新車情報

ホンダ・NSX(新車情報)価格2370万~、燃費12.4km/L

NSXは2005年12月に初代が生産終了していましたが、10年振りの2016年8月に復活しています。初代モデルはMT車が800万円・AT車が860万円といった価格設定でしたが、新型NSXは3倍の2,370万円と国産スポーツカーでは唯一の2,000万円の大台を突破しています。

NSXの全体画像

もちろんグレードアップしたのは価格だけでなく、スペックはシステム最高出力は581馬力・最大トルクは65.9kgmと世界のスポーツカーに肩を並べるくらいになっています。3.5Lツインターボエンジンに3つのハイブリッドシステムを組み合わせており、JC08モードでは12.4km/Lとスポーツカーなのに燃費も良いのも魅力の1台です。

NSXのメリット

NSXの正面画像

①12.4km/Lは立派

3.5Lツインターボエンジンに3つのハイブリッドシステム(SPORT HYBRID SH-AWD)を組み合わせて搭載した新型NSXは、JC08モードで12.4km/Lの低燃費を実現しています。平成27年度燃費基準+10%・平成17年排出ガス基準50%低減レベルを達成しています。

スポーツカーとしてはかなり良い数値となっており、国産スポーツカーでライバル車のGT-Rは8.8km/Lとかなりの差をつけています。

②581馬力・65.9kgmは脅威

高出力を発揮する3.5L V6 ツインターボエンジンと3基のモーターとの組み合わせた新型NSXは、システム最高出力は581馬力、システム最大トルクは65.9kgm と圧倒的な走行性能を実現しています。
最高速度は308km/hで0-100km/h到達タイムは、わずか3.0秒と世界でもトップレベルの加速性能を誇ります。GT-Rは320km/h・2.7秒なので加速性能はやや劣りますが、アメリカのカーメディアモータートレンドが行ったサーキットでのタイムアタックではNS-Xが勝っており、コーナリング・安定性では一歩リードしています。

③4つの走行モードを完備

インテグレーテッドダイナミクスシステムにより4つの走行モードを備えた新型NSXは、センターコンソールにあるダイヤルスイッチを操作して切り替えるとエンジン・モーター・トランスミッション・足回りなどの設定が変化します。
走行モードには、静粛性を目的にしたQUIET・走りと燃費をバランスさせたSPORT・ワインディング走行に適した俊敏かつ力強い走りのSPORT+・サーキット仕様のTRACKが用意されおり、シーンに合わせた走りが楽しめます。

④安全性能はピカイチ

新型NSXは、8つの超音波センサーで周囲の障害物を検知して警告してくれるパーキングセンサーシステム・空気圧が低下したら車輪位置と共に警告してくれるタイヤ空気圧警報システムなどを備えており、ドライバーの運転をサポートしてくれます。
また優れた衝突安全性を実現したスペースフレーム構造を採用したほか、フロント・サイド・カーテン。ニーの7つのエアバッグを標準装備するなど安全装備も充実しており、もしもの時でも心強いです。

NSXのデメリット

NSXの後方画像

①GT-Rより割高な設定

車両本体価格は2,370万円とついに2,000万円台を突破した新型NSXは、初代NSXは800万円超えだった事を考えると、3倍以上の設定です。国産スポーツカーのGT-Rと比較するとエントリーグレードは996万円と半額以下の設定で、最も高いNISMOでも1,870万円となっています。
もちろん性能・装備が異なるため一概には比較出来ませんが、同等程度のスペックという事を考えると、やや割高な感は否めません。

②トランクは初代の半分

フロントセクションにハイブリッド関係のシステムなどを収納した新型NSXは、ラゲッジスペースは車体後部だけとなっており、容量は限定的です。初代NSXはゴルフバッグが2個積めましたが、新型は小さなゴルフバッグならかろうじて1個積めるレベルで、容量は半分程度しかありません。
また床面は左右にトランスミッションの出っ張りがあり、フラットなフロアではないのもやや残念なところです。その点GT-Rはゴルフバッグは2個程度は積めるので、使い勝手も良い車種になります。

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. C-HRの全体画像

    新車情報

    トヨタ新型SUV「C-HR」の良い点・欠点(5人乗り・3ナンバー)HV車は30.2km/Lの低燃費

    新型C-HRは、トヨタが2016年12月に日本で発売が開始したクロスオ…

  2. 新車情報

    スバル・インプレッサ(新車情報)価格192万~、燃費18.2km/L

    新型インプレッサは、2016年10月に2.0L車が1.6L車は2016…

  3. フリード

    新車情報

    新型フリード(新車情報)価格225万~、燃費27.2km/L

    フリードを中古車検索新型フリードのメリット①室内長は旧型よ…

  4. 新車情報

    トヨタ・86(新車情報)価格262万~、燃費12.4km/L

    86はトヨタ自動車がスバルと共同開発をした新型車で、2012年の4月に…

  5. アクセラの全体画像

    新車情報

    マツダ・アクセラ(新車情報)価格176万~、燃費30.8km/L

    新型アクセラは、2013年11月に日本で発売が開始され現行モデルで3代…

  6. 新車情報

    マツダ・新型ロードスターRF(新車情報)価格324万~、燃費15.6km/L

    新型ロードスターRFは、先代ロードスターRHTの後継機種の位置付けとし…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. RVR『アクティブ・ギア』の全体画像

    三菱

    三菱RVR『アクティブギア』(外観・内装の評価)若干窮屈な後部座席
  2. エスクード全体画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、…
  3. トゥインゴの全体画像

    輸入車

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルーフが開閉でき開放的!…
  4. 「シャラン」TSIハイラインの全体画像

    輸入車

    VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い
  5. インプレッサ正面画像

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-S(外観・内装の評価)後部座席はかなり広い
PAGE TOP