マツダ

新型CX-5・XDプロアクティブ(外観・内装の評価)5人フル乗車でもゴルフバックが4つ入る

マツダCX-5・XDプロアクティブの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

ここ数年、独自のコンセプトを打ち出し、メキメキと支持層を獲得し続け増やしているマツダ。

マツダは次世代エンジンのクリーンディーゼルがヒットして売れ行きも好調です。

そのマツダの主力車種でもあるCX-5がモデルチェンジして話題になっています。

CX-5・XDプロアクティブ・2.2Lディーゼルの全体画像

営業マン曰く、販売台数は当初目標の7倍も売れているとのこと。私もモデルチェンジ前からクリーンディーゼルのCX-5がとても気になっていました。

そんなCX-5をマツダが1日無料で貸してくれるというのだから太っ腹です。

そんなチャンス逃す手はありません、さっそく申し込んで憧れのCX-5を思う存分堪能しちゃいました。

1日借りて色々な場所を思い思いに走ってみると色々な発見がありました。今日はそんな話も盛り込みながらCX-5の試乗レポートをしていきます。

CX-5・XDプロアクティブの試乗運転レポへ

試乗車はCX-5・XDプロアクティブ

今回試乗させていただいたのは、マツダCX-5のXDプロアクティブで2.2Lディーゼルエンジンの4WDです。車両本体価格は3,229,200円でディーゼル車では中間グレードです。

CX-5・XDプロアクティブ・2.2Lディーゼル後方画像

ボディーカラーはマシーングレープレミアムメタリックで、シックなグレーのメタリック塗装が上品で大人な感じを醸し出しています。車体の曲線が1本なので美しく、ボディーの色もこの1本の線を境に光の加減で違った印象の色にみえます。

CX-5はディーゼルの他にもガソリン車もあり、4WDのみならず2WDもありますので、それぞれの販売価格を見てみましょう。

価格20S20S
プロアクティブ
25S
Lパッケージ
XDXD
プロアクティブ
XD
Lパッケージ
2WD246万268万298万277万300万329万
価格25S25S
プロアクティブ
25S
Lパッケージ
XDXD
プロアクティブ
XD
Lパッケージ
4WD268万291万321万300万322万352万

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。

CX-5を中古車検索

CX-5・XDプロアクティブの外観

インパクトがあるフロントマスク、マツダ車全てにおいて言えることですがグリルが大きい。中でもCX-5は車体が大きいので、フロントグリルもひときわ大きく見えるので格好いいです。ただマツダのエンブレムはもう少し小さくてもいいかなって思います。

CX-5・XDプロアクティブ・2.2Lディーゼル正面画像

ヘッドランプは切れ長のデザインでシャープです。ハイ&ロービーム単眼式のLEDヘッドランプです、LEDなので白色光で非常に見やすく、省電力にも貢献しています。驚きなのはこれが全車標準装備ということです。

CX-5ディーゼルの横画像

フォグランプもLEDですが、かなり小さいデザインです。営業マンに聞いたところ、ヘッドライトだけで視認性は保てるので、フォグランプはあくまでもアクセサリー程度の装備に留まっているそうです。

私が試乗した4WDにはリアフォグも標準装備で付いています。これが付いているとSUVっていう感じになりますね。

CX-5ディーゼルのリアフォグランプ

アルミホイールは切削加工のガンメタリック色の19インチアルミです。大きなサイズのCX-5にはこの位大きなアルミサイズがしっくりきています。単調なデザインがシンプルでCX-5のボディーデザインを引き立てています。

アンテナはシャークフィンアンテナ、これも全車標準装備の様です。

CX-5・XDプロアクティブ・2.2Lディーゼルのアンテナ

リアデザインはフロントデザインと同様に一目でマツダ車と認識できるデザインです。コンビネーションランプは緩やかな三角形で全体的にシンプルに仕上がっています。ハッチがボタン一つで電動で開け閉めできる所が、高級車っぽさを感じます。

CX-5・XDプロアクティブ・2.2Lディーゼル後方画像

ボディーカラーは全8色です。私が行ったディーラーにはソウルレッドクリスタルメタリックもおいてありましたが、ワインレッドの落ち着いたカラーでした。CX-5のカラーは全てシックな落ち着いたカラーリングで明るい色はありません。

CX-5ディーゼルの全体画像

マツダ車の塗装は「匠塗」といってこだわりがあるようです。私が乗ったマシーングレーププレミアムメタリックは、職人の手業に迫るリアルな金属感を表現して、機械の持つ精緻な美しさの追求をテーマに、鉄を削り出した様なリアルな金属質感を実現しています。

CX-5を中古車検索

CX-5・XDプロアクティブの内装

運転席に座った感じは、シートに包み込まれるようなフィーリングでスペースも広々しています。運転席のパワーシートは10wayなので調整が細かくできます。

CX-5・XDプロアクティブの運転席画像

さらに、自分のポジションをキーに記憶させておけば、開錠時に自動的にそのポジションにセットします。このシートには2WDならば運転席に、4WDならば助手席にもシートヒーターを搭載しています。

