ダイハツ

キャストアクティバ G“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は広いが、荷室は狭め

ダイハツ「キャストアクティバG SAⅢ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

今日試乗しようとしているダイハツ・キャストアクティバは、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発された軽自動車のクロスオーバーSUVです。

キャストアクティバの前面画像

キャストはアクティバの他に、レトロ調をモチーフにしているキャストスタイルや、専用サスペンションでチューンナップしているスポーツテイストのキャストスポーツがあります。

今日は女性にも人気が高い、キャストアクティバに試乗しにダイハツへお邪魔しました。

燃費も低燃費でスタイルもカワイイと評判のキャストアクティバの実力をしっかり調査してきます。

キャストアクティバ G“SAⅡ”を試乗運転レポへ

試乗車はキャストアクティバ・G“SAⅡ”

今回試乗したのは、キャストアクティバのG“SAⅡ”というグレードです。

ノンターボ車で可愛らしいホイールがアクセントになっています。

エンジンは水冷直列3気筒の660cc、馬力は52PSで最大トルクは6.1㎏・mです。

軽自動車なのであまりパワーはありませんが、車両重量が840㎏しかないので十分です。

ボディーカラーはトリコオレンジメタリックという濃いめのオレンジで、幅広い年齢層に受け入れられそうなカラーリングです。

キャストアクティバは他にも2つのグレードがありますので、金額も紹介したいと思います。

価格(円)Gターボ“SAⅡ”G“SAⅡ”X“SAⅡ”X
2WD151万141万128万122万
4WD164万154万141万135万

キャストを中古車検索

キャストアクティバ・G“SAⅡ”の外観

キャストアクティバのエクステリアをみてみます。アクティバはクロスオーバーSUVなので可愛らしいキャストの味付けと、SUVのワイルドなゴツさが上手く融合したデザインになっています。

キャストアクティバの側面画像

車の高さもSUVなので1630㎜となっており、キャストスタイルと比べても30㎜高く作られています。

ヘッドライトは丸目の可愛らしいデザインでBi-Angle LEDヘッドランプなので1灯でハイビームとロービームを切り替えるライトを採用しています。

このライトが優れもので、乗車人数や荷物による沈み込みでも、照射軸を上下方向に自動調節する機能も備えています。

キャストアクティバのヘッドライト

フォグランプも可愛らしさを強調する丸型のLEDフォグランプにメッキバンパーガーニッシュをまとったデザインになっています。

キャストアクティバのフォグランプ

キャストの中でアクティバと見分ける一番分かりやすいポイントにもなっている、フロントバンパーとリアバンパーのアンダーガードです。

凹凸のあるデザインでこのアンダーガードがあるからSUVらしさが更に引き立てられます。

リアのデザインもフロントデザインと共通してライトは丸目で統一しており、可愛らしさを残しています。

車高を高めにしてリアアンダーの隙間を大きくしているのでSUVらしさがしっかりとアピールされています。

キャストアクティバの後方画像

リアのコンビネーションランプはインナーレンズを立体的に配置することで、奥行きのある印象的なデザインになっています。

アルミホイールはアクティバ専用の15インチアルミが装着されています。ブラック基調のアルミで、周囲はシルバーで縁取られいるモダンなデザインになっています。

格好良すぎない程度に抑えて、可愛らしさを薄れさせないようにという配慮が感じられます。

キャストアクティバのホイール

キャストを中古車検索

キャストアクティバ・G“SAⅡ”の内装

キャストアクティバのインテリアは、ボディーカラーと同色のインテリアアクセントカラーをメーカーオプションで付けることができます。

試乗車もこのオプションが装着されており、トリコオレンジメタリックがブラック基調の内装に良いアクセントになっています。

アクセントカラーは、ダッシュボート、ドアのソフトパット、エアコンの吹き出し口に施されており、割合も多すぎず少なすぎず丁度良い加減になっています。

ステアリングは革巻チルトステアリングホイールで、メッキオーナメントとシルバー加飾が施されています。

加飾されることでワイルドな印象が与えられており、ステアリングスイッチもゴチャゴチャしていないので良いですね。

キャストアクティバのハンドル

エアコンの吹き出し口もセンターコンソールと運転席側/助手席の吹き出し口のデザインを変えており、センターは長方形、両サイドは丸型という形の違いがインテリアのアクセントになっており、オシャレさをUPしています。

