スバル

新型フォレスター(外観・内装の評価)ゴルフバックが横置きできる広い荷室

スバル・新型フォレスターの外観と内装を見てきたので、写真付きでたっぷりご紹介します。

フォレスターX-BREAKの外観

1年に1回のフルorマイナーチェンジを忠実に行い、進化することを留めないスバルがフォレスターの4回目フルモデルチェンジをしました。

1997年から20年以上親しまれているフォレスターは「森をはぐくむ物」という名前の由来の様に、毎年モデルチェンジをしてフォレスターをはぐくんでいます。

スバル・フォレスターは、シンメトリカルAWDが採用されたクロスオーバーSUVですが、車高が低く重心も低いうえに高出力なエンジンとの組み合わせで、オフロードでもオンロードでも高い走破性を確保した見どころの多い車の1つです。

今回はモデルチェンジ直後の5代目フォレスターの展示車と試乗車で2グレードを拝見させて頂きました。

「新型フォレスターTouring」運転レポへ

試乗車はフォレスターTouring

今回試乗させて頂いたのはフォレスターのツーリングというグレードです。展示車にはオレンジのラインが特徴的で人気のあるX-ブレ-クもありましたので一緒に見せて頂きました。

フォレスター・Touring(ツーリング)は、2.5L水平対向4気筒DOHC16バルブデュアルAVCS直噴エンジン搭載のAWD(常時前輪駆動)で、最高出力は184ps/5,800rpm、最大トルクは24.4kgf・m/4,400rpmです。

水平対向エンジンと左右対称のパワートレーンで構成されたAWDシステムで重心位置が低く、前後左右の重量バランスに優れた構造が様々な道で安定した走りと深い安心感がフォレスターの走りの最大の魅力ともいえます。

今回試乗したツーリングはフォレスターの中ではベースグレードという位置づけとなっており、標準装備としてX-MODE、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ、電動パーキングブレーキ、ステアリングヒーター、シートヒーター、アイサイト、サイドビューモニター、アクティブ・トルク・ベクタリングなどが装着されています。

展示されていたX-ブレークにはLEDフォグランプ、本革ステアリング、ルーフレールなどの装備が加わる他にオレンジの加飾が様々な部位に施されていました。

とにかくオレンジのアクセントが特徴的で、好みが分かれるグレードではありますね。

試乗車ツーリングのボディーカラーはジャスパーグリーンメタリックという深い緑の落ち着いたカラーでした。

展示車のX-ブレークはクリスタルホワイトパールでオーソドックスな安定のホワイトです。フォレスターのカラーは豊富な全9色のラインナップとなっています。

フォレスターのグレードは全4グレードの構成となっており、他にプレミアムとハイブリッドのアドバンスいうグレードがあります。

フォレスターの価格帯は2,808,000円からとなっており、一番高いハイブリドのアドバンスでも3,099,600円と価格帯が詰まっています。

各グレードの詳細な価格は以下で見ておきましょう。

フォレスターのグレード別価格表(円)

グレード価格
ツーリング280万
プレミアム302万
X-ブレーク291万
アドバンス309万

フォレスターを中古車検索

フォレスターX-BREAKの外観(エクステリア)

フォレスターX-BREAKの外観

フルモデルチェンジした5代目のフォレスターは、プラットフォームが新型になっており、ボディーサイズも全長4625mm、全幅1815mm、全高1715(1730)mm、ホイールベース2,670mmと旧型より全長15mm、全幅20mmホイールベース30mm拡大しています。( )はXブレーク

モデルチェンジしても先代との違いが一見では分かりにくく、キープコンセプトな感じが強いですが、今回のモデルチェンジを一言でいうと「筋肉質に肉体改造」と言った感じです。

フォレスターX-BREAKの外観・正面画像

その一因になっているのはフロントグリルとフォグランプ周りの違いですね。

グリルは先代フォレスターよりも大きくデザインしていることと、フォグランプ周辺をブラックにしていることで、バンパーのカラード部分が少なくなっていることで、締まった様に見えるのです。

ヘッドライトも若干高さを縮めているので、シャープな目つきになっただけでなく、ポジションランプもコの字状のヘッドライトを縁取った様なデザインで流行に乗った感じになっています。

シルバーの加飾の使用も増えており、大きな違いは無いけども好印象です。

フォレスターX-BREAKの外観・横画像

フォレスターX-BREAKのサイドは直線的であった先代のプレスラインから、フェンダーの張り出しが強調される曲線的なデザインに進化しており、お尻が締まった躍動感のあるデザインになっています。

フォレスターX-BREAKの外観・後方画像

フォレスターX-BREAKのリアデザインは、リアコンビネーションランプのデザインが正方形に違いコンパクトなデザインから長方形デザインの存在感のあるサイズに変更されており、アウトバックなどのデザインに似せています。

リアデザインの印象は今までのボテッとした重そうな印象から、締まって速そうな印象に大きく変わっています。

X-BREAKの17インチホイール

フォレスターX-BREAKの外観・ホイール画像

X-BREAKのアルミホイールは、17インチのダークメタリック塗装+切削光輝で雪の結晶の様なデザイン性の高いホイールを採用しています。

フォレスターのホイールはグレードによって全てデザインが違い、どれもデザインは良さがあって甲乙付け難いです。

X-BREAKのルーフレール

フォレスターX-BREAKの外観・斜め後方画像

試乗車にはついていませんが、展示車のX-BREAKにはルーフレールが標準装備でついています。

フォレスターはSUVなのでルーフレールが付いていると格好良くなりますね。

外観はフロントから見ると大きな違いが分かりにくいですが、細かく見てみると進化している点が多く、スバルの細かいこだわりが伝わってきます。

フォレスターを中古車検索

フォレスターTouringの内装(インテリア)

