トヨタ

【口コミ】ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆったり座れる

トヨタのコンパクトカーと言えばヴィッツが主力車種です。ヴィッツは価格の安さを重視したコンパクトとは一線を画し、デザインや品質の良さ、衝突安全性能や環境性能の高さを強みとしてヒットしました。

ヴィッツハイブリッドの全体画像

このヴィッツのヒットに追随して、他社でもフィットやマーチなどの対抗車種を投入してきました。ヴィッツは今日のコンパクトカー市場の礎を気付いたと言っても過言ではありません。

このヒット車種のヴィッツにもハイブリッドがラインナップに加わったと知り、居てもたってもいられずトヨタネッツのお店へ足を運んでしまいました!今回はヴィッツハイブリッドの持つ実力を思いっきり体感したいと思います。

試乗車はヴィッツ・ハイブリッドF

今回試乗させて頂いたのはヴィッツハイブリッドのFグレードです。Fはヴィッツハイブリッドのベースグレードで価格は1,921,320円からです。

ボディーカラーはクリアブルークリスタルシャインという明るいスカイブルーで、良く晴れた夏空を思わせる澄み切ったブルーです。ヴィッツのボディーカラーは全12色とかなり、さらにジュエラグレード専用の特別カラーも5色あるので、様々な色を選択でき個性をアピールするには最適な車です。

ヴィッツハイブリッドの横画像

パワーユニットは直列4気筒1500ccのエンジンにハイブリッドモーターが1つ搭載されており、システム最高出力は100PSとなっています。

他にもヴィッツはガソリン車1.0Lと1.3Lもあり、それぞれの最大出力は1.0Lエンジンで69PS、1.3Lエンジンで99PSとなっています。比較するとヴィッツハイブリッドが一番パワフルです。

ヴィッツは今紹介した通り、3つのパワーユニットがありそれぞれのグレードと価格を下記で紹介します。

価格(円) F Mパッケージ F F スマートストップパッケージ ジュエラ ジュエラ
スマートストップパッケージ
1.0L(FF) 128万 142万 150万 157万 165万
価格(円) F ジュエラ U U スポーティーパッケージ
1.3L(FF) 158万 180万 189万 205万
1.3L(4WD) 169万 191万 200万
価格(円) ハイブリッドF ハイブリッド ジュエラ ハイブリッド U ハイブリッド U
スポーティーパッケージ
1.5Lハイブリッド 192万 208万 218万 239万

ヴィッツを中古車検索

ヴィッツ・ハイブリッドFの外観

ヴィッツハイブリッドの外観を見てみましょう!一見すると「アクア」に似た顔つきになっています。今回のマイナーチェンジでボンネット以外は一新したそうです。私達一般人にはフルモデルチェンジと変わらない気もするのですが・・。

ヴィッツの顔画像

ライトデザインは丸型から少し尖った感じの角があるデザインに大きくチェンジしています。半円を逆さにした大きなグリルもオシャレな感じになっていますね。フロントバンパーとボンネットの凹凸がフロントエンブレムに向かって集まっている様な感じが斬新です。

ヴィッツハイブリッドFはベースグレードなので、フォグランプが付いてないのが少し物足りなさを感じます。オプション装備10,800円で付けることができるので、是非つけておきたい装備ですね。

ヴィッツハイブリッドの後方画像

リアデザインをみてみましょう。リアコンビネーションランプのデザインは今までのヴィッツの面影を全く感じません。スニーカーをひっくり返したような形にこれまた斬新さを感じます。またライトもコンビネーションランプを縁取る様なライン状のライトが存在感をアップさせます。

ヴィッツハイブリッドのリア画像

アクアのフォルムはリアがキュッと締まっていますが、ヴィッツはコンパクトカーとしての室内空間の居住性を重視しているので、リアがボテッとしています。どちらが良いかは好みの問題ですが、私はアクアの様な締まった感じが好みです。

サイドのデザインはマイナーチェンジ前後で大きな違いはなく、一見アクアの様に見えるヴィッツも、サイドをみればヴィッツとアクアの見分けをしっかり付けることができます。

ヴィッツハイブリッドの横画像

足回りは残念ながらスチールホイールとホイールカバーのセットが付いていますヴィッツハイブリッドは一番高いグレードでないとアルミホイールを履かせてくれません。燃費を稼ぐためにも軽量化ができるアルミホイールを選択すべきだと思っています。

ヴィッツハイブリッドのタイヤ画像

ヴィッツハイブリッドのエクステリアはガソリンコンパクトカーの血筋を引いている為、ハイブリッドカーという空気抵抗をガチガチに意識して作った車よりは、丸みがあってボテッとしていますね。

ヴィッツを中古車検索

ヴィッツ・ハイブリッドFの内装

ヴィッツのインテリアをみていきましょう。まずヴィッツの内装パターンは全部で6パターンになっています。
今回試乗したヴィッツハイブリッドFの内装色はブラックで、シートはフロントヘッドレストが一体型のハイバックになっています。

ヴィッツハイブリッドの内装

Fグレードはこの他に、内装色がアイボリーの仕様もありますが、シートは全てハイバックになっています。私はあまりハイバックが好みではなく、皆さんの中にも好みでない方は多いと思います。そういう方はUグレードかジュエラであれば分離式のヘッドレストの仕様にすることができます。

