ダイハツ

新型ミライース X“SAⅢ”の試乗記(走り・加速性能)ノンターボでもしっかり加速

ダイハツ・新型ミライース・X“SAⅢ”を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

新型ミライースの運転席

新型ミライース・X“SAⅢ”の外観・内装レポへ

新型ミライース・X“SAⅢ”の走行性能

座ってみるとすぐにわかりますが、凄く運転しやすいポジションに配置されています。聞いてみると、ここには凄いこだわりがある様です。

まずシート高が15mm下がっており、アクセルポジションが12.7mm奥に入っています。さらにステアリングホイールが20.2mm手前に配置されているそうです。

この細かい配置のこだわりが座っていて自然な体制で運転ができる姿勢を作ることができるのです。このこだわりは素晴らしいです。

新型ミライースのハンドル

では実際に走ってみます。お店を出ると2車線の大きな直線道路なので、流れが良いです。その道に出てアクセルを思う存分踏んでみると、アクセルを踏んだ分だけしっかり加速で応えてくれます。

今まで乗ってきたノンターボの軽自動車は加速にモタツキが出る車が多い中、ミライースは加速をしっかり感じることができます。これは車体が670㎏と驚異的に軽くなっていることも大きく影響していると思います。

低速域~中速域(20~50km/h)位の走行でもアクセルのON・OFFがしっかりメリハリを利かせてくれるので、運転していてもストレスを感じさせません。

新型ミライースのシフトノブまわり

サスペンションもKYBのサスペンションを使用しており、カーブでのロールも上手く処理してくれるので、乗り心地も悪くありません。

走行している時、特に気になる加速時のエンジン音も車内にいる時には遠くからかすかに聞こえてくるような感じになっています。軽の低価格な車ですが、遮音材も適所に上手く使われているようで、車内の会話の妨げにもなりません。

新型ミライースのメーター

100万円前後の軽自動車なので走行性能には正直期待をしていませんでしたが、加速も足回りのフィーリングも走行時の居住性も価格以上の物を感じることができました。

ミライースを中古車検索

新型ミライースの安全性能

ミライースにはダイハツの衝突回避支援システム、スマートアシストⅢが採用されています。今回の試乗では、一部の機能の効果しか体感できませんでしたが、スマートアシストⅢの安全性能をお伝えしたいと思います。

スマートアシストⅢは車の周囲を認識し、危険が迫ってくるとドライバーに警告をしたり、緊急ブレーキをかけてくれます。ソナーセンサーやステレオカメラを採用して先行車のみならず、歩行者へのブレーキも可能にして安全の及ぶ範囲を広げています。

新型ミライースのフロントカメラ

スマートアシストⅢの機能は、「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」「車線逸脱警報機能」「誤発進抑制制御機能」「先行車発進お知らせ機能」「オートハイビーム」があります。今回はその中でも2つの機能を紹介したいと思います。

まず自車の安全を一番サポートしてくれる機能「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」をみていきましょう。これは走行中にステレオカメラが先行車と歩行者を認識し、衝突の危険があると判断した時に作動します。

作動は、衝突警報でブザー音とメーター表示で警告しドライバーに注意喚起を行います。衝突の危険が更に高まると、自動的に弱いブレーキでアシストを行います。この状態でドライバーがブレーキを踏み込めばブレーキアシストを行い、制動力を高めます。

新型ミライースの正面画像

しかし、最終的に衝突が避けられないと判断した場合には、強いブレーキで減速して衝突の回避や、衝突時の被害の軽減をサポートしてくれる機能なのです。緊急ブレーキは車に対しては時速80km/hまで対応しているので、街中での走行では効果的に働きます。

もう一つ紹介するのが、先行者発進お知らせ機能です。信号待ちなどで前の車が発進しているのに気付かない事ってよくありませんか?私は結構あります。今回の試乗中も車の機能の説明を一生懸命聞いている時に前が進んでしまっていたことがありました。

こういったシーンでは、ブザー音とメーター内の表示によりドライバーに前の車が進んでいることをお知らせしてくれます。

子供を連れておりお母さんが後部座席のお子さんに気をとられている時や、多忙な営業マンが資料に目を通している時など、信号待ちは運転以外のことに集中しがちです。この機能がサポートしてくれれば、周囲に迷惑をかけることも少なくなると思いますよ。

