スズキ

新型ワゴンR(外観・内装の評価)後部座席はゆったり広め

スズキ・ワゴンRの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。

2017年2月にフルモデルチェンジをして見た目が一新した新型ワゴンR、今回のフルモデルチェンジで6代目になりエンジンも「S-エネチャ-ジ」から「マイルドハイブリッド」に進化を遂げています。

ワゴンRの全体画像

燃費や走行性能に益々期待が上がっているワゴンRの乗り味が気になりスズキのお店に足を運んでみました。

ワゴンRの試乗運転レポへ

新型ワゴンRの価格は107万から

今回紹介するのはワゴンRです、グレードはハイブリッドのFZとFXそれにガソリン車のFAです。気になる価格は以下の通りです。

価格ハイブリッドガソリン車
グレードFZFXFA
2WD¥1,350,000¥1,177,200¥1,078,920
4WD¥1,470,960¥1,298,160¥1,202,040

価格をみて驚きなのはガソリン車とハイブリッドの価格差がたった10万円しか違わないこと。

他の車種では30万円位違う車も多いのにとても良心的、カタログ燃費も7km/Lくらいちがうのでハイブリッドがお買い得なのかもしれません。

ワゴンRの正面画像

エンジンは軽自動車なので660ccでハイブリッドには3.1psのモーターがついてエンジンをアシストしてくれます。

ターボ車を希望する方は「ワゴンRスティングレー」を見てみると良いと思います。

ワゴンRを中古車検索

新型ワゴンRの外観は3種類

今回のフルモデルチェンジでヘッドライトがカクカクした形に変わったFXとFAグレード、5代目のワゴンRのスティングレーのデザインを継承したFZグレードと2つのデザインのワゴンRと、装備も顔つきも全くことなるワゴンRスティングレーを加えた3つのデザインになっています。

スポーティなリアデザイン

2つ目のチェンジポイントはリアデザインです。

ワゴンRのリア画像

2代目のワゴンRから5代目まで長い間縦型のリアコンビネーションランプを採用していましたが、今回のワゴンRは縦型コンビネーションランプの伝統を打ち破り初代のワゴンRみたいなリアバンパーに横型に配置したデザインとなりました。

枠はシルバー加飾になりスポーティーなテイストにまとまっています。

ピラーは太めにチェンジ

3つ目のチェンジポイントはサイドのピラーです。

ワゴンRの横画像

今回のワゴンRから後席の窓の幅を少なくしてピラーの存在感を強調したデザインになりました。

CMでみると思い切った変わり様に違和感を覚えましたが、実車を見るとピラーが太いのも馴染んでいて見栄えは悪くないです。

ワゴンRを中古車検索

新型ワゴンRの内装

軽自動車初導入のヘッドアップディスプレイ

今回のモデルチェンジの目玉の1つ、ヘッドアップディスプレイです。

このディスプレイはセーフティーパッケージについており、エンジンをかけると小さな板が運転席側のフロントガラスの前に起き上がります(エンジン停止時には倒れています)

運転中の視線の先に欲しい情報を映し出すためのディスプレイで、軽自動車では初めての導入になります。

ワゴンRのメーター周り

表示されるのは「車速表示」に「自動ブレーキ作動表示」、「衝突警報表示」、「凍結警告表示」など車の走行に必要な情報を教えてくれるのです。

実際に乗って使用した感想としては殆どディスプレイに目が行くことがなく、従来通りセンターメーターでの車速確認になってしまっていました。

無くても困らない装備かなとは思いますが、ずっと乗ってなれたらメリットがあるのかもしれません。

2段のインパネで広い印象

続いてワゴンRのインパネです。

ワゴンRの室内画像

インパネは2段になっており上段はメーター類を配置、下段はフラットな小物置きスペースになっており、ナビのモニターが下段のインパネに乗っかっている様な配置になっています。

小物も何も置かれていない状態ではフロント部が開放的に見えて、今までのワゴンRよりもより広く感じました。

ベンチシートの運転席で解放感あり

実際運転席に座ってみるとヘッドクリアランスが大きく感じることと、座った時に膝周りにかなりの空間があること、シートがベンチシートになっていることで運転席に座った時の解放感がありました。

ワゴンRの運転席

もしかしたらセンターメーターを採用したことも運転席周りを広く感じさせる為の工夫として一役買っているのかもしれません。(個人的にセンターメーターには否定的ですが)

ベンチシートも実際に座るまでは、ホールド性がないから長時間の運転だと疲れやすいだろうと思っていましたが見た目とは裏腹に、座ってみるとシートの座面が沈みこんでしっかりホールドしてくれていました。

ワゴンRの荷室スペース

荷室はリアデザインの変更で縦型のコンビネーションランプでなくなったので、開口幅広くなりラゲッジスペースの掘り込みも深いので背の高い物も立てたまま載せることができるので便利になりました。

室内長も新しいプラットフォームを採用してエンジンルームを最小化したことで軽ワゴンNO1の2450mmと広々としています。

ワゴンRの後部座席

私はかなり大柄な方ですが、後部座席に座ってみても膝が前のシートに当たらずゲンコツ1つ分以上の空間が確保できています。

幅もゆったりしており隣に高学年の息子を座らせてももう一人くらい座らせても平気かなと思うくらいのスペースは確保できておりワンランク上の広さをもつスペーシアと錯覚するくらいの広さに仕上がっています。

↓運転した感想はこちら

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  2. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  3. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  4. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. ワゴンRスティングレー・ハイブリッドTターボの運転席画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー Tターボの試乗記(走り・加速性能)トルクしっかり、加速よし!

    スズキ・ワゴンRスティングレー Tターボを実際に試乗運転してきた感想を…

  2. ジムニーの全体画像

    スズキ

    ジムニー・ランドベンチャー5MT(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない

    スズキ・ジムニーランドベンチャー5MTの外観と内装を見てきたので画像つ…

  3. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの全体画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタムGS(外観・内装の評価)フルフラット可能な荷室

    スズキ・新型スペーシアカスタムGSの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  4. ソリオハイブリッドの画像

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZ(外観・内装の評価)後部座席は足元広々

    スズキ「ソリオハイブリッドSZ」の外観と内装を見てきたので画像つきでご…

  5. ソリオハイブリッドの運転席

    スズキ

    ソリオハイブリッドSZの試乗記(走り・加速性能)機敏な走りと加速の良さを実感

    スズキ「ソリオハイブリッドSZを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと…

  6. スペーシアカスタム・ハイブリッドGSの運転席画像

    スズキ

    新型スペーシアカスタム試乗記(走り・加速性能)力強い走りではないがストレスなし

    スズキ『新型スペーシアカスタム・ハイブリッドGS』を実際に試乗運転して…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. CR-V・EXの全体画像

    ホンダ

    新型CR-V・EX(外観・内装の評価)5人乗り・2列目の後部座席は広々
  2. シャトルの全体画像

    ホンダ

    ホンダ・シャトル(外観・内装の評価)荷室フルフラットで車中泊も◎
  3. ホンダ「インサイト」EXの全体画像

    ホンダ

    インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバック4個分
  4. ランドクルーザーの正面画像

    トヨタ

    ランドクルーザー4.6L(外観・内装の評価)3列目は足元が窮屈、2列目は広い
  5. ワゴンRスティングレーの全体画像

    スズキ

    ワゴンRスティングレー・Tターボ(外観・内装の評価)後部座席はスライド可能でゆっ…
PAGE TOP