マツダ

CX-8 XD proactive(外観・内装の評価)3列シートで6・7人乗り

マツダCX-8 XD proactiveの外観と内装を見てきたので写真つきでご紹介します。

最近のマツダと言えば「魂動」(こどう)をデザインテーマにして、車を走らせる楽しみを重視した車種が多く存在しています。

その上位SUVモデルとして「CX-5」が大ヒットを納めていることはご存じの方も多いはず。

CX-8の全体画像

現在もそのヒットは留まることを知らず、継続してヒットしていますが、マツダから更に上位モデルの「CX-8」が待望のデビューを果たしました。

元々は北米を中心に販売されているCX-9のプラットフォームを組み合わせて、ボディーを縮め、3列シートにしたのが「CX-8」です。

国産車では「エクストレイル」や「アウトランダー」がSUVで3列シートを採用していますが、国内ではSUVの3列シートはまだまだ珍しいです。

「CX-8」はエクストレイルやアウトランダーとは異なり、3列目は補助的扱いとはせずに、ゆとりがあるミニバンの様な居住性を目指しています。

今回注目している「CX-8」はディーゼルエンジンを搭載しており、ディーゼル搭載のクロスオーバーSUVは「CX-8」しかないと言っても過言ではないでしょう。

ランドクルーザーやパジェロでは大き過ぎるという方には丁度良いサイズ感なのかもしれません。

今回は新しく販売が開始してヒット間違いなしの「CX-8」を自分自身も本気で購入を検討しているので、じっくり話を聞いてみたくてマツダのお店に足を運んできました。

CX-8・DXプロアクティブの試乗運転レポへ

試乗車はCX-8 XD proactive

今回試乗したCX-8は中間グレードの「XDプロアクティブ」で車両本体価格は353万円です。

CX-8は全長4900mm、全高1730mm、全幅1840mmとCX-5よりも全長400mm大きくなっています。これは室内の3列目を確保する為に長く作られているのです。

CX-8の横画像

パワートレインはディーゼルエンジンのみで、2.2Lの『スカイアクティブ-Dエンジン』を搭載しています。

最高出力は190ps/4,500rpm、最大トルクは45.9kgf・m/2,000rpmとなっており、ディーゼルエンジン特有の低い回転数で太いトルクを実現しています。

また、『スカイアクティブ-Dエンジン』は燃焼に徹底的にこだわっており、「燃費」「排出ガス」「静粛性」「走行性能」という全ての性能を向上させています。

トランスミッションは6速オートマチックを採用しており、低燃費でありながら、マニュアルトランスミッションの様なダイレクト感やスムーズで力強い発進・加速性能を実現しています。

CX-8の運転席画像

エクステリアはマツダが拘るボディーカラーで、ボディーの凹凸をはっきり出しています。

特に、今回試乗した「マシーングレーププレミアムメタリック」は職人の手業に迫るリアルな金属感を表現しており、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立しているのです。

CX-8のボディーカラーは他にも「ソウルレッドクリスタルメタリック」がマツダイチオシで、マツダの塗装技術「匠塗TAKUMINURI」に技術により、生命力に溢れたエネルギッシュな強さと鮮やかさが表現されています。

この他にも全7色のラインナップで定番の「スノーフレイクホワイトパールマイカ」や「ジェットブラックマイカ」を初めとして「ディープクリスタルブルーマイカ」「チタニウムフラッシュマイカ」「ソニックシルバーメタリック」などがあります。

