スズキ

【口コミ】新型スイフトRSt(外観・内装の評価)後部座席に大人3人は窮屈そう

スズキから販売しているスイフトが2015年12月にフルモデルチェンジしました!今ではスポーティーなテイストが多いスイフトですが、元々はクロスオーバーを意識したコンパクトカーでした。

新型スイフトRStの全体画像

スイフトはスズキの世界戦略車として活躍しており、安い価格と高い走行性能をウリにして根強い人気です。
私もスイフトは気になる車の一つとしてマークしていたのでフルモデルチェンジを機に試乗してみることにしました。

試乗車はスイフトRSt

今回試乗させていただいたスイフトの情報は以下の通りです。

  • 車種 :スズキ スイフト
  • グレード:RSt
  • 価格:1,704,240円
  • エンジン :水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ 1000cc
  • ミッション:6AT
  • 駆動方式:2WD
  • 燃費 :20.0km/L
  • 最大馬力:75kw〈102ps〉/5,500rpm
  • 最大トルク:150N・m〈15.3kgf・m〉/1,700-4,500rpm

試乗したのは排気量1000ccとスイフトの中では一番小さいながらも馬力とトルクは一番高い、走りに特化したRStです。

新型スイフトRStの後方画像

スイフトの全グレードのラインアップは6グレードありミッションや駆動方式も分けると以下の12通りにもなります。

グレード RSt ハイブリッドRS RS ハイブリッドML
駆動方式 2WD 2WD 4WD 2WD 2WD 4WD
ミッション 6AT CVT CVT 5MT CVT
価格 170万 169万 184万 159万 162万 177万
グレード XL XG
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD
ミッション 5MT CVT 5MT CVT
価格 146万 146万 161万 134万 134万 149万

価格帯は1,343,520円~1,779,840円でXG以外のグレードはセーフティーパックをつけることもできます。

またスイフトに特徴的なこととしてハイブリッド以外のグレードには5MTの設定があり、スポーツ走行を意識したスイフトならではのこだわりともいえるでしょう。

スイフトを中古車検索

スイフトRStの外観

マイルドな欧州車のような印象

スイフトのフロントデザインはフルモデルチェンジを経て今までの尖った印象からマイルドな欧州車の様な印象になりました。

フロント

先代のスイフトと新型スイフトはリアやサイドはあまり変化がないもの、フロントデザインはかなり進化しています。

新型スイフトRStの正面画像

まず一番の大きな変更点はヘッドライトです。先代は大きな四角いヘッドライトでしたが、新型は角がとれて丸みを帯びたライドデザインとなりLEDヘッドライトを採用しています。(XG・XLはハロゲン)

新型スイフトRStの横画像

スイフトのフロントグリルは台形をひっくり返した様なデザインでしたが、そこも一新して五角形のダイヤモンド形になりました。

リア

リアは変化が分かりにくいものの、コンビネーションランプはフロント同様に丸みを帯びています。

新型スイフト後方画像

また私が乗ったRStはバックフォグがリアアンダーの中心についていたり、フェンダーアーチの盛り上がりが増すなど、クロスオーバーな一面ものぞかせています。

スイフトを中古車検索

スイフトRStの内装

かっこいいステアリング

今回のスイフトはXGグレード以外に本革巻きの3本スポークのステアリングを使っています、パッと見で「かっこいい」と思ってしまう高い完成度です。

新型スイフトのハンドル

ただ先代よりもステアリングのセンター部の面積が狭くなったので、スズキの「S」マークが目立つ作りになってしまいました。ここは好みが分かれそうです。(私はもう少し目立たなくして欲しい)

トルクと馬力の状態も見れる

メーターも2連メータープラスインフォメーションディスプレイで奥行きがあり立体的な印象を受ける作りになっています。

新型スイフトRStのメーター

インフォメーションディスプレイも表示される情報の色合いがとにかくキレイで配色にもかなりのこだわりを感じます。

色々と表示の切り替えはできますが、個人的にはトルクと馬力の状態を円グラフで示している表示が他の車には中々ないので気に入りました。

ハンドルの左右についている「パドルシフト」もだいぶお馴染みになってきましたが、今回のスイフトは5MT車とXG以外には標準で付いています。

エアコンもフルオートエアコンが全グレードに付いていて、デザインも3連の丸ジョグを採用しているのでターボ車のブースト計や油温計を思わせる様な作りになっており、楽しい気持ちにしてくれます。

