輸入車

ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルーフが開閉でき開放的!

ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

フランスパリで信頼と実績を積み上げているルノー、歴史ある建築と現代アートが溶け合うこの国で、個性的なスタイリングで認められている車が「トゥインゴ」なのです。

トゥインゴの全体画像

現在のトゥインゴは3代目となり、メルセデスベンツとの提携によってエンジンレイアウトが従来のFFから一転してRRになっているところも面白ポイントになっています。

エクステリアは近年のルノーのデザインアイコン「サイクル・オブ・ライフ」に則っており、往年の名車ルノー5の印象を強く感じます。

エンジンも1000ccのNAと900ccのターボと小さいながらも、その小さな排気量を感じさせない力強さがまた一つの魅力として加わっています。

そんなルノーのトゥインゴの魅力をもっと深く掘り下げて見たくなり、ルノーの販売店に足を運んで試乗させて頂きました。

トゥインゴの試乗運転レポへ

試乗車はトゥインゴ・インテンスキャンバストップ(ターボ900cc)

今回試乗させて頂いたトゥインゴはルーフの開閉が可能なインテンスキャンバストップで価格は2,040,000円からとなっています。

エンジンは900ccのターボチャージャー付直噴3気筒エンジンです。最高出力は90ps/5,500rpmで最大トルクは13.8kgm/2,500rpmとなっています。

特徴としては国産車ではあまりお目にかかることが少ないRR駆動です。後ろにエンジンを設置して後輪が駆動するタイプなので、非常に小回りが利くところが魅力の一つです。

エンジン自体も小さいですが、ターボチャージャーの効果もあり低回転域から最大トルクを発生させるところが特徴で、近距離の走行や市街地走行でもメリハリをつけた走行が楽しめそうですね。

トゥインゴのボディーカラーは全5色となっており、オーソドックスなホワイトのブランクリスタル、明るい黄色のジョンエクレールや情熱的な赤色のルージュフラムM、スポーティーな青色のブルーメディテラネM、そして今回の試乗車は晴天の空の様なブルートラジェというカラーでした。

トゥインゴは他にもインテンスキャンバストップの他にもインテンスやゼン、GTというグレードもあります。それぞれ気になる価格をみておきましょう。

(円)ゼンインテンスインテンスCTGT
EDC180万194万204万239万
5MT177万229万

トゥインゴを中古車検索

トゥインゴ・インテンスCTの外観

それではローレンス・ヴァン・デン・アッカーが提唱するルノーのデザインアイコン「サイクル・オブ・ライフ」に則ったトゥインゴのエクステリアを見ていきましょう。

トゥインゴの正面画像

「トゥインゴのボンネットを開けて下さい!」って言われたら、9割以上の方は迷った挙句開けられないのではないでしょうか?

トゥインゴのボンネットはフロントグリルの一部を2か所引っ張って鍵穴とレバーを露わにしてからボンネットを上げるのではなく、手前にスライドさせます。

トゥインゴのボンネット

この開閉手法をとっている車は私が知っている限りはトゥインゴのみです。

フロントマスクは3種類のライトが特徴的で、上からハロゲンのヘッドライト、中段がLEDのポジションランプ、そして下段がフォグランプになっています。

トゥインゴのフォグランプ

ポジションランプだけがLEDで少しアンバランスな感じがありますが、全てLEDにすることもオプションで可能です。

左右のヘッドライトをグリルでつなぐ特徴的なデザインテイストは往年の名車ルノー5と良く似ています。

リアデザインはハッチバックで可愛らしいデザインです。一見だけだとメルセデスベンツのスマートフォーフォにも良く似ています。

トゥインゴの後方画像

ブラックをベースとしたハッチバックにルノーのロゴとトゥインゴの文字が比較的大きくはいります。

ルーフスポイラーがついていることでデザイン性を更に高めていますね。リアの下を覗きこんでみると横置きのマフラーがレトロな感じです。

トゥインゴの横画像

サイドのデザインは15インチのアロイホイール‘ARGOS’が装着されています。

トゥインゴのホイール

アロイホイールも中々聞き慣れない言葉だと思いますが、アルミホイールを同じです。アロイ=合金という意味ですが、外車ではよく使用されてワードです。

デザインは6本スポークで切削光輝だからスポーティーに仕上がりますね。サイドプロテクションモールもブラックがアクセントになっており、コンパクトカーに出てしまうチープ感を和らいでいます。

トゥインゴのリア画像

ボディーのサイドラインも標準で付いていますが、お好みのテカールにオプションで替えることもできます。オシャレなパリジャンに愛され続けているトゥインゴなので、個性的にきめたいところですね。

後部ドアはCピラーへのヒデゥンタイプにしたことによりパッと見た感じは3ドアにも見える様なデザインになっています。

トゥインゴの後部座席ドアノブ

トゥインゴのルーフ

そしてトゥインゴ・インテンスキャンバストップで一番のポイントはルーフが開くところです。車内のスイッチ一つでルーフ全体が大きく開きます。開き具合もお好みで調整できるのが嬉しいです。

