輸入車

VWゴルフ TSI Comfortline Tech Edition(外観・内装の評価)後部座席の足元は狭い

VWゴルフ TSI Comfortline Tech Editionの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像

フォルクスワーゲンを代表する車種「ゴルフ」の外観・内装をご紹介します。

ゴルフと言えば世界の車種別歴代総生産台数では第2位であり、累計総生産台数は3000万台を突破している車です。

日本にも初代のモデルより継続して輸入されている車なので、日本で一番馴染みが深い外車なのではないでしょうか?

現在のゴルフ2012年にモデルチェンジした7代目となっており、昨年マイナーチェンジした後もその人気は衰えることがありません。

今日はそんなフォルクスワーゲンの名車でありゴルフの魅力を試乗して感じてきました。

VWゴルフの試乗運転レポへ

試乗車は「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Edition

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの運転席画像

今回試乗したゴルフはTSIコンフォートラインテックエディションです。価格は2,999,000円で、グレードとしては下から3番目のグレードです。

このグレードの特徴は、デジタルメータークラスターや純正ナビなどを標準装備にしているところで、LEDヘッドライトや17インチ専用アルミホイールもパッケージングされています。

エンジンは1,200ccのターボエンジンを搭載しているので、低回転より太いトルクを感じることができる力強いエンジンです。

重量も1,240㎏と軽いので、1200ccでも十分な加速を得られます。

最高出力は105ps/4,500~5,500rpmで最大トルクは17.8kgf・m/1,400~4,000rpmとなっています。

ゴルフのボディーからーは全8色となっており、今回のゴルフはピュアホワイトでした。

白系のカラーは他にもあり、オプションカラーのオリックスホワイトマザーオブパールエフェクトとホワイトシルバーメタリックの全3色です。

その他、トルネードレッドやアトランティックブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、ターメリックイエローメタリック、タングステンシルバーメタリックがありますが、どのカラーもメタリックで落ち着いた輝きを放っています。

今回のTSIコンフォートラインテックエディションは299万円ですが、ゴルフはグレードが多く、他のグレードも気になるところです。気になるグレードと価格をここでみておきましょう。

グレード名価格(円)
TSIトレンドライン253万
TSIコンフォートライン279万
TSIコンフォートラインテックエディション299万
TSIハイライン331万
TSIハイラインテックエディション349万
GTI405万
GTE469万
e-ゴルフ499万
R565万

VWゴルフを中古車検索

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのエクステリア(外観)

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの前方画像

フロントマスクはフォルクスワーゲンの中では先端と走っている現代風の造りになっており、ワイド&ローな印象を与えるデザインです。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのヘッドライト

ヘッドライトはLEDを採用しており、外側からセンターのグリルの方に向けて絞り込んだデザインと、高さを絞り幅を薄くしたグリルとが相まっているところが魅力を感じます。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの正面画像

グリルもシンプルにシルバーのラインを1本入れて、中心に存在感のあるVWのロゴを配置している所もいいですね。

ボディーのサイドはエッジをきかせたキャラクターラインが入っており、美的センスが高い仕上がりになっています。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのホイール

ホイールは17インチのホイールを採用していますが、光沢のないシルバーのホイールなので質感はあまり高く感じません。

グレードはあまり高いグレードではありませんが、ゴルフの洗練されたデザインであれば切削光輝の光沢の強いホイールを採用して欲しかったですね。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのリア画像

リヤデザインもフロントと同様にワイド&ローな印象を強く与えています。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのコンビネーションランプ

コンビネーションランプもシンプルでゴルフのボディーの美しさを妨げないのでいいですし、オーソドックスな中にもラインで上手く美しさを表現しているところがフォルクスワーゲンの凄さですね。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの後方画像

エクステリアを見ていて思ったのが、ゴルフは隙間が少ないのが良くわかります。

営業マンにも聞いてみましたが、ゴルフはフロントドアとボディーの隙間は3㎜しかなく、フロントドアとリアドアの隙間も5mmしかないそうです。これって静粛性にも大きく影響するのでしょうね。