新型スイフトRStのエアコン操作

インテリアの所々でピアノ調のパネルやシルバーのオーナメントを使用しており、コンパクトカーらしからぬ高級感を狙っているのか少し上質な印象を受けます。

しかしながら、このピアノ調も良し悪しで手垢が付きやすく、乗った時も手垢が付いていたので手入れは念入りにしないといけません。

シートは標準シートですが、ホールド性が十分あって乗り心地は良いです。

新型スイフトRStの運転席まわり

RSやRSt用はもう少しデザインに凝ったスポーツ仕様のシートを装着してくれるといいのですが、そこは欲張りすぎですかね?

後部座席に大人3人は窮屈そう

後部座席は大人2名+子供1名くらいならばゆったり座れそうですが、大人3人だとちょっと窮屈そうです。

新型スイフトRStの後部座席

膝周りは余裕なのですが、幅が狭いので5人でのドライブはチョイ乗り程度の移動に留めておいた方が良いでしょう。

新型スイフトRStの後部座席に座った時の足元スペース

荷室も広くはない

荷室もそれほど大きくはありませんでしたが、後部シートが6:4分割可倒式なので運転席側の1名分のシートだけ倒せば長い物も積むことができるので4人プラス長い荷物という載せ方も可能です。

新型スイフトRStの荷室スペース

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 【口コミ】トコットX“SAⅢ”の(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転し…
  2. 【口コミ】カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の(外観・内装の評価)運転席はホ…
  3. 【口コミ】新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は…
  4. 【口コミ】N-VAN+スタイルFUNの(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車…

関連記事

  1. スペーシアカスタムZの運転席

    スズキ

    スペーシアカスタムZ・Xターボの試乗記|走り出しが良く、加速もバッチリ

    スペーシアカスタムZ(Xターボ)の外観・室内レポートに続き、試乗車を運…

  2. バレーノの運転席画像

    スズキ

    バレーノ1.2L・XGの試乗記(走り・加速性能)リニアな操舵感と長距離ドライブにも適したクルマ

    バレーノ(外観・内装の評価)に続き、今度は運転した感想について書いてみ…

  3. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    【口コミ】新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

    今回試乗したのは2018年に待望のフルモデルチェンジを行ったスズキの軽…

  4. ワゴンRの画像

    スズキ

    【口コミ】新型ワゴンR(外観・内装の評価)後部座席はゆったり広め

    2017年2月にフルモデルチェンジをして見た目が一新した新型ワゴンR、…

  5. ワゴンRスティングレーの全体画像
  6. バレーノの画像

最近の記事

  1. VWゴルフの試乗記(走り・加速性能)感動するほど静粛性と安定…
  2. 【口コミ】VWゴルフTSI Comfortline Tech…
  3. N-VAN+スタイルFUNの試乗記(走り・加速性能)軽バンな…
  4. 【口コミ】N-VAN+スタイルFUNの(外観・内装の評価)フ…
  5. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”の試乗記(走り・加速性…

最新!試乗レポ

  1. 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionの全体画像
  2. N-VAN黄色の全体画像
  3. カローラスポーツ・ハイブリッドGzの全体画像
  4. ミラトコット・サニーデイブルーメタリックの全体画像
  5. 新型ジムニーの全体画像

カテゴリー

  1. セレナの画像

    日産

    新型セレナ・ハイウェイスター試乗レポート!外観・内装編(写真あり)広さ、乗り心地…
  2. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    【口コミ】ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々
  3. ロードスターRFの全体画像

    マツダ

    【口コミ】マツダロードスターRF・RS(外観・内装の評価)RECARO製でシート…
  4. 86

    トヨタ

    【口コミ】トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れ…
  5. 新型ヴォクシーの全体画像

    トヨタ

    【口コミ】ヴォクシーZS(外観・内装の評価)2列目はロングスライドでかなり広い
PAGE TOP