新車情報

トヨタ・86(新車情報)価格262万~、燃費12.4km/L

86はトヨタ自動車がスバルと共同開発をした新型車で、2012年の4月に日本で発売が開始されています。スバルのBRZとは兄弟車の扱いとなり、生産はスバルが行い、販売はトヨタ自動車がしています。最初の1年間で26,000台以上を売り上げ、新車販売台数ランキングで30位にランクインした新規車種になります。

2016年7月には初の大規模なマイナーチェンジを行い、MT車では最高出力7馬力・最大トルク0.7kgm向上させたほか、空力・剛性・足まわり・パワートレーンなども刷新しています。ラインアップは4グレードから構成されており、価格は262万円~346万円の設定で、全グレードにマニュアル車も用意されています。BRZに比べると、ドリフトするのに向いているセッティングとなっており、峠を攻めたい方にはおススメです。

86のメリット

①12.4km/Lは立派な数値

走りと環境性能を両立させた新世代水平対向エンジンを搭載した新型86は、6ATでJC08モード12.4km/Lで・6MTで11.8km/Lの低燃費を実現しています。スポーツカーとしてはまずまずの数値となっており、効率の良い運転を意識すればカタログ数値以上を出した例もあります。

実燃費としては約10~15km/Lといった辺りです。アイドリングストップシステムは未搭載なので、発進・停車を繰り返す街乗りでは一気に燃費は悪くなる傾向があります。

②243Lと十分な荷室用量

通常時でラゲッジスペースが奥行き805mm×幅1,080mm×高さ380mmの新型86は、容量は243Lと専用設計の車体を持つスポーツカーとしてはまずまずの広さを確保しています。

トランクスルー構造になっているのでリアシートを倒すと、奥行きは最大で1,540mmまで拡大し、タイヤ4本に加え工具類などの収納も出来ます。また9インチのゴルフバッグだと2個収納可能になっており、実用性は高いです。(リヤシートを倒した状態)

③乗員・歩行者をしっかりと保護

衝突安全性に配慮し、前方からの衝突荷重をサイドシル側とフロアセンター側へとY字型に伝達する構造とした新型86は、衝突安全性に配慮したボディ構造となっており、優れた乗員保護性能を確保しています。また歩行者の安全にも配慮した衝撃吸収ボディーとなっており、事故の被害を最小限に抑えてくれます。

運転席・助手席のSRSエアバッグはもちろんのこと、サイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグの計6個を全車に標準装備しており、もしもの時には乗員をしっかりと守ってくれます。

④ドリフトを楽しむなら86

新型86は基本的なエンジンの構造はスバルのBRZと一緒ですが、サスペンションが前輪が柔らかめ・後輪は固めに設計されており、後輪は滑らせてコントロールを楽しむ事を重視して開発されています。峠でドリフトを楽しみたいなら、86がおススメです。

また全グレードに6速MT・6速ATを用意されており、確かな操作感を楽しみたいならMTがおススメですが、ATも世界最速レベルの変速レスポンスを誇る6-Speed SPDSを採用しており、十分スポーツドライビングを楽しむ事が出来ます。

86のデメリット

①基本的には1~2人乗り

室内(長1,615mm×幅1,490mm×高1,060mm)の新型86は、運転席・助手席はまずまずの広さを確保していますが、後席は足元・頭上空間共に余裕がなく、かなり窮屈な姿勢になってしまいます。短距離移動なら大丈夫ですが、長距離を移動するのは正直きついです。

また後席に座ると頭上にはリアガラスが広がっている状況なので、天気の良い日は直射日光をもろに頭に受けます。基本は1~2人乗りで非常時だけ後席も使用するくらいの使い方がおススメです。

②収納スペースは少なめ

新型86は運転席周りには収納スペースがなく、センターコンソールにスマートフォンが入る程度の小物入れ、真ん中に脱着式のカップホルダーがあるくらいで収納スペースが少ないのは難点です。グローブボックスも奥行きは限られており、車検証ケースくらいしか入りません。

特に後席はサイドのドアポケットにドリンクホルダーなどもなく、使い勝手の面ではあまり良いとは言えません。また真ん中にセンターコンソールはありますが、あくまで肘置きとしてしか使えず、収納スペースは皆無です。

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. 新車情報

    スズキ「バレーノ」の良い点・欠点(5人乗り)価格141万~、燃費24.6km/L、ターボあり

    バレーノは2016年3月に日本で発売が開始された新型車で、生産はインド…

  2. NSXの全体画像

    新車情報

    ホンダ・NSX(新車情報)価格2370万~、燃費12.4km/L

    NSXは2005年12月に初代が生産終了していましたが、10年振りの2…

  3. GT-Rの全体画像

    新車情報

    日産・GT-R(新車情報)価格996万~、燃費8.8km/L

    GT-Rは2007年12月に日本で発売が開始され、スカイラインGT-R…

  4. クラリティ フューエル セル

    新車情報

    ホンダ・クラリティフューエルセル(新車情報)価格766万~、燃料電池自動車

    クラリティフューエルセルは、ホンダで初の量産燃料電池自動車として開発さ…

  5. C-HRの全体画像

    新車情報

    トヨタ新型SUV「C-HR」の良い点・欠点(5人乗り・3ナンバー)HV車は30.2km/Lの低燃費

    新型C-HRは、トヨタが2016年12月に日本で発売が開始したクロスオ…

  6. 新車情報

    マツダ・新型ロードスターRF(新車情報)価格324万~、燃費15.6km/L

    新型ロードスターRFは、先代ロードスターRHTの後継機種の位置付けとし…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. キャストアクティバの前面画像

    ダイハツ

    キャストアクティバ G“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は広いが、荷室は狭め…
  2. トゥインゴの全体画像

    輸入車

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルーフが開閉でき開放的!…
  3. デリカD:5の全体画像

    三菱

    三菱デリカD:5・アクティブギア(外観・内装の評価)3列目はしっかりしたシートで…
  4. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  5. 新型スイフトRStのナビまわり

    スズキ

    新型スイフトRStの試乗記(走り・加速性能)非常に軽快な走り、足回りもいい感じ
PAGE TOP