キャストアクティバのナビまわり

キャストアクティバのドリンクホルダー

メーター類は王道のアナログツーメーターとインフォメーションディスプレイの組み合わせ。

タコメーターとスピードメーターはアナログ、シフトポジションやトリップメーター、燃費計、時計、燃料計はインフォメーションディスプレイでデジタルになっています。

キャストアクティバのメーター

シートはブラックにシートサイドをシルバーでアクセントをつけたシートになっており、一見ベンチシートっぽくなっていますが、シートサイドはしっかりとホールドを付けてあります。

キャストアクティバの運転席まわり

座ってみてもホールド感はありますので、カーブなどを走行する際にお尻が流されてしまうようなことはありません。

後部座席も足元はゆったりしているので乗り心地は悪くありません。

しかしながら荷室が狭いので、座席スペースをしっか確保すると荷室がつぶれてしまうのは承知しておかなくてはなりません。

キャストアクティバの後方画像

キャストアクティバの後部座席、足元画像

シートアレンジは4パターン

キャストアクティバのシートアレンジは、後部座席を折りたたむフルラゲージモード、後部座席を半分倒すハーフラゲージモード、助手席を倒したフロントサイドフラットモード、駐車時に休憩などで活用できるロングソファーモードの4つのアレンジが可能です。

キャストアクティバの荷室

女性ターゲットで作られている車なので、収納スペースもしっかり備わっています。

フロントセンターアームレストにはボックスが付いており、オーバーヘッドコンソールにはサングラスを収納、その他シートバックポケットにワンプッシュ式のドリンクホルダー、助手席には大型アンダートレイが備えられています。

キャストアクティバのアームレスト

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. ミラトコットの運転席画像
  2. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い

    ダイハツ・ミライースX SAⅢの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  3. ミラトコット・サニーデイブルーメタリックの全体画像

    ダイハツ

    トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

    ダイハツ「トコットX“SAⅢ”」の外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  4. 新型ミライースの運転席

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”の試乗記(走り・加速性能)ノンターボでもしっかり加速

    ダイハツ・新型ミライース・X“SAⅢ”を実際に試乗運転してきた感想を書…

  5. キャストスポーツの運転席画像

    ダイハツ

    キャストスポーツ“SAⅡ”の試乗記(走り・加速性能)ターボ実燃費は14.9km/L程度

    ダイハツ・キャストスポーツ“SAⅡ”を実際に試乗運転してきた感想を書き…

  6. キャストアクティバの運転席まわり

    ダイハツ

    キャストアクティバ・G“SAⅡ”の試乗記(走り・加速性能)「PWR」ボタンで一気に加速!

    ダイハツ・キャストアクティバG“SAⅡ”を実際に試乗運転してきた感想を…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. 新型デイズルークスの全体画像

    日産

    新型デイズルークス(外観・内装の評価)後部座席は前後にスライドでき広い
  2. トヨタ「ハイラックス」の全体画像

    トヨタ

    ハイラックス・Z(外観・内装の評価)後部座席は広く、乗り心地は硬すぎず◎
  3. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない
  4. カムリ・ハイブリッドの画像

    トヨタ

    カムリ・ハイブリッドG(外観・内装の評価)後部座席は大人3人でも広い
  5. 新型ヴォクシーの全体画像

    トヨタ

    ヴォクシーZS(外観・内装の評価)2列目ロングスライドでかなり広い
PAGE TOP