スズキ

【画像あり】ソリオバンディット・ハイブリッドMV(外観・内装の評価)後部座席はとても広い

スズキのソリオはコンパクトハイトワゴンの先駆けでもあり、前進のワゴンRワイドやワゴンR+はワゴンRのパーツを共用してプラットフォームを開発して普通車として販売してヒットしました。

ソリオバンディットの全体画像

そのヒットによりソリオはワゴンRの普通車モデルとしての名を広め、スズキのブランド車種として確立したのです。

ソリオバンディットはソリオのカスタムグレードとして販売されている人気車種で、パワートレインも「マイルドハイブリッド」と「ハイブリッド」の2つから選択ができる様になっています。

いまやスズキの普通車の中では人気車種に定着したソリオバンディット、その居住性や乗り心地、燃費などを知るべく試乗をしてレポートしたいと思いスズキのアリーナに足を運んで実際に試乗しました。

試乗車はソリオバンディット・ハイブリッドMV

今回試乗させていただいたのはスズキ「ソリオバンディット」のハイブリッドMVグレードでデリュアルブレーキサポートと後席右側ワンアクションパワースライドドアを装着した車です。

エンジンは1200ccでパワートレインはマイルドハイブリッドを搭載したモデルです。他にもEV走行が可能なハイブリッドのSVもあり、それぞれの価格は以下の通りになります。

グレード 駆動方式 価格
HYBRID
SV
2WD(5GAS) 205万
HYBRID
MV
2WD(CVT) 183万
4WD(CVT) 195万
デリュアルブレーキサポート+59,400円
前方位モニター付きナビ+127,440円
後席右側ワンアクションパワースライドドア+46,440円

ハイブリッドSVはマイルドハイブリッドのMVと比較して約22万円程度高く設定されています、一番の理由はパワーパックを搭載していることで高電圧リチウムイオンバッテリーとインバーターがMGU(駆動用モーター)に供給したり充電したりできることです。

もう一つの理由はトランスミッションの違いです、マイルドハイブリッドはCVTですがハイブリッドはオートギアシフト(AGS)を採用してよりダイレクト感がある走行が体感できるのです。この部分で価格に差が開いているようです。

ソリオバンディット・ハイブリッドMVの外観

ソリオバンディットの見ためはモデルチェンジ前のワゴンRスティングレーと似ています。フロントデザインで印象的なのは、LEDヘッドライトとLEDポジションランプの2段仕立てデザインです。

ソリオバンディットの正面画像

ヘッドランプとポジションランプの両方をLEDにすることで省電力化して夜間の視野を確保する工夫がなされています、グリルやフォグランプ周りに施されているシルバー加飾もちょっとしたアクセントとなりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

ソリオバンディットのヘッドライト

アルミホイールは落ち着いたガンメタ色の15インチホイールを標準で装着していますが、ソリオバンディットはボディーが背高で見た目重視の車種なので15インチでは見た目のバランスがアンバランスに感じます。(16インチくらいあってもいい)

ソリオバンディットのアルミホイール

リアデザインはコンビネーションランプがクリアで若者受けしそうなデザインです。今回試乗したマイルドハイブリッドのリアコンビネーションランプはホワイトのクリアで夜間は映えます、ちなみにSVはブルーかかったクリアランプを採用しているそうです。

ソリオバンディットの後方画像

展示してあったソリオと見比べるとライトデザイン以外にも、アンダーグリルが大きい点や、リアの反射板が縦置きになっている点でも細かい違いがみられ、ソリオバンディットは見た目に与える印象をボーイッシュにまとめている様に見えます。

ソリオバンディット・ハイブリッドMVの内装

インテリア全体はブラックでシックにまとめられており私個人としては好きな配色です。運転席も座った感じはフロントガラスまで奥行もあり見切りも良いのでとても広く感じます。

ソリオバンディットの運転席画像

特にワゴンRなどの軽自動車との大きな違いは助手席との距離感です、5人乗りなのにウォークスルーが広く設けられているので助手席との距離が近すぎていないのが評価UPです。

