スズキ

ソリオハイブリッドSZの試乗記(走り・加速性能)機敏な走りと加速の良さを実感

スズキ「ソリオハイブリッドSZを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

ソリオハイブリッドの運転席

ソリオハイブリッドSZの外観・内装レポへ

ソリオハイブリッドSZの走行性能

すぐに気が付いたことは、小回りが利くことです。ハイトワゴンなので小回りが悪そうにみえますが、最小回転半径は4.8mなので軽自動車並みに小回りが利いているのです。

ソリオハイブリッド全体画像

続いてのポイントは車両感覚がつかみやすいことです。ショートノーズなデザイン設計とアイポイントが高いことで車両感覚がつかみやすく、狭い道でのすれ違いが発生した時でも難なく通りすぎることができます。

走りの面では、今回のソリオはハイブリッドなのでモーターアシストが効いてとにかく機敏になったと感じました。

ソリオハイブリッドのロゴ画像

その理由の1つが、ソリオハイブリッドはMGU(駆動用モーター)が付いているので13.6psの馬力がそのままアシストで上乗せになります。
このサイズの車でトータル100psを超えるのはかなり力強く、加速の良さを感じられます。

二つ目の理由がトランスミッションがAGSになったことです。AGS(オートギアシフト)をこのソリオハイブリッドから採用しており、クラッチとシフトの操作をPC制御で行うことで、MTの様なダイレクト感を実現してくれるのです。

ソリオハイブリッドのインパネまわり

最後は何といっても車両の軽量化の効果です。今回のソリオハイブリッドは新プラットフォーム採用で100kgの軽量化に成功しています。この軽量化でボディーがかなり軽くなったので走りの機敏さが増したのだと思います。

直線での加速がよくなったのは勿論のことですが、発進時もモーターアシストがしっかり効いているのでモタつきを感じません、マイルドハイブリッドのソリオと比べてもその差ははっきりしています。

ソリオハイブリッドのシフトノブ

今回のハイブリッドはEV走行ができることをウリにしています。確かにEV走行はできました、でもその距離は微々たるです。

バッテリーはそれほど大きい物ではないので、数分のEV走行でバッテリーは減ってしまい、エンジンが始動してしまいます。

今回のソリオハイブリッドのEV走行に大きな期待を抱いている方はちょっとがっかりしちゃうかもしれませんね。

ソリオを中古車検索

ソリオハイブリッドSZの安全性能

安全性能はデュアルカメラブレーキサポートがオプションで付けられます。試乗したソリオハイブリッドには付いており「前方衝突警報機能」「前方衝突警報ブレーキ機能」「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト」「自動ブレーキ機能」がついてきます。

ソリオハイブリッドのハンドル

その他には「誤発進抑制機能」「車線逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」「先行車発進お知らせ機能」がついておりこれだけ機能が全てパッケージで59,400円ならばかなりコスパが良いと思います。

今回試乗したスズキのアリーナさんは営業マンのエスコート付でしたので意図的に作動させることはご法度でしたが、お店によってはセルフサービスでコースを回ってきてくださいという販売店もあるのでまたの機会に試してみたいと思います。

ソリオを中古車検索

ソリオの燃費

ソリオはカタログ燃費もいいので実燃費もどんな結果になっているか気になります。営業マンに寄せられたお客様の実燃費情報とWEBの口コミを基に実燃費を出してみました。

ソリオハイブリッドのメーター

気になるカタログ燃費と実燃費は以下の通りです。

2WDの燃費
km/L
HYBRID
SZ
HYBRID
SX
HYBRID
MZ
HYBRID
MX
G
カタログ燃費32.027.824.8
実燃費20.018.015.8

カタログ燃費では、ハイブリッドが32.0km/Lでマイルドハイブリッドが27.8km/L、その差は4.2km/Lでしたが、実燃費ではハイブリッドが20.0km/Lでマイルドハイブリッドが18.0km/Lとその差は2.0km/Lまで縮まっています。

