輸入車

カングー・ゼン試乗記(走り・加速性能)1,200ccながらターボで加速の良い走り

ルノー・カングーゼンを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

カングー・ゼンの運転席画像

ルノー・カングーゼンの外観・内装レポへ

カングー・ゼンの走行性能

では早速カングーに乗り込んでみます。座ってみて先ず感じることは視界の良さです。

フロントガラスが大きいので、視界が凄くいいですね。まるでスクリーンを見ている様な感覚になります。

カングー・ゼンのフロントガラス

視界に加えて、ファブリックシートの座り心地も最高です。包み込まれている様です。

腰回りも若干の突起があるので、背中の形状にしっかりフィットしてくれています。いつまでも座っていたい欲求に駆られてしまいます。

ルノー・カングーゼンのハンドルまわり

走行はどうかというと、1200㏄と普通車にしては些か小さいエンジンなので、走りに不安をもって状態で試乗をしましたが、ターボが低回転域からしっかり効いているので、不安要素は解消されて、しっかり車を引っ張ってくれます

試乗は私と妻と営業マンの3人でしたが、大人が3人乗車しても負担がかかっている様な印象は受けません。

6速EDCが適切なポジションに入っているので、本当に加速が良い走りができるのです。

ルノー・カングーゼンのシフトノブ

この位の力を出してくれるのであれば、登坂などでも力不足の心配はなさそうに感じますね。

カーブではハンドリングの気持ち良さが際立っていました。

ハンドルと切り込むと車が優しく曲がっていくので、ラインを気持ち良く辿ることができます。

ルノー・カングーゼンの運転席画像

最初乗り込んだ時には、インテリアがコンパクトカーの様に若干チープな印象があったので、走りにもそういったチープさが表れてしまうかなと不安がありましたが、走りに関しては、1200㏄クラスよりもワンランクもツーランクも上のクラスの走りにも劣らないと思います。

カングー・ゼンのセル画像

ただ走行時のエンジン音はしっかり中に入り込んできます。

ドアの重みもあまりなく、もしかしたら遮音材などもあまり使われてないのかなと感じます。

静かな走行を楽しみたい方にとってはあまり満足していただけない可能性が高いです。

カングーを中古車検索

カングーの安全性能

カングーの安全装備は国産車によく見られる「自動ブレーキ」などの先進の安全装備は装着されていませんが、万が一の事故の際に被害を軽減する安全装備をメインに装備しています。

カングーゼンの全体画像

乗員の保護の観点ではエアバックが標準で充実しています。

フロントのエアバックは今や標準が当たり前ですが、カーテンエアバックなどは今でもオプションになることは珍しくありません。

カングーでは「フロントエアバック」「フロントサイドエアバック」「カーテンエアバック」が標準で装備されています。

カングー・ゼンの室内画像

さらに「アンチサブマリン機構」で衝突時にエアバックが開くことで瞬時にシート座面の前方がせりあがり、乗員がシートベルトの下に潜り込むサブマリン現象を防ぐことができます。

走行時の安全装備としては「EBD」(電子制御制動力配分システム)と「ABS」を採用しています。

さらに「EBA」(緊急時ブレーキアシストシステム)により、制動時における高い予防安全性を確保しています。

ルノー・カングーゼンの後方画像

また、タイヤが滑りかける状況を検知し、車両の進路を安定させるESC(横すべり防止装置)を標準装備しています。

悪路においては「エクステンデッドグリップ」という、適切な駆動力を確保する為の走行モードが備わっており、スイッチ一つでシステムを作動させると、トルクと制動力を最適に制御することにより駆動力を確実に地面に伝えスムーズで安定した走りをサポートします。

ルノー・カングーのタイヤ画像

最後に坂道発進で役立つ「ヒルスタートアシスト」が装備されています。

坂道発進時にはブレーキ力を自動的に2秒間維持して発進操作をアシストしてくれます。

満員乗車で急坂発進すると重みで下がってしまいますが、これがあれば安心して坂道発進できますね。

カングーを中古車検索

カングーの燃費と実燃費

カングーの燃料はハイオク仕様になっています。

ここで既に燃料単価が高くなってしまうのですが、実燃費でいうと今回試乗した7㎞の道のりでは12.2㎞/Lでした。

ルノー・カングーの助手席画像

カングーのJC08モードは14.7㎞/Lなので、実燃費で見るとかなり良い印象です。

ちなみに高速道路の走行が多い方などの実燃費はJC08モードの14.7km/Lを超える燃費を叩きだすとサービスマンはおっしゃっていました。

やはり6速EDCトランスミッションは2組のクラッチシステムでエンジンからの出力をスムーズかつ効率的よく路面に伝えてくれるので、シームレスな加速を実現しており、燃費削減にも貢献しているのでしょう。

さらに、制動時に減速エネルギーを再利用することにより電気エネルギーの消費を最適化する「エナジースマートマネジメント(ESM)」や、燃費抑制に貢献するドライブモード「ECOモード」、停止時にエンジンが停止・再始動する「ストップ&スタート機能」も低燃費に貢献しています。

1,200㏄でありながら2,000㏄並みのトルクを実現した走りと低燃費を両立したカングーは魅力的ですね。

カングーを中古車検索

カングー・ゼンの試乗記まとめ

ここまでルノーの主力車種でもあるカングーを見てきました。

カングー・ゼンの正面画像

カングーはデザインに特徴がある車なので、私も今まで一度も興味を示してこなかったのですが、実際に触れて試乗してみると、この車をこよなく愛すマニアの気持ちが少し理解できた様に思えます。

フランス人の志向の一つに「不必要な所にはお金をかけない」という考えがあります。

カングーもインテリアにはあまりお金をかけていませんが、車の肝でもある走行性能にはしっかりとしたこだわりを詰め込んでいるのです。

いかにもフランスらしい車、ルノーカングーに興味を持った方は、是非ルノーのお店に足を運んでみて欲しいと思います。

ルノー・カングーゼンの外観・内装レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. トゥインゴの全体画像

    輸入車

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルーフが開閉でき開放的!

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」の外観と内装を見てきたので画像つき…

  2. カングーゼンの全体画像

    輸入車

    ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に3分割されている

    ルノー「カングーゼン」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します…

  3. 「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの運転席画像

    輸入車

    「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの試乗記(走り・加速性能)高速道路や長距離走行でも疲れにくい

    フォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインを実際に試乗運転…

  4. 「シャラン」TSIハイラインの運転席画像

    輸入車

    VW「シャラン」TSIハイラインの試乗記(走り・加速性能)1.4Lターボで伸びのある力強い加速

    VW「シャラン」TSIハイラインを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  5. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像
  6. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり

    MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきで…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. カムリ・ハイブリッドの画像

    トヨタ

    カムリ・ハイブリッドG(外観・内装の評価)後部座席は大人3人でも広い
  2. インプレッサ正面画像

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-S(外観・内装の評価)後部座席はかなり広い
  3. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
  4. ランドクルーザーの正面画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6L(外観・内装の評価)3列目は足元が窮屈、2列目は広い
  5. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像

    スズキ

    スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
PAGE TOP