フォレスターTouringの運転席画像

今回のフォレスターのインテリアは今までのフォレスターのデザインから一変して直線的で近未来的なデザインに進化しています。

内装はブラック基調でトリムレザーによる加飾やベゼルによる加飾で上質な印象を強めています。

シートはツーリング用のファブリック/トリコット+合成皮革シートとなっており、このグレードにはパワーシートはメーカーオプションになっています。

座った感じはお尻がしっかりと沈み込んで安心感があります。

ワインディングやオフロードでも流れることがなく安定感がありそうなシートです。

フォレスターTouringのハンドル

フォレスターTouringのハンドル

フォレスターのステアリングは3本スポークの本革巻きステアリングホイールで、シフトレバーも本革巻きとなっています。

ステアリングヒーターが標準装備になっているので、冬のヒヤッとしたハンドルの感覚も我慢しなくて大丈夫です。

パドルシフトなので、ステアリングから手を離さずにマニュアル感覚のシフト操作が楽しめます。

フォレスターTouringの操作パネル

電動パーキングブレーキなので、スイッチ一つで作動・解除ができるだけでなく、発進時はアクセル操作で解除になる便利な機能です。

フォレスターTouringのシフトノブ

センターコンソールにはシフトノブ、電動パーキングブレーキスイッチと並んでX-MODEの切り替えスイッチが付いています。

4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで悪路からのスムーズな脱出を実現するX-MODEに新たに2モードタイプを採用しています。

通常のオンロードではノーマルを選択しますが、雪道や砂砂利などの滑りやすい道の走行では「SNOW・DIRT」モード、深雪やぬかるみなどのタイヤが埋まってしまうような道では「DEEP SNOW・MUD」モードに設定します。

フォレスターTouringのメーター

フォレスターTouringのメーター

フォレスターTouringのメーターは、丸2連メーターで中央にインフォメーションディスプレイを配置したオーソドックスなデザインです。

このインフォメーションディスプレイにはウエルカム演出やデジタルスピードメーター、車線逸脱警報、燃費が表示されます。

フォレスターTouringのナビモニター

センターパネルにはマルチファンクションディスプレイが装備されているので、インフォメーションディスプレイには走行に関係する表示のみに留めています。

マルチファンクションディスプレイはスバルの車には多用されており、ヘッドランプや先進安全機能の作動状況、各種燃費情報など車両の様々な情報を6.3インチの大型ディスプレイに表示しています。

Touringの後部座席

フォレスターTouringの後部座席

フォレスターの後席空間は高さがあるのでゆったりとしています。

足元も大柄な私が座っても窮屈な感じはありません。前のシートは最大で後ろに下げていても大丈夫です。

乗る時もフォレスターはドア上方が大きく開くので、頭や体が通り易く自然な姿勢で乗り降り出来るほか、広い開口部でチャイルドシートや大きな荷物の出し入れにも便利です。

後部座席は、空間だけに留まらず装備も充実しています。

後席にUSB電源を標準装備しており充電できるだけでなく、フロントシートの背面にポケットがあるのでスマートフォンやタブレッドを収納することができます。

Touringの荷室(ラゲッジルーム)

フォレスターTouringの荷室(後部座席 使用時)

フォレスターの荷室スペースは520Lという大容量を確保しています。

開口部最大幅1300mで幅広なので大きな荷物も傾けることなく積み下ろしができます。

ゴルフバックが横置きにできてしまう程のスペースはSUVであっても中々ありません。

フォレスターTouringの荷室(後部座席 格納時)

フォレスターのシートアレンジは、後部座席が6:4分割可倒式になっているので荷室を自在に広げることができます。

後部座席はラゲッジルーム側からもスイッチ操作で簡単に前に倒すことが出来るので女性でも楽々操作できます。

「新型フォレスターTouring」運転レポへ

【5人乗り】フォレスター燃費16.0km/L、価格241万~

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い

関連記事

  1. XVの全体画像

    スバル

    スバルXV・2.0i-Sアイサイト(外観・内装の評価)後部座席はゆったり広い

    スバルXV2.0i-Sアイサイトの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  2. レヴォーグSTIスポーツの運転席シート

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ試乗記(走り・加速性能)安定したコーナリング

    スバル・レヴォーグSTIスポーツを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  3. クロスオーバー7の運転席画像

    スバル

    クロスオーバー7・2.5Lの試乗記(走り・加速性能)50km/hまでスーッと加速

    スバル・クロスオーバー7 2.5iアイサイトを実際に試乗運転してきた感…

  4. フォレスターの全体画像

    スバル

    フォレスター・X-BREAK(外観・内装の評価)随所にオレンジのアクセントカラー

    スバルの代表的なクロスオーバーSUV「フォレスター」。フォレスターは全…

  5. レガシィーアウトバック・リミテッドの全体画像

    スバル

    アウトバック・リミテッド(外観・内装の評価)後部座席は広く、横幅もゆったり

    スバル「レガシィ アウトバック・リミテッド」の外観と内装を見てきたので…

  6. インプレッサの運転席

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-Sの試乗記(走り・加速性能)実燃費は16.0km/L前後

    スバル・新型インプレッサスポーツ2.0i-Sを実際に試乗運転してきた感…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない
  2. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像

    輸入車

    VWゴルフ TSI Comfortline Tech Edition(外観・内装…
  3. ホンダ「インサイト」EXの全体画像

    ホンダ

    インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分
  4. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い
  5. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
PAGE TOP