輸入車

VW「ゴルフトゥーラン」(外観・内装の評価)2列目後部座席はかなり広い

フォルクスワーゲン ゴルフのミニバンタイプとして販売されていうゴルフトゥーランは2015年にフルモデルチェンジをして2代目になっています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの外観

日本では少し遅れて2016年の1月より販売を開始し、安全装備の追加や全長・全幅の拡張による車内空間の拡大で売れ行きは好調の様です。

国内ではミニバン需要が多いので、国産自動車メーカー各社は競い合ってミニバンの販売に力を注いでいますが、外車でのミニバンはかなり限られた車種となってしまいます。

その中でもフォルクスワーゲンのミニバンは国内でも走行している姿を最も良く目にするのではないかと思います。

恐らくその理由としては、フォルクスワーゲンが国内の道路事情にマッチした車格になのもあるのではないでしょうか。

今回は日本の道路事情でも重宝されているフォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン」の試乗をさせていただく為にディーラーに足を運んできました。

ゴルフトゥーランの試乗運転レポへ

試乗車は「ゴルフトゥーラン」TSI Rライン

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのハンドルまわり

今回試乗させて頂いたのはフォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン」のTSI Rラインというグレードです。

このグレードはゴルフトゥーランの中でも最上級グレードになっており、車両本体価格は3,939,000円からとなっています。

このグレードの特徴は迫力を演出するフロントバンパーをはじめ、ディフューザー付リヤバンパーやサイドスカートなどのエアロダイナミクスに満ちたRライン専用のエクステリアを装備していることです。

さらに、18インチアルミホイールやクローム仕上げのデュアルエキゾーストパイプなどが躍動感のある存在感を主張しているので、ダイナミックな走りを連想させる造りになっています。

ボディーカラーはインジウムグレーメタリックというガンメタリック系のカラーでRラインのスポーティーな感じを引き立ててくれる締まったカラーでした。

この他にも6種類のカラーがありますが、私個人としてはピュアホワイトもスポーティーなRラインにはお似合いだと思います。

グレードはRライン以外にもTSIトレンドライン、TSIコンフォートライン、TSIハイラインの全4グレードになっています。Rライン以外の気になる車両本体価格もここで見ておきたいと思います。

(円)TSIトレンドラインTSIコンフォートラインTSIハイラインTRI Rライン
価格284万329万387万393万

ゴルフトゥーランを中古車検索

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの外観

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの全体画像

まずゴルフトゥーランのエクステリアのスタイリッシュなフォルムは誰もが魅了されるポイントだと思います。ボディーサイドのエッジの効いたキャラクターラインはまるで彫刻の様ですね。

各部をみていくと、フロントマスクは現代風のデザインにアップデートして先進性の高いデザインになっています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの前画像

同じフォルクスワーゲンのミニバン「シャラン」が若干旧モデルに近いデザインであるのに対して、ゴルフトゥーランのデザインは1歩進んでいます。

今回のモデルチェンジでは、MPVとしては初めてとなるMQBというプラットフォームが採用されており、旧モデル比62㎏の車体の軽量化をはじめ、ホイールベースが110mm拡大されるなど大きな変貌を遂げました。

その1つとして全高も30mmダウンしており、エクステリアを見た時の印象をよりスポーティーにしています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの後方画像

また、全幅も35mm拡大したことでワイドな印象になり、全体的なフロントフォルムはワイド&ローな印象になっています。

ワイド&ローなゴルフトゥーランには3本ラインのグリルを採用したことで、より精悍な見た目になっています。アンダーグリルも同様に横ラインをワイドに引いていることが更に効果的です。

TSI RラインのヘッドライトはLEDヘッドライトが付いているので、夜間走行の際に白光を放って走行する姿も格好いいですね。

「ゴルフトゥーラン」TSI RラインのLEDヘッドライト

リヤのデザインはフロントのスポーティーなデザインとは違い、ミニバンらしいどっしりとした重量感のあるデザインとなっています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの後方画像

ディフューザー付リヤバンパーとクローム仕上げのデュアルエキゾーストパイプがあることでミニバンの重厚感を少しスポーティーな印象に寄せてくれています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのマフラー

リヤのコンビネーションランプもLEDのラインがアクセントを持たせているので、高級感があって印象をアップしています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのテールランプ

サイドのデザインは存在感のある18インチアルミホイールが切削光輝なクールな質感でRラインの精悍さを引きたてています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのホイール画像

さらにサイドスカートもボディーとの一体感が強く、サイドのアンダー部分だけみたらクーペと勘違いしてしまいそうな精巧な造りです。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの横画像