トゥインゴのサンルーフ

触ってみるとクロスでできている様で、素材を聞いてみたところ防水素材で作られているそうです。耐久性は強いとのことですから雨漏りとかの心配は当然ありません。

トゥインゴのサンルーフを後ろ側から見た画像

キャンバストップを空けて走行すれば、オープンカー気分で心地良い風が車内に入ってきます。晴れの日は全開にしてドライブがしたいです。開閉も約10秒程度なので急な雨でも濡れることなく閉めることができます。

小さくて可愛いトゥインゴですが、随所にオシャレポイントが散りばめられており、デザイン性の高さをマジマジと感じさせられました。

トゥインゴを中古車検索

トゥインゴ・インテンスCTの内装

車内を見てみるとシンプルの一言ですが、その中にもデザイン性の高さを感じるパーツも多くありました。

まず車内のサイズはエンジンを後部に設置したことにより全長を100mm短縮しながらも車内長は130mmも延長させています。

トゥインゴの運転席画像

車内の印象の大半を占めるインストゥルメントパネルはボディーカラーと同様のブルーインテリアでまとめられています。シートもインテリアカラーとコーディネートされています。

トゥインゴの助手席側画像

ステアリングはチルトするレザーステアリングです。カラーコーディネートされたスポークも可愛らしくなっています。

トゥインゴのハンドル画像

スイッチ類は国産車とは違い、ステアリング周りに配置されているのでゴチャゴチャしていません。

トゥインゴのハンドル横画像

握った感じはレザーが割と柔らかいので、握りやすくて個人的は好きな感触です。ステッチの感じもいいですね。

シフトノブも握りやすいポップな丸い形状のレザーシフトノブを採用しています。シフトノブのベースがプラスチック製で少しチープな感じが出てしまっているのが少し残念です。

トゥインゴのシフトノブ

シフトノブと接する所にセンターコンソールボックスが配置されています。蓋付きの小物入れで蓋もトレーとして使用できます。こちらもボディーカラーとのコーディネートになっています。

トゥインゴのコンソールボックス

ラジオが標準装備です。ここにナビをオプションで装着することもできますが、サイズの関係上7インチナビしか入れることが出来ないそうです。

トゥインゴのラジオ

多くの方はナビの変わりにスマートフォンをスマートフォンクレードルに入れて使うみたいです。

トゥインゴのエアコンパネル

メーターはドライバーの正面に配置されたシンプルで見やすいです。外車なのでトゥインゴの様にコンパクトカーでも200km/hまで表示されて様になっています。

トゥインゴのメーター

シートはファブリックシートです。コンパクトカーのシート何てと侮るなかれ、シートの腰の部分が盛り上がっており、座った時の腰の負担が凄く軽減されています。シート形状もドライバーを包み込み様に出来ておりクォリティーの高さを感じます。

トゥインゴの前席シート

トゥインゴの後部座席は窮屈

後部座席の空間は若干窮屈です。特に気になるのはヘッド周りです。175cm以上身長がある方はかなり窮屈に感じることでしょう。

トゥインゴの後部座席

頭はルーフに当たってしまいます。救いなのは、ニールームがゆったりとしているので、足は前席シート下に逃がせます。

トゥインゴの後部座席シートの足元

それにしても窮屈さは気になるポイントでしょう。大人4人での乗車は難がありますね。

後部の窓はスライド式ではありませんので、ほんの喚起程度にしかならないと思います。

トゥインゴの窓の開閉

荷室はエンジンが詰まっているので、通常時の利用では174L程度となっており、あまり多くを収納することができません。

ただし、リアシートを倒して助手席も倒すことにより980Lまで広げることが可能です。

トゥインゴの荷室

1人で出かける方であれば長い荷物やアイテムなどを積み込んで出かけることも可能です。大人数でワイワイ出かけると言うよりは1人や2人で出かけるのに適したクルマだと思います。

トゥインゴの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様

関連記事

  1. MINIクロスオーバー・クーパーDの運転席画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)ディーゼル性能の良さに感動

    MINIクロスオーバー・クーパーDを実際に試乗運転してきた感想を書きた…

  2. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像
  3. 5008「GTブルーHDi」の運転席画像

    輸入車

    プジョー5008「GTブルーHDi」の試乗記(走り・加速性能)取り回しが良く女性にも◎

    プジョー5008「GTブルーHDi」を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  4. 「シャラン」TSIハイラインの運転席画像

    輸入車

    VW「シャラン」TSIハイラインの試乗記(走り・加速性能)1.4Lターボで伸びのある力強い加速

    VW「シャラン」TSIハイラインを実際に試乗運転してきた感想を書きたい…

  5. トゥインゴの運転席画像

    輸入車

    トゥインゴの試乗記(走行性能)排気量900ccでもターボでパワフルな走り

    ルノー・トゥインゴを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

  6. カングー・ゼンの運転席画像

    輸入車

    カングー・ゼン試乗記(走り・加速性能)1,200ccながらターボで加速の良い走り

    ルノー・カングーゼンを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり
  2. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. SX-4 Sクロスの全体画像

    スズキ

    SX-4 S-CROSS(外観・内装の評価)後部座席は広め、リクライニングできる…
  4. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎
  5. フォレスターX-BREAKの外観

    スバル

    新型フォレスター(外観・内装の評価)ゴルフバックが横置きできる広い荷室
PAGE TOP