ヴィッツハイブリッドの運転席画像

内装もブラックで一体化されており、インパネオーナメントの素材は革シポ調です。こちらもコンパクトカーの様なチープなプラスチック感が全面に出てしまっているので残念です。

ステアリングはウレタン製の3本スポークで至ってシンプルです。シフトレバーはセンターコンソールに配置されており、ロングストークです。元々ヴィッツの価格帯はコンパクトカーなので安価に抑える為の努力がみられる車ですが、ハイブリッドになってもその印象を与えてしまう、そんなチープなセンターコンソールやシフトノブになっています。

ヴィッツハイブリッドのハンドル画像

今回試乗したヴィッツハイブリッドにはスタートプッシュエントリーが付いていましたが、本来Fグレードは鍵を挿してエンジンをかける仕様です。おそらくFグレードにスマートエントリーセットをメーカーオプションで装着しているのでしょう。

メーター類はスタイリッシュで良い感じです。センターに大きなアナログの速度メーターを配置し、左サイドにはハイブリッドインジゲーターをアナログで配置、そして右サイドには4.2インチカラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイを配置しています。

ヴィッツハイブリッドのメーター画像

センターパネルにはナビゲーションとオートエアコンが配置されています。パネルの作りがかなり奇抜で、円形の上1/3だけぶった切った様なデザインです。上部にパネルがあり、下部は空間になっているので、運転席周りを広く見せる効果もあります。オートエアコンもボタン配置がシンプルなので分かりやすいです。

ヴィッツハイブリッドのナビまわり

後部座席は2人ならゆったり

後部座席は窮屈さを感じることはありません。室内高も1250mm確保されているので思いの他空間が保たれています。
2人で乗る分にはゆったりしていますね。前席を最後部まで下げていても、ギリギリ膝が当たるくらいです。

ヴィッツハイブリッドの後部座席

ヴィッツハイブリッドの後部座席の足元

荷室は深さもあり観葉植物も運べる

荷室は荷物の出し入れがしやすい大きな開口部で、開口高が800mm、開口幅は1080mmとなっています。深さもあるので観葉植物なども運ぶことが可能です。

ヴィッツハイブリッドの荷室

ヴィッツの荷室はフルフラットにならないのは残念ですが、シートが6:4の分割可倒式になっているので、積載量に応じて後部座席のシートを倒して荷室を広くすることができます。

その他ヴィッツは収納スペースを多く備えており、全て合わせて最大13の収納アイテムがあるので、車内の乗車スペースに余分な物を置かないようにして広く見せることができますね。女性に人気の高い車なので、こういった細かい部分に気を遣えているのでしょう。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 【口コミ】トコットX“SAⅢ”の(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転し…
  2. 【口コミ】N-VAN+スタイルFUNの(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車…
  3. 【口コミ】カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の(外観・内装の評価)運転席はホ…
  4. 【口コミ】新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は…

関連記事

  1. アルファードの運転席画像

    トヨタ

    アルファード・S“Cパッケージ”の試乗記(走り・加速性能)静粛性、走行安定性は◎力強さは△

    アルファード『S“Cパッケージ”』(外観・内装の評価)に続き、今度は運…

  2. 新型86の運転席

    トヨタ

    86・GTリミテッドの試乗記(走り・加速性能)高速道路なら燃費14.0km/Lも?

    トヨタ86の試乗レポート(外観・内装編)に続き、今度は運転した感想につ…

  3. ハリアーの全体画像

    トヨタ

    【口コミ】ハリアー・プレミアム(外観・内装の評価)運転席シートの座り心地抜群

    発売開始以来高級クロスオーバーSUVという新たなジャンルでのパイオニア…

  4. ヴィッツハイブリッドの運転席画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドFの試乗記(走り・加速性能)実燃費は平均23.4km/L

    ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)に続き、今度は運転した感想…

  5. ハリアー・プレミアムの運転席画像

    トヨタ

    ハリアー・プレミアムの試乗記(走り・加速性能)ソフトな乗り心地で街乗り快適

    「ハリアー・プレミアム(外観・内装の評価)」に続き、今度は運転した感想…

  6. シエンタのハンドル周り

    トヨタ

    シエンタ・ハイブリッドXの試乗記(走り・加速性能)凸凹を拾わず快適な乗り心地

    シエンタの試乗レポート(外観・内装編)に続き、今度は運転した感想につい…

最近の記事

  1. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…
  2. MINIクロスオーバーの(外観・内装の評価)後部座席は横幅広…
  3. プジョー5008「GTブルーHDi」の試乗記(走り・加速性能…
  4. プジョー「5008」の(外観・内装の評価)2列目はゆとりあり…
  5. 新型フォレスターTouringの試乗記(走り・加速性能)低重…

最新!試乗レポ

  1. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  2. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  3. フォレスターX-BREAKの外観
  4. CR-V・EXの全体画像
  5. クラリティPHEVの全体画像

カテゴリー

  1. ヴェルファイアの画像

    トヨタ

    【口コミ】ヴェルファイア・ゴールデンアイズ(外観・内装の評価)トヨタの高級ミニバ…
  2. ヴェゼルRSの全体画像

    ホンダ

    【口コミ】ヴェゼルRS(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない、荷室は広い…
  3. フォレスターX-BREAKの外観

    スバル

    新型フォレスターの(外観・内装の評価)ゴルフバックが横置きできる広い荷室
  4. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEVの(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々
  5. エスクード全体画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、…
PAGE TOP