ソリオバンディットの後部座席は広い

また後席には肘置きがセンター部にありますが、この分のスペースが軽自動車よりも広く設計されています。このちょっとのスペースの差で「ソリオは広い、快適」という印象を強く与えます。

ソリオバンディットの後席画像

また後部座席に座った時の膝周りの広さですが窮屈感は全く感じません、むしろ広々して居住性は抜群に良い上に、前席と後席の空間も広いので運転席から後ろを向いても後席に乗っている子供が遠いので多少騒いでいてもストレスになりません。

ソリオバンディットの足元空間

ソリオはシートアレンジが豊富

ソリオのシートアレンジは色々できますが、どのミニバンでも後席を倒して荷物が広く詰めるのは結構一般的です、ここに至るまでの作業が女性やお年寄りでも簡単か否かが重要になってくると思います。

ソリオバンディットの後席足元

このシートアレンジの操作性が実はかなり難だと感じてしまいました。シートを下げる為の取手が硬く、操作方法の説明をする営業マンでも手古摺っている、またシートをフラットにする時には両側のスライドドアを開けないと操作できない。

ソリオバンディットのテーブル

この操作性の悪さは本当に残念です、おそらく何度か操作すればコツを得てスピードUPするのでしょうが、イチイチ両側のスライドドアまで行かないとシートが収納できないのは雨天時とか狭い場所での操作時にはポイントがかなり下がります。

ソリオバンディットの荷室

インテリアの質感は中々いいです、センターパネルはピアノ調を採用しており上質感をアップさせています、ただ小さなお子さまが乗る方は手垢をつけられてしまったり、物をぶつけられて傷つけられてしまいそうなので手入れが大変だと思います。

↓運転した感想はこちら

中古車は壊れるの不安ですか?
修理歴チェック済・100日返品保証(有料)・最長10年保証(有料)
安心なのはガリバーだけでした。
↓↓↓

買わなくてOK!
非公開在庫をたっぷりチェック

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

関連記事

  1. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの全体画像
  2. XBEE『ハイブリッドMX』の運転席

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』試乗記(走り・加速)ターボの力強い走りが楽しめる!

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)に続き、今度は運転した…

  3. エスクード全体画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、乗り心地や快適性向上…

    約30年前に登場したスズキのエスクード、当時はライトクロカンというジャ…

  4. ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTターボの運転席画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTターボの試乗記(走り・加速性能)トルクしっかり、加速よし!

    ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTターボ(外観・内装の評価)に続き…

  5. XBEEの全体画像

    スズキ

    【画像あり】XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い

    2017年12月25日に新しくデビューした「XBEE」は、スズキの軽S…

  6. スイフトRStの画像

    スズキ

    【写真あり】新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう

    スズキから販売しているスイフトが2015年12月にフルモデルチェンジし…

最近の記事

  1. セレナe-POWERハイウェイスターVの試乗記(走り・加速性…
  2. カングー・ゼン試乗記(走り・加速性能)1,200ccながらタ…
  3. ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に…
  4. トゥインゴの試乗記(走行性能)排気量900ccでもターボでパ…
  5. ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルー…

最新!試乗レポ

  1. カングーゼンの全体画像
  2. トゥインゴの全体画像
  3. セレナe-POWERハイウェイスターVの外観画像
  4. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの外観画像

カテゴリー

  1. ヴィッツハイブリッドの全体画像

    トヨタ

    【画像あり】ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆった…
  2. アウトランダーPHEVの全体画像

    三菱

    【画像あり】アウトランダーPHEV(外観・内装の評価)後部座席はゆとりある広さ、…
  3. カングーゼンの全体画像

    輸入車

    ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に3分割されている
  4. XBEEの全体画像

    スズキ

    【画像あり】XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座…
  5. プリウスPHVの全体画像

    トヨタ

    【画像あり】プリウスPHV・グレードA(外観・内装の評価)大人4人が快適に過ごせ…
PAGE TOP