新車情報

ホンダ・クラリティフューエルセル(新車情報)価格766万~、燃料電池自動車

クラリティフューエルセルは、ホンダで初の量産燃料電池自動車として開発された新型車になります。日本での発売は2016年3月に開始されており、トヨタのミライから15ヶ月遅れたデビューとなっています。ラインアップは1グレードのみで、価格は766万円~の設定です。

クラリティ フューエル セル

燃料電池車で初の5人乗りとなっており、室内の居住性が高いく使い勝手が良い事と、走行可能距離が750kmと1回の充填でしっかりと走れるのが魅力です。ライバル車のミライは、個人向けにも発売されていますが、クラリティフューエルセルは2017年4月現在では、官公庁や関連業界へのリースのみとなっており、残念ながら一般ユーザーへの販売はされておらず、早期の個人向け販売が待たれます。

クラリティフューエルセルのメリット

①走行可能距離は750kmと十分

70MPaの高圧水素貯蔵タンク(タンク容量が141L)を搭載した新型クラリティフューエルセルは、一充電あたりの走行可能距離はJC08モードベースで750kmと燃料電池自動車でトップクラスの低燃費を実現しています。(新規格のステーションなら810km)

クラリティ フューエル セルの正面画像

ライバル車のミライは、タンクは122.4Lと18.6L容量が小さい事もあり、走行可能距離は650kmとなっています。ライバル車を大きく上回っており、燃費面を重視するならクラリティフューエルセルがおススメです。

②燃料電池車で初の5人乗り

年長電池パワートレーン全体をエンジンルームに納めることに世界で初めて成功した新型クラリティフューエルセルは、室内(長1,950mm×幅1,580mm×高1,160mm)と優れた居住性を確保しています。

ライバル車のミライと比較すると、室内(長2,040mm×幅1,465mm×高1,185mm)とスペックだけみるとミライの方が大きそうに感じますが、乗車定員はミライが4人に対し、クラリティフューエルセルは5人乗る事が出来ます。

③ホンダセンシングを標準搭載

ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたホンダセンシングを標準装備する新型クラリティフューエルセルは、車両だけでなく歩行者にも対応するプリクラッシュブレーキ・車線内を走行出来るように支援してくれる車線意地支援システムなど優れた予防安全性能を備えています。

クラリティ フューエル セルの横画像

この他にも高速走行時などに重宝する渋滞追従機能付きのアダプティクルーズコントロールも付いており、長距離ドライブ時も楽チンなのも嬉しいポイントです。

④荷室容量はミライ+35Lの394L

ラゲッジスペースが通常奥行き410mm×幅1,330mm×高さ620mmの新型クラリティフューエルセルは、9.5インチのゴルフバッグが3個載せられ、394Lの荷室用量を確保しています。(上段奥行きは670mm)トランク内に水素タンクが収納されている関係で段差はありますが、使い勝手は悪くありません。

ライバル車のミライと比べると、容量は361Lと35Lクラリティフューエルセルの方が大きくなっています。

クラリティフューエルセルを中古車検索

クラリティフューエルセルのデメリット

①ミライより45万円も高い

車両本体価格が766万円の新型クラリティフューエルセルは、同じ量産燃料電池車でライバルにあたるミライと比較すると、45万円程度高い設定となっています。もちろん装備・性能が違うので一概に言えませんが、価格差以上のお得感があるかといわれると正直微妙なところです。

クラリティ フューエル セル

価格だけで言えばレクサスGS・ベンツEクラスなどの高級車と同等になりますが、内装や装備面では圧倒的に差があり、そこら辺が割り切れないなら止めた方が良いかもしれません。

②水素ステーションは91ヶ所

新型クラリティフューエルセルは、一回あたりの水素充填が3分程度とガソリン車の給油と変わらない時間ででき、優れた使い勝手を実現しています。しかし肝心の水素ステーションが2017年1月現在で、17都道府県に79ヶ所しか整備されていません。(計画中も入れると20都道府県)

計画中のステーションが12ヶ所あり、全部で91ヶ所になる予定ではありますが、それでも設置のない都道府県の方が多いのが現状です。燃料電池自動車を検討している方は、事前にお住まいの地域に水素ステーションがあるのかをまずチェックしたほうが良さそうです。

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. アクセラの全体画像

    新車情報

    マツダ・アクセラ(新車情報)価格176万~、燃費30.8km/L

    新型アクセラは、2013年11月に日本で発売が開始され現行モデルで3代…

  2. 新車情報

    スバル・インプレッサ(新車情報)価格192万~、燃費18.2km/L

    新型インプレッサは、2016年10月に2.0L車が1.6L車は2016…

  3. CX-5の全体画像

    新車情報

    マツダ「CX-5」の良い点・欠点(5人乗り)ディーゼル燃費18.0km/L、246万円~

    新型CX-5は2016年12月に日本で発売が開始したクロスオーバーSU…

  4. NSXの全体画像

    新車情報

    ホンダ・NSX(新車情報)価格2370万~、燃費12.4km/L

    NSXは2005年12月に初代が生産終了していましたが、10年振りの2…

  5. GT-Rの全体画像

    新車情報

    日産・GT-R(新車情報)価格996万~、燃費8.8km/L

    GT-Rは2007年12月に日本で発売が開始され、スカイラインGT-R…

  6. C-HRの全体画像

    新車情報

    トヨタ新型SUV「C-HR」の良い点・欠点(5人乗り・3ナンバー)HV車は30.2km/Lの低燃費

    新型C-HRは、トヨタが2016年12月に日本で発売が開始したクロスオ…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. 新型N-BOXの全体画像

    ホンダ

    新型N-BOXカスタムG・Lターボ(外観・内装の評価)4人乗車でも広い荷室
  2. レガシィーアウトバック・リミテッドの全体画像

    スバル

    アウトバック・リミテッド(外観・内装の評価)後部座席は広く、横幅もゆったり
  3. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  4. フォレスターの全体画像

    スバル

    フォレスター・X-BREAK(外観・内装の評価)随所にオレンジのアクセントカラー…
  5. トゥインゴの全体画像

    輸入車

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルーフが開閉でき開放的!…
PAGE TOP