輸入車

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの試乗記(走り・加速性能)高速道路や長距離走行でも疲れにくい

フォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの運転席画像

ゴルフトゥーランの外観・内装レポへ

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの走行性能

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの外観

一通りゴルフトゥーランを見せてもらったらお楽しみの試乗です。今回試乗したゴルフトゥーランは1.4LのTSIエンジンを搭載しており、従来のトゥーランをよりも出力をアップした次世代エンジンになっています。

なぜパワーアップしたかと言うと、エンジンのシリンダー内に必要な量だけ直接燃料を噴射する直噴技術と、効率良く多量の空気を送り込む過給機の2つが組み合わさった「直噴+過給」システムにより優れた燃焼効率と高トルクを発揮しています。

小型の水冷式インタークーラー付ターボチャージャーを搭載しているこのTSIエンジンの最高出力は150PS/5,000~6,000rpmとなっており、最大トルクは25.5kgf・m/1,500~3,500rpmを発揮しています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのハンドルまわり

前置きをしっかりサービスマンから学んでから試乗したので、少し洗脳状態になっていたかもしれませんが、1.4Lとは到底思えない様な、アクセルを踏むと前に突き出す様な良い走り出しでした。

道路に出て直線の加速も足を軽くアクセルにのせているだけでスムーズに加速するのは癖になりそうです。

国道に出してもらい、さらに加速を60km/h以上まで引っ張ってみるとオートマチック車とは思えない滑らかな加速です。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの後方画像

その理由は紛れもなく「7速DSGトランスミッション」の働きによるものでしょう!2つのクラッチを持った7速DSGトランスミッションは切れ目のない滑らかな加速を実現しています。

このトランスミッションはオートマチックと同じ操作でレーシングドライバー並みのシフトチェンジを可能にしており、さらに高い伝達効率により燃費向上にも貢献しているのです。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのシフトノブまわり

新世代エンジンとトランスミッションが組み合わさったゴルフトゥーランの乗り心地に不満が出る訳がありませんよね。

私も2,400ccのミニバンを個人的に所有していますが、それよりもゴルフトゥーランの方が断然よいですね。

ドイツ製のフォルクスワーゲンがアウトバンの様な長距離走行での疲労が溜りにくいという噂は聞いたことがありますが、実際にシートに座ってみてその理由を会間見た気がします。

まずシートは体にしっかり馴染んでくれて、お尻や腰も違和感なく座り心地は抜群です。さらに握っているステアリングの本革もカサカサしておらず、手にしっかり馴染む感じで握り心地が良いですね。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのハンドル

ハンドルは質感だけでなく、操舵性も文句なしです。ちょっとした走行の修正も意のままに操舵でき、車体がワイド&ローで走行安定性も良いので、高速道路や長距離走行でも疲れにくいと思います。

だた少しだけちょっときになるのがロードノイズですね。風の音や外の雑音がしっかりシャットアウトできているだけに、ロードノイズだけが少し耳障りになります。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのホイール画像

また、ミラーがミニバンにしては少し小さい様に感じました。方向転換をする時の後方確認に少し難がありますね。

ロードノイズやミラーのことを加味してもゴルフトゥーランのこの加速や安定性と疲労のし難さは本当に魅力的だと思います。

ゴルフトゥーランを中古車検索

「ゴルフトゥーラン」の安全装備

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの前画像

ゴルフトゥーランは全てのグレードにプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」を標準装備しているだけでなく、数々のセーフティー機能を装備しています。

まずゴルフトゥーランの安全性能は大きくわけて3つの分かれており、事故を起こさせない「予防安全」と、万が一の事故のダメージを軽減する「衝突安全」、事故が起きた後の被害を軽減する「二次被害軽減」となっています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの後方画像

まず予防安全では17項目の安全性能を搭載しており、最初に名前があがった「プリクラッシュブレーキシステム“フロントアシスト”」の他に、「渋滞時追従支援システム“トラフィックアシスト”」や「アダプティブクルーズコントロール“ACC”」、「レーンキープアシストシステム“レーンアシスト”」「駐車支援システム“パークアシスト”」などが装備されています。

衝突安全では、7項目が装備されており、「9エアバック」「高剛性ボディー」などでダメージの軽減を図っています。

さらに二次被害防止では「アクティブボンネット」「ポストコリジョンブレーキシステム」「エマージェンシーストップシグナル」が発生した事故の被害をおさえます。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの横画像

今回は多くの安全装備の中から、渋滞時追従支援使システム「トラフィックアシスト」と駐車支援システム「パークアシスト」、「リヤトラフィックアラート」をみていきたいと思います。

まず「トラフィックアシスト」ですが、渋滞時のストレス軽減に非常に役立っています。ドライバーが予め設定した間隔を先行車との間で保ち、走行レーンを維持することができます。

「トラフィックアシスト」をオンにすると渋滞時やストップ&ゴーが多い状況においてシステムが自動的にアクセル、ブレーキおよびステアリングを制御してくれるので疲労軽減にもつながっています。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの運転席周り