視認性は車高が高いので視点も高くていいです。ドアミラーの位置が他車の車と比べてかなり手前に設置されており、ドアミラー部についています。左右の前方視界が広く取れています。

CX-5・XDプロアクティブのインパネ周り

アクセルペダルはちょっとした工夫が施されており、前輪を前方に移動して足を自然に伸ばした位置にペダルを配置しています。これはマツダが考える人間中心設計で作りこむ車との上質な一体感を実現する為の一環です。この配置は長時間の運転でも疲れにくいです。

またアクセルペダルもオルガン式なので、踏み込むと足とペダルが同じ軌道を描くため、フロアに付けたかかとがずれにくく、とてもコントロールしやすいです。

パーキングブレーキは電動なので手元で楽に操作できます。解除も発進の為にペダルを踏み込めば解除されます。また停止時ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持できる「オートホールド」も付いているので、信号待ちでも便利です。

CX-5・XDのシフトノブ

スピードメーターは3連メーターで見やすく、オーソドックなデザインですがスタイリッシュなデザインです。フロントガラスにアクティブドライビングディスプレイが投影されるので、スピードやルート案内表示、標識も表示してくれるので便利です。

センターについているマツダコネクトは5万円でデータを入れればナビとしても使用できます。その他ソフトウエアをアップデートできるので、常に最新のサービスを利用できます。

CX-5・XDのモニター

インターネットラジオの受信、ハンズフリー機能、ナビゲーション、音楽を聴くなど様々な用途で使用でき、操作も手元のジョグや音声認識で視線をそらさず安全に操作することができます。

 

スピーカーはBOSEサラウンドシステムを搭載しているので、トランクにはウーハーが搭載されています。ツィーターがピラーについているので、重低音もしっかり効いた音楽を車内で楽しむことができます。

CX-5ディーゼルのスピーカー

後部座席もゆったりとしています。大柄な私でもゆったり広々と座れました。

CX-5・ディーゼル後部座席

CX-5ディーゼル後部座席の足元スペース

リアのアームレストにはUSB端子が2つ付いているので携帯電話の充電や携帯ゲーム機の充電にも便利です。

CX-5ディーゼルのUSB端子

ボトルフォルダーがアームレストに2つ、ドアポケットにもあるので収納性もいいです。シートバックポケットも付いているので雑誌などの収納もできます。

CX-5のドアポケット

後席でもリクライニング機構を採用しており、シートもウレタン特性の最適化とともに下半身の形状に沿った立体的な形状で包み込まれるので、長時間のドライブも疲れにくく快適です。

シートアレンジは4:2:4分割可倒式シートバックなので、オーソドックスなフルフラットから、珍しいアレンジでアームレストだけ倒すことも可能です。アームレストだけ倒せばスキー板やボードなどを積んでも4人乗車でゲレンデに行けます。

CX-5の後部座席シートアレンジ

荷室は5人乗車時でもゴルフバック4つが入る505Lの大容量です。12Vの電源ソケットもあるので使い勝手がいいです。

CX-5ディーゼルの荷室

CX-5・XDプロアクティブの試乗運転レポへ

【5人乗り】新型CX-5のメリット・デメリット(欠点)

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. マツダ・アクセラの運転席画像

    マツダ

    アクセラ15XD Lパッケージの試乗記(走り・加速性能)ショックが少なく走りはスムーズ

    マツダ「アクセラ1.5XDディーゼル」を実際に試乗運転してきた感想を書…

  2. CX3のメイン画像

    マツダ

    CX-3・20Sプロアクティブ(外観・内装の評価)運転席は座り心地がよいが、後部座席は若干窮屈

    マツダCX-3・20Sプロアクティブの外観と内装を見てきたので画像つき…

  3. CX-8の運転席

    マツダ

    CX-8・XDプロアクティブの試乗記(走り・加速性能)走行時の力強さと燃費の良さを両立

    CX-8・XDプロアクティブを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思…

  4. CX-5ディーゼルのハンドル

    マツダ

    CX-5・ディーゼル4WD(5人乗り)の試乗記(走り・加速性能)カーブでも安定走行で、酔いにくい

    マツダCX-5ディーゼル4WDを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと…

  5. マツダCX-3の運転席画像

    マツダ

    マツダCX-3「20Sプロアクティブ」の試乗記(走り・加速性能)ディーゼルの実燃費は17.6km/L…

    マツダCX-3「20Sプロアクティブ」を実際に試乗運転してきた感想を書…

  6. CX-8の全体画像

    マツダ

    CX-8 XD proactive(外観・内装の評価)3列シートで6・7人乗り

    マツダCX-8 XD proactiveの外観と内装を見てきたので写真…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. ランドクルーザーの正面画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6L(外観・内装の評価)3列目は足元が窮屈、2列目は広い
  2. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり
  4. 新型ヴォクシーの全体画像

    トヨタ

    ヴォクシーZS(外観・内装の評価)2列目ロングスライドでかなり広い
  5. 新型デイズルークスの全体画像

    日産

    新型デイズルークス(外観・内装の評価)後部座席は前後にスライドでき広い
PAGE TOP