スバル

レガシィ アウトバックの試乗記(走り・加速性能)視界良好で安定性も抜群

スバル「レガシィ アウトバック・リミテッド」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

レガシィーアウトバック・リミテッドの運転席

レガシィ アウトバックの外観・内装レポへ

レガシィ アウトバック・リミテッドの走行性能

ではレガシィーアウトバックを試乗します。

レガシィーアウトバックの走り出しは、2.5LのBOXERエンジンと新リニアトロニックの組み合わせで、アクセルを踏み込むとリニアな動きを体感できます。

アクセルも踏んだ分だけ前にしっかり押しされる感覚です。

レガシィ アウトバックのアクセルペダル

AWDであることや馬力が高いこともあり、走り出しのトルクの高い感じがストレスフリーなドライブに繋がります。

室内の静粛性は非常に高いですが、アクセルを吹かすと水平対向エンジンのボコボコとしたエンジン音が微かに車内にも入ってきます。

このエンジンサウンドが車好きにはたまりません。

SI-DRIVEという3つの走行性能を自在に選択できる機能がついており、「インテリジェントモード」「スポーツモード」「スポーツシャープモード」に分かれています。

通常の走行はインテリジェントで走行させると、燃費や環境に配慮した運転を楽しむことができます。

レガシィ アウトバックのスタートボタン

私はアクセル操作にダイレクトな反応と刺激的な加速が楽しめる「スポーツシャープモード」がおススメです。

AWDの力強さを惜しみなく発揮できます。

試乗したコースは一般道なので信号に引っかかりやすかったですが、停車や発車が多くても、電動パーキングブレーキが付いているので安心ですし、煩わし操作がないので助かります。

試乗中にはカーブが幾つかありましたが、コーナリングでも抜群の安定性を保っていました。

レガシィーアウトバックはシンメタリックAWDで重心が低く、前後左右の重量バランスに優れた構造になっているので、心躍るスピーディーなハンドリングを体感できます。

路面がゴツゴツした道を走行しても不快な揺擦られ感が少なくて疲れやストレスを感じにくいと思います。ボディーが本当にしっかりしていると思いますね。

レガシィアウトバックの側方部分

運転席の座面が高めてあることで、視界がとにかく良いです。ボンネットの感覚が車幅感覚の目安になっているので、ちょっと狭い様な道でも緊張感なく運転することができます。

今回は実際に使用していませんが、万が一雪山や山道などの悪路でタイアが空転した時に予めXモードのスイッチをONにしておけばX-モードの制御が瞬時に介入してスムーズな脱出ができるそうです。

このXモードはエンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御し、4輪の駆動力やブレーキを適切にコントロールしてくれるのです。

レガシィアウトバックは車体も大きく、車高も高いので不安定で小回りが利きにくい印象がありましたが、最小回転半径も5.5mで小回りも良く、走行安定性も抜群なのでどこまででも遠くまでドライブしたくなってしまう車ですね。

レガシィ アウトバックを中古車検索

レガシィ アウトバック・リミテッドの安全性能

レガシィーアウトバックには死角を減らすことでドライバーを支援する「アドバンスドセーフティーパッケージ」を標準装備しています。

さらにステレオカメラで常に前方を監視して必要に応じて車両を制御することで安全運転をアシストする運転支援システム「アイサイト」が搭載されています。

レガシィーアウトバック・リミテッドの正面画像

アイサイトは現在Ver3になっており、ステレオカメラを刷新して視野角と視認距離を約40%拡大しました。

更にカラー画像化によってブレーキランプを認識することができる様になり、従来の運転支援機能を伸かさせるとともに、ステアリング操作のアシストや誤後進の抑制など、新たな機能も搭載しています。

予防安全性能を評価する試験でも最高ランクASV++を獲得したアイサイトVer3の安全運転支援システムの機能を紹介したいと思います。

アイサイトには「プリクラッシュブレーキ」や「全車速追従機能付クルーズコントロール」「アクティブレーンキープ」「AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御」「警報&お知らせ機能」が付いています。