他にも様々なグレードが存在しているので、CX-8のグレードと価格をここで確認しておきましょう。

(円)XDXDプロアクティブXD Lパッケージ
2WD319万353万395万
4WD342万376万419万

CX-8を中古車検索

CX-8 XD proactiveの外観

最近のマツダのフロントマスクはインパクトがありますね。マツダ車全てにおいて言えることですがグリルが大きい。

特にCX-8はボディーが大きいので迫力があります。フロントグリルもひときわ大きくて格好いいです。

CX-8のフロントマスクは横縞のグリル

フロントマスクはCX-5と見分けが付きにくいのですが、1点だけ見分けるポイントがありました。

CX-5はグリルデザインがメッシュ地になっていますが、CX-8は横縞のグリルになっています。横縞の方がスポーティーな印象になります。

CX-8の正面画像

LEDヘッドライトで見やすい

ヘッドライトは切れ長でシャープなデザインです。ハイ&ロービーム単眼式のLEDヘッドライトなので白色光で非常に見やすく、省電力にも貢献しています。

CX-8のヘッドライト画像

LEDがライン状に白光しているポジションランプはとてもキレイです。

19インチのアルミホイールは少しチープ

アルミホイールは225/55R19で光沢がないアルミ素地の質感なので少しチープにみえます。

CX-8の19インチアルミホイール

せっかく19インチのアルミホイールを履くのであれば切削光輝にするか、せめてダークシルバー塗装のアルミにした方がスタイリッシュに纏まると思います。

マツダらしいシンプルなリアデザイン

CX-8 XD proactiveのリアデザインはフロントデザインと同じく最近のマツダ車のトレンド通りで、一目でマツダ車と認識できる様なデザインです。

CX-8の後方画像

コンビネーションランプは切れ長デザインで全体的にシンプルに仕上がっています。

CX-8リアのライト

コンビネーションランプにもLEDを採用しており、リング状とライン状のライトを組み合わせで光ると目立ちます。

リアについているアンテナはシャークフィンアンテナが標準装備なので嬉しいですね。

ルーフレールは標準装備ではありませんが、オプションで付けると更にSUVらしくなるので付けておいた方が良いかもしれません。

CX-8を中古車検索

CX-8 XD proactiveの内装

CX-8 XD proactiveの内装を見ていきましょう!

運転席に座った感じはシートに包み込まれるような感覚を得られるような上質な感じです。

上級グレードであれば本革シートになりますが、CX-8は敢えてクロス地でも良いと思います。

CX-8の運転席

運転席のパワーシートは10wayなので微調整がとても楽です。

さらに自分のポジションをキーに記憶させておけば、開錠時に自動的にそのポジションにセットします。

それと運転席と助手席には両方にシートヒーターが装備されています。

実際にシートに座ってみると、車高が高いので視点も高くて視認性が良いです。

ドアミラーの位置が他車の車と比べてかなり手前に設置されており、左右の前方視界が広く取れているので運転しやすいです。

CX-8のインパネまわり

マツダ車のアクセルペダルは配置位置に工夫があり、前輪を前方に移動して足を自然に伸ばした位置にペダルが来るように配置しています。

これはマツダが考える人間中心設計で作りこむ車との上質な一体感を実現する為の一環です。この配置により長時間の運転でも疲れにくくなるのです。

またアクセルペダルもオルガン式で、踏み込むと足とペダルが同じ軌道を描くため、フロアに付けたかかとがずれにくく、とてもコントロールしやすくなっています。

スピードメーターは3連メーターで見やすく、オーソドックなデザインです。

センターにはスピードメーター、サイドにタコメーターとインフォメーションディスプレイが配置されています。シンプルですがスタイリッシュです。

CX-8の3連メーター

フロントガラスにはアクティブドライビングディスプレイが投影されるので、スピードやルート案内表示、標識も表示してくれるので便利です。

ハンドルは本革巻きの3本スポークステアリングホイールで、革の素材がソフトな感触で凄く握り心地が良いです。

CX-8のハンドル

シフトノブも本革巻きで使い易く、デザインもピアノブラックパネルを採用しており質感高い仕上がりになっています。

CX-8のシフトノブ画像

パーキングブレーキは電動です。スイッチ一つでパーキングブレーキの解除と作動を操作できます。

オートに設定しておけば、停止する毎にパーキングブレーキが作動し、アクセルを踏むだけで解除になります。

センターパネルにはマツダコネクトが全車に装備されています。5万円でSDデータを入れればナビとしても使用することができます。

その他ソフトウエアをアップデートできるので、常に最新のサービスを手軽に使える点はメリットといえるでしょう。

CX-8のディスプレイ

センターコンソールにあるジョグスイッチで手軽に操作できます。インターネットラジオの受信、ハンズフリー機能、ナビゲーション、音楽を聴くなど様々な機能があるので、便利です。