ハイブリッドのSZやSXはEV走行ができる点で若干燃費は良くなっていますが、EV走行そのものの航続時間や性能はまだまだ決して高い物とは思えません、なのでモーターが小さいマイルドハイブリッドとの差が縮まったのではないでしょうか。

ソリオハイブリッドのインパネ

試乗をした際もハイブリッドSZで走行した実燃費は17.7km/Lでした。距離は7km/Lで渋滞が発生している夕方17時代の走行、気温も6度と低い条件下で走行でしたので、あまり燃費は伸びなかった印象です。

ソリオを中古車検索

ソリオハイブリッドSZの試乗記まとめ

今回試乗したソリオハイブリッドの外見はコンパクトでしたが、中身はかなり広々していました。ウォークスルーで前後の席の間隔が広く、室内長が長いなどの工夫で快適に過ごすことができる車です。

ソリオハイブリッドのウォークスルー

走りも軽量化とハイブリッドのモーターアシストでかなり機敏に進化しています。燃費もかなり向上してカタログ燃費で32.0km/Lは興味深いです。

しかしながらコストパフォーマンスで見比べると22万円高いEV走行ができるハイブリッドを購入するのであれば、実燃費が2.0km/L少なくてもマイルドハイブリッドを購入する方がいいのではないかと私は思ってしましました。

ソリオハイブリッドの後方画像

ハイブリッドは走行性能の面でみればモーターアシストもマイルドハイブリッドよりも力強くなり、加速も良くなりました。なので今までより力強い走行性能を求める方にはハイブリッドはおススメできます。

しかし期待していたほどEV走行が単独で活躍する場面は少なく、思ったほどの実燃費でないことが、進んでハイブリッドを買いたいという気持ちにはさせてくれませんでした。

しかしソリオの居住性に関して言えばかなりの広さです。この金額でこの広さを得られるのはお買い得だと感じます。その点でバランスが取れているのがマイルドハイブリッドのソリオだと思います。

↓外装・内装レポはこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. ソリオバンディットのハンドル画像

    スズキ

    ソリオバンディット・ハイブリッドMVの試乗記(走り・加速性能)キビキビ走るが、加速は鈍い

    スズキ「ソリオバンディット・ハイブリッドMV」を実際に試乗運転してきた…

  2. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの運転席画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタム試乗記(走り・加速性能)力強い走りではないがストレスなし

    スズキ『新型スペーシアカスタム・ハイブリッドGS』を実際に試乗運転して…

  3. ワゴンRの画像

    スズキ

    新型ワゴンR(外観・内装の評価)後部座席はゆったり広め

    スズキ・ワゴンRの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。…

  4. イグニスの画像

    スズキ

    イグニス・ハイブリッドMZ(外観・内装の評価)後部座席は狭いけど、運転席は開放的!

    スズキ「イグニス ハイブリッドMZ」の外観と内装を見てきたので画像つき…

  5. XBEE『ハイブリッドMX』の運転席

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』試乗記(走り・加速)ターボの力強い走りが楽しめる!

    スズキ・XBEE『ハイブリッドMX』を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々

    スズキ「ソリオハイブリッドSZ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. 新型スイフトRStのナビまわり

    スズキ

    新型スイフトRStの試乗記(走り・加速性能)非常に軽快な走り、足回りもいい感じ
  2. アウトランダーの全体画像

    三菱

    アウトランダー2.4Gガソリン車(外観・内装の評価)2列目ゆったり、3列目は狭い…
  3. ロードスターRFの全体画像

    マツダ

    ロードスターRF・RS(外観・内装の評価)RECARO製でシートの質感抜群
  4. 新型N-BOXの全体画像

    ホンダ

    新型N-BOXカスタムG・Lターボ(外観・内装の評価)4人乗車でも広い荷室
  5. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
PAGE TOP