ミライースを中古車検索

新型ミライースの燃費

ここからはミライースの燃費をみていきます。ミライースはCMでもアピールしている通りガソリン車でありながらの軽トップクラスの低燃費が最大のウリです。どのくらい燃費が良いのかを以下の表で確認してみましょう。

燃費(km/L)G“SAⅢ” X“SAⅢ” L“SAⅢ”L B“SAⅢ”B
2WDJC0834.234.235.235.235.235.2
実燃費22.722.723.223.223.223.2
4WDJC0832.232.232.232.232.232.2
実燃費21.321.321.321.321.321.3

上の表はミライースのJC08モードの燃費とセールスの方や口コミサイトで集めた実燃費情報を元に作成しました。

「ミライースはハイブリッドカーですか?」と聞きたくなるくらいJC08モードは低燃費な数値で発表されています。軽自動車の中でもトップクラスです。装備の多いG“SAⅢ”とX“SAⅢ”は34.2km/L、装備の関係で若干重量が軽いその他のグレードは35.2km/Lです。

ミライースの4WDに関しては、全グレードともに32.2km/Lです。いづれにしても低燃費ですが、実際に走らせてみるとどうなるのでしょう?今回試乗したのは5km/Lのアップダウンの少ない流の良い市街地道路を走行してみました。

新型ミライースの全体画像

実燃費は23.8km/Lとかなり良い印象です。口コミでの実燃費は2WDで22~23km/Lくらいですが、かなり燃費に気を遣っている方では、25.7km/L位まで平均燃費を延ばしているかたもいらっしゃいます。4WDでも20~22km/L位は走行できます。

JC08モードの達成率は65~70%くらいの達成率の方が多く、公表されている燃費の印象から見てしまうと若干燃費の落ち方が激しいという感じを受けてしまいます。しかしながら軽自動車でハイブリッドでもなく、価格面からみても十分な燃費だと私は思います。

ミライースを中古車検索

新型ミライース・X“SAⅢ”の試乗記まとめ

今回はミライースの試乗をレポートしましたが、ミライースのことを知ることができましたか?ミライースのおススメポイントは先進技術の詰まったスマートアシストⅢが搭載されており、更に軽自動車トップクラスの低燃費が実現されていることです。

新型ミライースの横画像

これだけの内容が詰まっているにも関わらず、車両本体価格も84万円~133万円で購入できるのであればコストパフォーマンスは抜群です。

安価な軽自動車だからといって、エクステリアのデザインやインテリアの質感も悪いわけではありませんので、価格を見比べてみれば高品質です。

初めて新車で車を購入する方や、主婦や学生の方がチョイノリ目的、会社の営業用の社用車と、色々なシーンで活躍してくれる車だと感じました。用途に応じて多くのラインナップが用意されていますので、是非ダイハツのお店へ足を運んでみてください。

↓外観・内装レポはこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. ミラトコットの運転席画像
  2. キャストアクティバの運転席まわり

    ダイハツ

    キャストアクティバ・G“SAⅡ”の試乗記(走り・加速性能)「PWR」ボタンで一気に加速!

    ダイハツ・キャストアクティバG“SAⅡ”を実際に試乗運転してきた感想を…

  3. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い

    ダイハツ・ミライースX SAⅢの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  4. スポーツ“SAⅡ”の全体画像

    ダイハツ

    キャストスポーツ“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は240mmスライド

    ダイハツ「キャストスポーツSAⅢ」の外観と内装を見てきたので画像つきで…

  5. ミラトコット・サニーデイブルーメタリックの全体画像

    ダイハツ

    トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

    ダイハツ「トコットX“SAⅢ”」の外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  6. キャストアクティバの前面画像

    ダイハツ

    キャストアクティバ G“SAⅡ”(外観・内装の評価)後部座席は広いが、荷室は狭め

    ダイハツ「キャストアクティバG SAⅢ」の外観と内装を見てきたので画像…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. ホンダ

    オデッセイハイブリッド・アブソルートEXパッケージ(外観・内装の評価)3列目もゆ…
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像

    トヨタ

    カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. レヴォーグの全体画像

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の広さは狭い
  4. ヴェゼルRSの全体画像

    ホンダ

    ヴェゼルRS(外観・内装の評価)後部座席は狭くない、荷室は広い
  5. GT-Rの全体画像

    日産

    日産GT-R2017(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、運転席の乗り心地は最高
PAGE TOP