次に駐車支援システム「パークアシスト」は入庫から出庫までの駐車の一部始終をサポートしてくれる、駐車が苦手な方にとっては心強い機能です。

縦列駐車や車庫いれの時に、駐車スペースの検出とステアリング操作を自動で行い、駐車をサポートするシステムです。

さらに縦列駐車から発進する際にも自動でステアリング操作を行い、発進をサポートしてくれるのです。

ドライバーはシステムガイドに従い、アクセル、ブレーキ、シフト操作を行うだけなのです。

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのシフトノブ

最後に出庫時の後方の安全確認をサポートしてくれる「リヤトラフィックアラート」を紹介します。

こればバックで出庫する際の安全性大幅に高めるシステムで、駐車位置から後進で発生する場合、リヤバンパーに内蔵したレーダーセンサーにより車両後方の交通状況をモニタリングしています。

死角から接近してくる車両を検知した場合は警告音にてドライバーに注意を促します。ドライバーが反応しない場合やブレーキが不十分な場合は自動的にブレーキを作動させるのです。

これらをはじめてとするゴルフトゥーランに搭載された安全性能は欧州のユーロNCAPで最高レベルの5スターが証明してくれています。

ゴルフトゥーランを中古車検索

「ゴルフトゥーラン」の燃費・実燃費

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインのメーター画像

今回試乗させて頂いたゴルフトゥーランは試乗10kmに対して走行時の実燃費は10.1km/Lでした。

ゴルフトゥーランのカタログに記載されているJC08モード燃費は18.5km/Lなので、燃費達成率は54.6%と少し低い印象ですね。

ゴルフトゥーランにはブルーモーションテクノロジーというエネルギーを無駄なく効率的に利用する先進技術を搭載しています。

自動的にアイドリングをストップして低燃費に貢献するスタート/ストップシステムは停車してブレーキを踏み続けるとエンジンが停止し、ブレーキから足を離すとエンジンが再始動します。

国産車の場合、ストップする前に事前にアイドリングを切る様な物もあるので、この点は若干劣る部分もあると思います。

さらにブレーキエネルギー回生システムで車の減速エネルギーを効率良く電力に変換します。

これらの技術を詰め込んでいるのでもう少し実燃費はJC08モード燃費に近い数値になるのではと期待をしていただけに10.1km/Lと言うのは些か残念ではありますね。

ゴルフトゥーランを中古車検索

「ゴルフトゥーラン」TSI Rライン試乗記まとめ

「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの全体画像

今回はフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランに試乗しました。エクステリア、インテリア共に質感が高く満足できる内容となっていました。

走行性能も1.4Lのエンジンを搭載しているとは思えないほどの加速と走行安定性で運転は楽しく癖になる様な車でした。

しかしながら燃費は18.5km/LのJC08モードからすると10.1km/Lの実燃費はちょっと引っかかりますね。

ただ個人的な感想としては、それ以上に走行性能と運転の楽しさが勝っているので、おススメできる1台だと感じました。

中々スタイリッシュなミニバンが無い中で、ゴルフトゥーランは魅力的ですね。もし興味が起きた方は是非フォルクスワーゲンのお店へ足を運んで見て下さい。

ゴルフトゥーランの外観・内装レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. カングー・ゼンの運転席画像

    輸入車

    カングー・ゼン試乗記(走り・加速性能)1,200ccながらターボで加速の良い走り

    ルノー・カングーゼンを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  2. 「シャラン」TSIハイラインの運転席画像

    輸入車

    VW「シャラン」TSIハイラインの試乗記(走り・加速性能)1.4Lターボで伸びのある力強い加速

    VW「シャラン」TSIハイラインを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり

    MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  4. MINIクロスオーバー・クーパーDの運転席画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)ディーゼル性能の良さに感動

    MINIクロスオーバー・クーパーDを実際に試乗運転してきた感想を書きた…

  5. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像

    輸入車

    プジョー「5008」(外観・内装の評価)2列目はゆとりあり、3列目は窮屈

    3列SUVのプジョー「5008」の外観と内装を見てきたので、写真付きで…

  6. 「シャラン」TSIハイラインの全体画像

    輸入車

    VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い

    VW「シャラン」TSIハイラインの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. ランドクルーザープラドの画像

    トヨタ

    ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ“(外観・内装の評価)3列目は補助席のよ…
  2. セレナe-POWERハイウェイスターVの外観画像

    日産

    セレナe-POWERハイウェイスターV(外観・内装の評価)3列目もゆったり広い
  3. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
  4. イグニスの画像

    スズキ

    イグニス・ハイブリッドMZ(外観・内装の評価)後部座席は狭いけど、運転席は開放的…
  5. パッソの全体画像

    トヨタ

    パッソ X“L package・S”(外観・内装の評価)後部座席はゆとりあり
PAGE TOP