マツダ

ロードスターRF・6MTの試乗記(走り・加速性能)余裕のある走りが可能

マツダ・ロードスターRF・RSを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

ロードスターRFの運転席

ロードスターRF・RSの外観・内装レポへ

ロードスターRF・6MTの走行性能

今回は営業マンが同行しない息子と2人だけの試乗、制限時間は30分なので色々試してみたいと思います。

ロードスターRFのハンドル

実際に試乗してみると、ソフトトップのロードスター1,500ccと比べて、ハードトップのロードスターRFはかなりパワーがあり、エンジンの余裕やトルクの厚みも感じることができました。

ロードスターRFのエンジン

ソフトトップに比べてスポーティーさを求めているのかと思っていましたが、実際乗ってみると1,500ccのソフトトップの方が荒々しいスポーティーさが出ており、RFは2,000ccで排気量を大きくした分、大人の余裕のある走りを求めているように感じました。

シフトチェンジをする時のシフトフィールもなめらかで、ショートストロークなので手首の返しだけで正確に操作でき、シフトが入る手ごたえと軽快さもしっかり感じることができました。

ロードスターRFのシフトノブ

トンネル内の走行やゴツゴツした路面の走行でもRFはロードノイズをあまり拾わず外からの騒音もしっかりカットされています。

ロードスターRFオープン時の横画像

今後はトップを収納し、オープンで走行してみます。オープンにしてもCピラーが残っているので、印象としてはオープンカーというよりもサンルーフを開けて走っているという気分です。

オープンカーというとボディー剛性が弱まるのではないかと思いますが、RFは悪路でも嫌な挙動はなく、しっかりとした剛性を保っています。ゆったりと乗れるので大人のスポーツカーに仕上がっています。

ロードスターRFのペダル

カーブの時のロールも程よく出ている感じで、ハンドルと切った分だけ素直に反応してくれるのでカーブに差し掛かるのが楽しくなってしまう様な動きをしてくれます。

ロードスターRFのタイヤ

今回のロードスターRFはマニュアル車でもアイストップが付いているので、信号待ちなどでアイドリングストップが働きます。

発進時にクラッチを踏み込むとエンジンが再スタートしますが、再スタート時のブルっとした揺れと音がシフトノブにまで伝わるので、雑な感じで若干気になります。

走行性能をトータルで評価すると、ソフトトップのロードスターと比べて、粗々しいスポーティーさが削れて、大人の余裕のあるスポーティーな走りを体感できる、そんな走りが楽しめます。

ロードスターを中古車検索

ロードスターRF・6MTの安全性能

ロードスターRFの安全性能は自動ブレーキが付いていませんが、安全運転をアシストする機能はいくつか装備されています。

まず、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)は15km/h以上で走行中に、隣車線上の側方や後方から接近する車両を検知するとドアミラーの鏡面にインジゲーターが点灯しドライバーに知らせてくれます。

またリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)はバックで出庫する際に接近してくる車を検知してドライバーに警告してくれます。

どちらの機能も死角で中々目が行き届かないエリアをしっかりサポートしてくれるので安心して運転に集中できますね。

その他には車線逸脱警報システム(LDWS)はフロントガラスに設置しているカメラで車線を認識し、線を踏み越える可能性があるときに警報音で注意を喚起します。

ロードスターRFの車線逸脱警報スイッチ

夜間の視界を維持する機能としては、ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)やアダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)が装備されており、ハイビームを対向車に合わせてロービームに切り替えたり、ステアリングの角度に合わせて向きをコントロールしたりと安全運転をしっかりサポートしています。

ロードスターを中古車検索

ロードスターRFの燃費

カタログに記載されているJC08モードの燃費と口コミや実際に乗っている営業マンなどの情報をまとめた実燃費は以下の通りです。

燃費
(km/L)
SVSRS
JC0815.615.615.6
実燃費12.812.812.8

JC08モードではミッションに関わらずどのグレードでも15.6km/Lです。実燃費は燃費情報が少ないですが、約12~13.5km/Lくらいです。高速走行が主になるとJC08モード燃費よりも良い結果になります。

ロードスターRFのメーター

私が試乗した30分で約12km走行することができましたが、実燃費は11.9km/Lでした。試乗車ということもあり、走行性能を存分に楽しむためにかなり吹かしこんでいるので、若干燃費は落ちると思います。

個人的には、この余裕のある2,000ccのエンジンを発進時からしっかり回すような走りを楽しみたいので、多少燃費が下がっても楽しさを優先してしまいますね。

ロードスターを中古車検索

ロードスターRF・6MTの試乗記まとめ

今回のロードスターRFはソフトトップのロードスターと比べても、走行性能に余裕があり「大人のスポーツカーはこれだ!」というのを存分に実感することができました。

ロードスターRFのスカイアクティブ

最近スポーツカーは減る一方で、若者のスポーツカー離れは加速する一方。しかし今回のロードスターRFを乗ってみて、若者じゃなくて私達の様な中年がゆったり楽しめ、価格の上でも無理のない範囲で購入できるそれがロードスターRFなのではないかと思いました。

トップを外して休日を楽しむもよし、トップを付けたまま街乗りや通勤で使うも良いと思います。私達のライフスタイルに合わせやすくて使い易い、そんなロードスターRFを一度試乗してみてはいかがでしょうか。

↓外装・内装レポはこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

関連記事

  1. マツダCX-3の運転席画像

    マツダ

    マツダCX-3「20Sプロアクティブ」の試乗記(走り・加速性能)ディーゼルの実燃費は17.6km/L…

    マツダCX-3「20Sプロアクティブ」を実際に試乗運転してきた感想を書…

  2. CX-5の全体画像

    マツダ

    新型CX-5・XDプロアクティブ(外観・内装の評価)5人フル乗車でもゴルフバックが4つ入る

    マツダCX-5・XDプロアクティブの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  3. CX-8の全体画像

    マツダ

    CX-8 XD proactive(外観・内装の評価)3列シートで6・7人乗り

    マツダCX-8 XD proactiveの外観と内装を見てきたので写真…

  4. CX-5ディーゼルのハンドル

    マツダ

    CX-5・ディーゼル4WD(5人乗り)の試乗記(走り・加速性能)カーブでも安定走行で、酔いにくい

    マツダCX-5ディーゼル4WDを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと…

  5. マツダ・アクセラの運転席画像

    マツダ

    アクセラ15XD Lパッケージの試乗記(走り・加速性能)ショックが少なく走りはスムーズ

    マツダ「アクセラ1.5XDディーゼル」を実際に試乗運転してきた感想を書…

  6. CX3のメイン画像

    マツダ

    CX-3・20Sプロアクティブ(外観・内装の評価)運転席は座り心地がよいが、後部座席は若干窮屈

    マツダCX-3・20Sプロアクティブの外観と内装を見てきたので画像つき…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い
  2. エスクード全体画像

    スズキ

    エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、…
  3. CR-V・EXの全体画像

    ホンダ

    新型CR-V・EX(外観・内装の評価)5人乗り・2列目の後部座席は広々
  4. アクセラの画像

    マツダ

    アクセラ1.5XDディーゼル(外観・内装の評価)後部座席はリクライニングできず窮…
  5. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
PAGE TOP