゲッジスペースを広くとることもできます。

キャストスポーツの2列目を倒した画像

シートアレンジは後席肩口のレバーで荷室側から簡単にレバー操作ができるようになっているので便利ですね。

ナビゲーションはキャスト専用の洗練されたデザインと音響チューニングが楽しめる、操作性の高い8インチ大画面モデルがディーラーオプションで装着されていました。

キャストスポーツのインテリアはスタイリッシュな反面、スポーツと言うネーミングが付いていながら、ベンチシートやペダルが純正のままなのは個人的には納得ができませんね。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い

    ダイハツ・ミライースX SAⅢの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  2. ミラトコット・サニーデイブルーメタリックの全体画像

    ダイハツ

    トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

    ダイハツ「トコットX“SAⅢ”」の外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  3. キャストアクティバの前面画像

    ダイハツ

    キャストアクティバ G“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は広いが、荷室は狭め

    ダイハツ「キャストアクティバG SAⅢ」の外観と内装を見てきたので画像…

  4. ミラトコットの運転席画像
  5. キャストスポーツの運転席画像

    ダイハツ

    キャストスポーツ“SAⅡ”の試乗記(走り・加速性能)ターボ実燃費は14.9km/L程度

    ダイハツ・キャストスポーツ“SAⅡ”を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. 新型ミライースの運転席

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”の試乗記(走り・加速性能)ノンターボでもしっかり加速

    ダイハツ・新型ミライース・X“SAⅢ”を実際に試乗運転してきた感想を書…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの外観画像

    ホンダ

    ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EX(外観・内装の評価)後部座席は窮屈さな…
  2. ヴェルファイアの画像

    トヨタ

    ヴェルファイア・ゴールデンアイズ(外観・内装の評価)素晴らしい座り心地
  3. フォレスターの全体画像

    スバル

    フォレスター・X-BREAK(外観・内装の評価)随所にオレンジのアクセントカラー…
  4. ランドクルーザーの正面画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6L(外観・内装の評価)3列目は足元が窮屈、2列目は広い
  5. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
PAGE TOP