新車情報

マツダ・アクセラ(新車情報)価格176万~、燃費30.8km/L

新型アクセラは、2013年11月に日本で発売が開始され現行モデルで3代目になります。毎年のようにマイナーチェンジが行われているアクセラですが、2016年7月にはデザインの変更とともに1.5Lディーゼル車の追加、G-ベクタリングコントロールの投入など大幅改良されています。(2.2Lディーゼル車は同8月)

アクセラの全体画像

ラインナップは、1.5Lガソリン車・1.5Lディーゼル車・2.2Lディーゼル車・2.0L+モーターのハイブリッド車の4モデルから構成されており、11グレードと豊富な品揃えとなっています。
安全面では、先進の予防安全装備i-ACTIVSENSEの搭載により、予防安全性能評価で最高ランクのASV++を獲得・JNCAP衝突安全性能評価でもファイブスター賞を獲得しており、高い安全性能が魅力の1台です。

アクセラのメリット

①HV車は脅威の30.8km/L

1.5L・2.2ディーゼルエンジンを搭載した新型アクセラは、15XDがJC08モード21.6km/L・22XDが19.6km/Lと低燃費を実現しています。ライバル車のインプレッサと比較すると、1.6LでJC08モード18.2km/L・2.0Lで17.0km/Lとなっており、アクセラの方が勝っています。
また2.0Lエンジンと高性能モーターを組み合わせたハイブリッド車では、脅威の30.8km/Lを記録しており、燃費を重視するならアクセラがおススメです。

②安全性能は最高点で第1位

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載した新型アクセラは、平成28年度自動車アセスメント予防安全評価において最高ランクの「ASV++」を獲得、新・安全性能総合評価でも最高ランクのファイブスター賞も獲得しています。

また2016年12月1日の国土交通省による発表では、自動ブレーキによる衝突防止性能の評価結果で、アクセラが最高点で第1位に輝いており、安全性能はピカイチです。(トヨタ、ホンダ、マツダ、富士重工業、スズキの5社11車種が対象)

アクセラハイブリッドの後方画像

③22XDは驚きの42.8kgm

1.5L・2.2ディーゼルエンジンを搭載した新型アクセラは、15XDが最高出力105馬力・最大トルクは27.5kgm、22XDが175馬力・最大トルクは42.8kgmと圧倒的なパワーを誇ります。
ライバル車のインプレッサと比較すると、1.6Lが115馬力・15.1kgm、2.0Lが154馬力・20.0kgmとなっており、アクセラの方がパワフルなスペックです。走りを楽しみたいなら、走行性能に優れたアクセラがおススメになります。

④スポーツにはMT仕様も用意

新型アクセラは、ガソリン仕様には1.5L直列4気筒エンジンを搭載、HV仕様は2.0L直列4気筒エンジンに高性能モーターの組み合わせたものを、ディーゼル仕様には1.5L・2.2L直列4気筒ディーゼルターボを採用しています。今時のコンパクトカーでは珍しいディーゼル仕様を初め、4モデル展開と豊富なラインアップが魅力です。
またスポーツグレードには、根強い人気のあるマニュアル仕様も用意されており、幅広い客層をカバーしています。

⑤364Lと十分な荷室容量

5人乗車時の奥行きが890mm×幅1,025mm×高さ750mmの新型アクセラスポーツは、364Lの荷室容量を確保しており、9.5インチサイズのゴルフバッグを3個載せる事が出来ます。(セダンは419L・HV車は319L)
リアシートを倒すと奥行きは最大で1,720mmまで拡大し、大きな荷物でも沢山載せられます。またトランクフロアとシートに段差も生じない作りになっているので、使い勝手も良いのも嬉しいポイントです。

アクセラを中古車検索

アクセラのデメリット

①後席は足元・頭上共に余裕なし

室内(長1,845mm×幅1,505mm×高1,170mm)の新型アクセラは、一回り小さいデミオにそれぞれ+40mm・+60mm・-40mmといった程度でお世辞にも広いとは言えません。特に後席が狭く子供が乗る分には良いですが、大人の男性だと足元・頭上空間共に余裕がなく圧迫感があります。
ライバル車のインプレッサと比較してみても、室内(長2,085mm×幅1,520mm×高1,20mm)となっており、全ての項目で劣っています。

②バックモニターは必須か

全(長4,470mm×幅1,795mm×高1,470mm)の新型アクセラは、扱いやすいボディーサイズに抑えてあるのですが、デザイン性を重視したためかあまり視界は良いとは言えません。前方視界ではフロントのボンネット部分が長く、見切りは良くありません。また三角窓も付いておらず、右左折時には注意が必要です。
側・後方視界では、サイド・リアガラスの面積が小さく、死角になる部分が生じます。出来ればバックモニターは、付けておいた方が無難かもしれません。

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. GT-Rの全体画像

    新車情報

    日産・GT-R(新車情報)価格996万~、燃費8.8km/L

    GT-Rは2007年12月に日本で発売が開始され、スカイラインGT-R…

  2. クラリティ フューエル セル

    新車情報

    ホンダ・クラリティフューエルセル(新車情報)価格766万~、燃料電池自動車

    クラリティフューエルセルは、ホンダで初の量産燃料電池自動車として開発さ…

  3. 新車情報

    マツダ・新型ロードスターRF(新車情報)価格324万~、燃費15.6km/L

    新型ロードスターRFは、先代ロードスターRHTの後継機種の位置付けとし…

  4. C-HRの全体画像

    新車情報

    トヨタ新型SUV「C-HR」の良い点・欠点(5人乗り・3ナンバー)HV車は30.2km/Lの低燃費

    新型C-HRは、トヨタが2016年12月に日本で発売が開始したクロスオ…

  5. 新車情報

    スバル・インプレッサ(新車情報)価格192万~、燃費18.2km/L

    新型インプレッサは、2016年10月に2.0L車が1.6L車は2016…

  6. 新車情報

    スズキ「バレーノ」の良い点・欠点(5人乗り)価格141万~、燃費24.6km/L、ターボあり

    バレーノは2016年3月に日本で発売が開始された新型車で、生産はインド…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  2. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEV(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々
  3. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. デリカD:5の全体画像

    三菱

    三菱デリカD:5・アクティブギア(外観・内装の評価)3列目はしっかりしたシートで…
  5. ホンダ

    オデッセイハイブリッド・アブソルートEXパッケージ(外観・内装の評価)3列目もゆ…
PAGE TOP