VWゴルフを中古車検索

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのインテリア(内装)

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの室内画像

ゴルフのインテリアは大まかには大衆車の様な雰囲気を残しつつ、所々に先進の技術や上質感を散りばめた面白さを感じさせる物でした。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの前席画像

まずはシートから見てみましょう。チタンブラックのシートで素材はスエードです。座ってみるとお尻が若干深くなっているのでしょうか?包み込まれるような感じがして座り心地が良いです。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのハンドル

ハンドルはレザーマルチファンクションステアリングホイールで握った感触は硬いという感触よりは滑らかといった方がよいのでしょうか、とても握りやすくて持ちやすいハンドルです。

このクラスのステアリングはパドルシフトも付いているので、減速時に手元でエンブレが出来るので便利です。

メーターはテックエディションだから付いているアクティブインフォディスレイで、ディスプレイの中にスピードやタコメーターが付いている他、ナビの地図もこのディスプレイに映し出すことができるのです。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのセンターパネルまわり

センターパネルはガンメタ調で暗すぎない感じがして室内をよい雰囲気にしていると思います。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのシフトレバー

シフトレバーもシルバーを交えてマシン的な要素を強くしています。

パーキングブレーキは電子式のパーキングブレーキを採用しており、オートにしておけば停止の度に設定・解除をしてくれるので、手の操作いらずで足を休ませることができるので、ストレスを軽減できます。

ダッシュボードにいれているラインや、ドアハンドルに使用している光沢のないシルバー加飾はアルミニウムの質感が強くて、こちらもマシン的な感じがして格好いいです。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Edition後方のエアコン吹き出し口

リヤシートはセンターの膝元あたりにエアコンの吹き出し口があり、後部に中々届き難いエアコンの送風をダクトを使用して行っています。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの後部座席

シート自体はあまり幅がありませんし、足元も決してスペースがある訳ではありませんが、空間として捉えた時に、凄く狭いと言った印象はありませんでした。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの後部座席に座った時の足元

ラゲッジルームは通常時で380Lの容量がありますので、それなりの大きさを確保しています。

後部座席が6:4で倒せるので、全て前に倒すと1270Lまで容量を増やすことができます。

「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの荷室

VWゴルフの試乗運転レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様

関連記事

  1. 「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの運転席画像

    輸入車

    「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの試乗記(走り・加速性能)高速道路や長距離走行でも疲れにくい

    フォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインを実際に試乗運転…

  2. カングーゼンの全体画像

    輸入車

    ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に3分割されている

    ルノー「カングーゼン」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します…

  3. トゥインゴの全体画像

    輸入車

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルーフが開閉でき開放的!

    ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」の外観と内装を見てきたので画像つき…

  4. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像

    輸入車

    MINIクロスオーバー(外観・内装の評価)後部座席は横幅広めでゆったり

    MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  5. 5008「GTブルーHDi」の運転席画像

    輸入車

    プジョー5008「GTブルーHDi」の試乗記(走り・加速性能)取り回しが良く女性にも◎

    プジョー5008「GTブルーHDi」を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. 「シャラン」TSIハイラインの全体画像

    輸入車

    VWシャラン(外観・内装の評価)後部座席の3列目もそこそこ広い

    VW「シャラン」TSIハイラインの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. ヴェゼルRSの全体画像

    ホンダ

    ヴェゼルRS(外観・内装の評価)後部座席は狭くない、荷室は広い
  2. デリカD:5の全体画像

    三菱

    三菱デリカD:5・アクティブギア(外観・内装の評価)3列目はしっかりしたシートで…
  3. エルグランドの全体画像

    日産

    エルグランド350ハイウェイスター(外観・内装の評価)3列目まで広くてゆったり
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像

    ホンダ

    インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分
  5. インプレッサ正面画像

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-S(外観・内装の評価)後部座席はかなり広い
PAGE TOP