輸入車

VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い

VW「シャラン」TSIハイラインの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

数多くの名車を輩出していることで有名なドイツ、数ある有名メーカーの中でも日本に馴染みが深く愛されているフォルクスワーゲン。

「シャラン」TSIハイラインの全体画像

ドイツのアウトバンを高速で走り抜けても疲れにくい運転のしやすさには定評があります。

さらに30万キロ以上走行しても今なお現役で走り続けることができる車もざらではありません。

車本来の運転の楽しさ、いつまでも乗り続けることができる耐久性、そして最近はさらにスタイリッシュになってきたデザイン性、そんな個性に魅了されてしまい、連日フォルクスワーゲンのお店に立ち寄ってみることにしました。

VW「シャラン」の試乗運転レポへ

試乗車は「シャラン」TSIハイライン

「シャラン」TSIハイラインの運転席周り

今回試乗させて頂いたシャランは3つあるグレードのうち、今回はTSIハイラインでした。このグレードはシャランの中でも一番ハイグレードで価格は4,744,000円からとなっています。

このグレードの特徴は質感の高いアルカンターラ&レザーシートを採用していることです。またテールゲートはパワーテールゲートになっておりリモコンキーや運転席からでも操作ができます。

さらの3段階に温度調整が可能なシートヒーターを運転席と助手席にも装備している装備内容が充実したグレードとなっています。

私が試乗したシャランのボディーカラーはアトランティックブルーメタリックで落ち着いた雰囲気がアラフォーの私にはビビッときちゃいました。

ボディーカラーは全6色でホワイト系のピュアホワイトとホワイトシルバーメタリック、青系は試乗したアトランティックブルーメタリックとラヴェンナブルーメタリック、そしてブラックオークブラウンメタリックとディープブラックパールエフェクトです。

欲しい物は付いていると定評があり、装備が充実しているTSIハイライン以外にもシャランには2グレードありますので、価格を見ておきたいと思います。

(円)TSIトレンドラインTSIコンフォートラインTSIハイライン
2WD364万399万474万

シャランを中古車検索

「シャラン」TSIハイラインの外観

「シャラン」TSIハイラインの全体画像

エクステリアデザインは伸びやかなフォルムが美しいワゴンタイプです。存在感を主張しつつ、優美な雰囲気を醸し出しています。

まずフロントデザインは外側に向けて大きくなる台形のヘッドライトに2本の横ライン状のグリルが大きなワゴンタイプの車体の中にスポーティーな一面を出しています。

「シャラン」TSIハイラインの前面画像

ヘッドライトはバイキセノンヘッドライトを採用しており、ハロゲンライトの2倍の光量で、より遠く広い範囲を照らしてくれます。

このライトは車体の傾きに反応して上下の光軸を自動で調整してくれるオートハイトコンロール機能付です。

またポジションランプにはLEDを採用しており、精悍な個性をしっかりアピールしています。

リヤデザインはフロントデザインに比べてゆったりとしたデザインになっています。コンビネーションランプはLEDのライン状のライトで穏やかな光を放っています。

「シャラン」TSIハイラインの後方画像

フォルクスワーゲンの「VW」のエンブレムも大きく存在感があります。

ハイラインだけパワーゲートリフトが付いているので至るところからリモコンキーで開閉することができるので、荷物の載せ下げもラクになりますね。

「シャラン」TSIハイラインの横後方画像

ルーフにはシルバールーフレールが標準装備で付いており、オプションで電動パノラマスライディングルーフを付けることもできます。ちなみに今回の試乗には付いていなかったので少し残念。

足回りは5本スポークの17インチアルミホイールを装着しており、デザインも奇をてらった感じでないので好感が持てます。

ただ切削光輝などの光沢があるアルミホイールの方がフォルクスワーゲンの高級感を更に増すことができるのではないでしょうか?