Rライン専用のエンブレムも特別感を演出しており、デザインのセンスも良く素晴らしいと思います。

ゴルフトゥーランを中古車検索

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの内装

室内はプラットフォームの変更により従来のゴルフトゥーランよりも格段に広くなっています。居住性を重視するミニバンですら、スペースが広くなったのは嬉しいですね。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの運転席画像

まずは運転席から見ていきましょう。シートの素材はマイクロフリースを採用しており、シートカラーはチタンブラックです。前席と2列目左右のみシートヒーターが標準で装備されています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの助手席側画像

ステアリングは3本スポークのシンプルなステアリングデザインですが、ホーン部がかなり小さく作られているので、スッキリとしています。

最近はエアバックの関係でホーン部は大きく作られる傾向が強い中、このつくりは珍しいと思いました。

また、ステアリングについているエンブレムが黒地にシルバーの文字でロゴが描かれており高級感が漂っています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのハンドル

スピードメーターは2連の奥行がある立体的なメーターになっており、真ん中にはインフォメーションディスプレイが配置されています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのメーター画像

センターコンソールは上からナビゲーション、エアコンの操作パネル、安全性能関係の制御スイッチ、ATのシフトノブとオートパーキングスイッチの順で配置されています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのシフトノブまわり

ピアノブラック調にシルバーの金属質な質感とカーボン調を上手く取り入れたデザインとなっており、高級感とスポーティーなアクティブ感が上手く調和しています。

「ゴルフトゥーラン」の2列目

2列目のシートはかなりゆったりしています。スライドドア式のミニバンとして考えると相当な広さです。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの2列目後部座席

膝周りは座った状態でコブシ3.5個分以上は裕にあります。天井もコブシ2~3個分くらいは入る広さを確保しています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの2列目ひざ周り画像

2列目シートは3座独立式を採用しているのでゆったりしていることや、シート可動幅は200mmもあり、シートバックテーブルもついているので快適な居住空間になっています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのシートバックテーブル

「ゴルフトゥーラン」の3列目

3列目への乗り込みはスイングドアが付いているので、ドアを開いて2列目シートを倒しながら前にシートを押してあげると簡単にスペースが確保できて3列目に乗り入れることができます。

乗り込みの開口部もかなり広く確保することが出来るので、足場が安定していて乗り込みやすい作りになっています。

3列目の座り心地は2列目を後ろにした状態で膝周りがシートバックに当たる位です。私の体格が大きいので、160cm前後の女性の方くらいならばコブシ0.5個分くらいは余裕ができると思います。

頭上も天井すれすれなので、大柄な男性だと若干窮屈に思えるかもしれません。でもシートが2座独立式になっているので、幅のスペースはゆったりした印象です。

「ゴルフトゥーラン」の荷室

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの荷室トランク

ラゲッジスペースはバックドアの開口部がスッキリと切り取られた形になっているので荷物の出し入れがしやすいです。

床下にはトノカバーの収納スペースもあるので、無駄がありません。パワーテールゲートになっているので、開け閉めも便利ですね。

3列目シートは5:5で収納することができ、2列目も3席独立で収納することができます。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの2列目格納時の荷室

さらに助手席も前に倒すことが出来るので、サーフボードの様な大きい物を載せることもできちゃいます。

フラットにする操作もレバー一つで簡単にシートを前に倒す事が出来るので、女性1人もらくらくフラットにすることができます。

ゴルフトゥーランの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  2. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの運転席画像
  2. トゥインゴの運転席画像

    輸入車

    トゥインゴの試乗記(走行性能)排気量900ccでもターボでパワフルな走り

    ルノー・トゥインゴを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  3. カングーゼンの全体画像

    輸入車

    ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に3分割されている

    ルノー「カングーゼン」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します…

  4. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり

    MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  5. 5008「GTブルーHDi」の運転席画像

    輸入車

    プジョー5008「GTブルーHDi」の試乗記(走り・加速性能)取り回しが良く女性にも◎

    プジョー5008「GTブルーHDi」を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像

    輸入車

    プジョー「5008」(外観・内装の評価)2列目はゆとりあり、3列目は窮屈

    3列SUVのプジョー「5008」の外観と内装を見てきたので、写真付きで…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの全体画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタムGS(外観・内装の評価)フルフラット可能な荷室
  2. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
  3. 「シャラン」TSIハイラインの全体画像

    輸入車

    VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い
  4. ソリオバンディットの全体画像

    スズキ

    ソリオバンディット・ハイブリッドMV(外観・内装の評価)後部座席はとても広い
  5. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEV(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々
PAGE TOP