2列目はリクライニング可能でゆったり

CX-8の後部座席はクロスオーバーSUV車の中ではかなりゆったりとしています。

運転席を大柄な私のシート位置に合わせた後に、2列目シートに座ってもゆったり広々と座れました。

CX-8の2列目、後部座席画像

2列シートのSUVは2列目シートのリクライニングが固定になっている車が多いですが、CX-8はしっかりとリクライニングが出来るので、リラックスできる位置にシートを調整できます。

リアシートからエアコンの操作ができるように、センターコンソールの背面にエアコンの操作盤が付いているのも高級車みたいで良いです。

リアのアームレストにはUSB端子が2つ付いているので携帯電話やタブレッドの充電や携帯ゲーム機の充電に使えるので便利です。

CX-8、2列目のアームレスト

ボトルフォルダーがアームレストに2つ、ドアポケットにもあるので収納性もいいです。

シートバックポケットも付いているので雑誌などの収納もできます。

3列目シートは普段は倒しておいて、使う時だけセットすれば良いと思います。

シートバックは車内からもラゲッジルームからも簡単に操作できるので、力の弱い女性やお子さんでも簡単に上げ下げできます。

3列目は大人には狭く床が高い

CX-8 XD proactiveの3列目のシートは決してゆったりはしていませんが、小学校高学年のお子様や女性ならば問題なく座ることができます。

足元の床が若干高いのがデメリットですが、それ以外は不快要素になる様な点は見当たりません。

CX-8の3列目からの画像

2列目シートアレンジは6:4分割可倒式シートバックなので、オーソドックスなフルフラットから、助手席側だけ倒してスキー板やボードなどを積んでも3列目シートを含めて5名で乗車することができます。

荷室は7人乗車でもゴルフバック2個積める

CX-8の荷室画像

CX-8の3列目を倒した時の荷室画像

CX-8 XD proactiveの荷室は、7人乗車時でもゴルフバック2個を積載できる容量を確保しています。

フロア下には開口部が広く307mmもの深さを持つサブトランクを装備しています。

CX-8のサブトランク

↓運転した感想はこちら

【6・7人乗り】新型CX-8のメリット・デメリット(欠点)

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. CX-8の運転席

    マツダ

    CX-8・XDプロアクティブの試乗記(走り・加速性能)走行時の力強さと燃費の良さを両立

    CX-8・XDプロアクティブを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思…

  2. アクセラの画像

    マツダ

    アクセラ1.5XDディーゼル(外観・内装の評価)後部座席はリクライニングできず窮屈

    マツダ・アクセラ1.5XDディーゼルの外観と内装を見てきたので画像つき…

  3. マツダCX-3の運転席画像

    マツダ

    マツダCX-3「20Sプロアクティブ」の試乗記(走り・加速性能)ディーゼルの実燃費は17.6km/L…

    マツダCX-3「20Sプロアクティブ」を実際に試乗運転してきた感想を書…

  4. CX-5の全体画像

    マツダ

    新型CX-5・XDプロアクティブ(外観・内装の評価)5人フル乗車でもゴルフバックが4つ入る

    マツダCX-5・XDプロアクティブの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  5. ロードスターRFの全体画像

    マツダ

    ロードスターRF・RS(外観・内装の評価)RECARO製でシートの質感抜群

    マツダ・ロードスターRF・RSの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹…

  6. マツダ・アクセラの運転席画像

    マツダ

    アクセラ15XD Lパッケージの試乗記(走り・加速性能)ショックが少なく走りはスムーズ

    マツダ「アクセラ1.5XDディーゼル」を実際に試乗運転してきた感想を書…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. ヴィッツハイブリッドの全体画像

    トヨタ

    ヴィッツ・ハイブリッドF(外観・内装の評価)後部座席は2人ならゆったり座れる
  2. パッソの全体画像

    トヨタ

    パッソ X“L package・S”(外観・内装の評価)後部座席はゆとりあり
  3. CX3のメイン画像

    マツダ

    CX-3・20Sプロアクティブ(外観・内装の評価)運転席は座り心地がよいが、後部…
  4. RVR『アクティブ・ギア』の全体画像

    三菱

    三菱RVR『アクティブギア』(外観・内装の評価)若干窮屈な後部座席
  5. 86

    トヨタ

    トヨタ86・GTリミテッド(外観・内装の評価)後部座席は何とか2人座れる広さ
PAGE TOP