比較的コンパクトカーが主流のフォルクスワーゲンなので中々見慣れないシャランですが、大きいだけではなく、デザインへのこだわりも詰まっている興味深い車です。

シャランを中古車検索

「シャラン」TSIハイラインの内装

インテリアはアルカンターラ&レザーシートのコンビネーションが大人ウケしそうなシートに仕上がっています。

「シャラン」の前席

「シャラン」TSIハイラインの運転席画像

運転席と助手席はスポーツコンフォートシートとなっており、運転席はリクライニングがパワーシートになっておりシートヒーターも付いています。

「シャラン」TSIハイラインのハンドル画像

コックピット内はステアリングが3本スポークの本革巻きステアリングホイールになっており、メーターもオーソドックスなアナログ2連メーターでセンターにマルチインフォメーションディスプレイを備えています。

「シャラン」TSIハイラインのメーター画像

センターコンソールには上からナビゲーション、中段にエアコンの操作パネル、そして下段には安全装置の入切スイッチなどが配置されています。

「シャラン」TSIハイラインのエアコンスイッチまわり

シフトレバーは本革巻きでブーツも革になっています。シルバーのパネルによって高級感を増しているだけでなく、電動パーキングブレーキを採用したことで機能的にも向上しています。

「シャラン」TSIハイラインのシフトノブまわり

ウィンカーは慣れませんね、配置が左右逆さまになっているので、試乗を始めて間もなくはワイパーを起動させる失態をやらかしてしまいました。

ヘッドライトやフォグランプのスイッチはステアリング右側についており、ジョグダイアル式になっています。

「シャラン」の後部座席(2列目3人乗り)

「シャラン」TSIハイラインの2列目の画像

リアシートは3席がそれぞれ独立しており、大人が3人座っていてもスペースはかなり余裕があると思います。座ってみると膝周りや足元の窮屈さも全くありません。

「シャラン」TSIハイラインの2列目足元の画像

前席のシートバックには折りたたみ式のシートバックテーブルがついているので、ちょっとした軽食を摂るのには利便性が高いです。

「シャラン」TSIハイラインのシートバックテーブル画像

カップホルダーも2列目と3列目のサイドポケットにあります。

「シャラン」の後部座席(3列目2名)

「シャラン」TSIハイラインの3列目からの風景

3列目シートは薄いですが、足元のスペースはそこそこ広くとられています。

ファミリーでの利用であれば子供を3列目に載せてドライブするのには丁度よいサイズだと思います。

大人でも狭くありませんが、2列目よりは窮屈さを感じると思います。

「シャラン」の荷室は300Lの容量

「シャラン」TSIハイラインの荷室画像

ラゲッジスペースは3列目を使用している時でも、底面が深く収納容量は300Lも確保できます。

更に2列目3列目はシートを倒してフラットにすることもできるので、キャンプや旅行に行くときのある程度の大荷物は積載することが可能です。

「シャラン」TSIハイラインの3列目シートを格納した状態

「シャラン」TSIハイラインの2、3列目を収納した状態の荷室

2列目、3列目を折り畳むと最大2297Lも積めるのみならず、助手席を倒すと2.95mの長い物を収納することができます。豊富なアレンジに対応できるのも嬉しいですね。

乗り込む時のスライドドアは電動なので子供でも開け閉めが便利です。ピラーに押しボタンがあり、ワンタッチ操作で開閉ができるのもポイントアップです。

「シャラン」TSIハイラインのスライドドア開閉ボタン

スライドドア自体に厚みがあるので、音も入り込みにくく静かに感じます。

VW「シャラン」の試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. MINIクロスオーバー・クーパーDの運転席画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)ディーゼル性能の良さに感動

    MINIクロスオーバー・クーパーDを実際に試乗運転してきた感想を書きた…

  2. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像

    輸入車

    プジョー「5008」(外観・内装の評価)2列目はゆとりあり、3列目は窮屈

    3列SUVのプジョー「5008」の外観と内装を見てきたので、写真付きで…

  3. カングー・ゼンの運転席画像

    輸入車

    カングー・ゼン試乗記(走り・加速性能)1,200ccながらターボで加速の良い走り

    ルノー・カングーゼンを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  4. 「シャラン」TSIハイラインの運転席画像

    輸入車

    VW「シャラン」TSIハイラインの試乗記(走り・加速性能)1.4Lターボで伸びのある力強い加速

    VW「シャラン」TSIハイラインを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  5. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像
  6. 「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの外観

    輸入車

    VW「ゴルフトゥーラン」(外観・内装の評価)2列目後部座席はかなり広い

    フォルクスワーゲン ゴルフのミニバンタイプとして販売されていうゴルフト…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎
  2. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い
  3. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々
  4. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. ハスラーの全体画像

    スズキ

    ハスラー・Jスタイル(外観・内装の評価)後部座席はゆったり座れる、リクライニング…
PAGE TOP