今日はこの中から、全車速追従機能付クルーズコントロールとアクティブレーンキープを紹介いたします。

レガシィーアウトバック・リミテッドのハンドル

まず全車速追従機能付クルーズコントロールとは、高速道路などで0km/h~100km/hで走行中に先行車を追従して走行する機能です。

先行車を検知すると一定の車間距離を保ってくれます。

ノロノロ運転が続く渋滞時でも、先行車が止まれば自車もブレーキ制御で減速し、停止します。

先行車が再び発進すると、スイッチかアクセルペダルを踏むことで再び追従します。

アクセルやブレーキ操作の煩わしさを軽減し、快適で安全なドライブを提供します。

レガシィーアウトバック・リミテッドのシフトノブ

アクティブレーンキープは高速道路走行中にステアリング操作を行い、車線内中央付近の維持や車線逸脱抑制を行います。

全車速追従機能付クルーズコントロールをセットし、約60km/h以上で走行している場合、車線内中央付近を維持する様にステアリング操作のアシストを行います。

また車線をはみ出しそうになった時はステアリング操作のアシストで車線逸脱を抑制します。

この様に他にも様々な安全性能がありますが、これらの機能がレガシィーアウトバックに装備されていることで、安全なドライブを楽しむことができるのです。

レガシィ アウトバックを中古車検索

レガシィ アウトバックの燃費

レガシィーアウトバックは2.5Lの水平対向エンジンなので、燃費もあまり良くないのでは?と思う方も多いと思います。

実際の実燃費やカタログに記載されているJC08燃費を確認しておきましょう。

(km/L)レガシィ アウトバックレガシィ アウトバック
リミテッド
JC0814.614.6
実燃費11.011.0

レガシィーアウトバックのJC08燃費は14.6km/Lでした。

実燃費は口コミや営業さんの情報をまとめると、大体10~12km/Lの間に収まっています。

レガシィーアウトバックには燃費を向上させる工夫が幾つも取られています。その一つがアクティブグリルシャッターです。

レガシィアウトバックの横画像

車両の状態に応じてフロントバンパー内のシャッターを自動的に開閉し空気抵抗を減らし、エンジンの暖気・冷却を効率的に行い、低燃費を実現します。

もう一つが高効率パワーユニット&アイドリングストップです。エンジンとトランスミッションの摩擦やロスを徹底的に低減しています。

またアイドリングストップで車が止まった時に自動的にエンジンを停止し、無駄な燃料消費を抑えてくれます。

今回私が走行した7kmの道のりでの平均燃費は8.9km/Lでした。

中高速域に向いている車なので、運転次第では11~14km/h位まで燃費を延ばせる可能性も十分あります。

レガシィ アウトバックを中古車検索

レガシィ アウトバック・リミテッドの試乗記まとめ

今回はレガシィーアウトバックに試乗して本当に走っているのが楽しかったです。

インテリアと外観は高級車そのもの、装備も充実しておりドライバーの安全を守るアイサイトVer3や走破性を向上させるXモードまで搭載されています。

レガシィーアウトバック・リミテッドの全体画像

この様に街乗りでも遠出でもSUVでも色々なシーンを含めてレガシィーアウトバックはオーナーのライフスタイルにあったシーンでの演出作りをお手伝いしています。

走行性能が高く、低燃費の工夫もたくさん詰まったレガシィーアウトバックを是非ディーラーで見てみてはいかがでしょうか?

レガシィ アウトバックの外観・内装レポへ

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  3. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  5. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい

関連記事

  1. インプレッサの運転席

    スバル

    新型インプレッサスポーツ2.0i-Sの試乗記(走り・加速性能)実燃費は16.0km/L前後

    スバル・新型インプレッサスポーツ2.0i-Sを実際に試乗運転してきた感…

  2. クロスオーバー7の運転席画像

    スバル

    クロスオーバー7・2.5Lの試乗記(走り・加速性能)50km/hまでスーッと加速

    スバル・クロスオーバー7 2.5iアイサイトを実際に試乗運転してきた感…

  3. レヴォーグの全体画像

    スバル

    レヴォーグSTIスポーツ(外観・内装の評価)後部座席の広さは狭い

    スバル・レヴォーグの外観・内装を見てきたので、写真付きで詳しくご紹介し…

  4. フォレスターX-BREAKの運転席

    スバル

    フォレスター・X-BREAKの試乗記(走り・加速性能)四駆で安定感あり!実燃費は11km/L程度

    スバル・フォレスターX-BREAKを実際に試乗運転してきた感想を書きた…

  5. フォレスターTouringの運転席画像
  6. XVの全体画像

    スバル

    スバルXV・2.0i-Sアイサイト(外観・内装の評価)後部座席はゆったり広い

    スバルXV2.0i-Sアイサイトの外観と内装を見てきたので画像つきでご…

最近の記事

  1. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…
  2. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウト…
  3. インサイトEXの試乗記(走り・加速性能)2モーターで走行性能…
  4. インサイト(外観・内装の評価)後部座席は広く、荷室はゴルフバ…
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの試乗記(走り・加速性能)…

最新!試乗レポ

  1. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  2. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  3. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  4. プジョー5008「GTブルーHDi」の全体画像
  5. フォレスターX-BREAKの外観
  1. 新型ミライースの正面画像

    ダイハツ

    新型ミライース X“SAⅢ”(外観・内装の評価)後部座席は若干狭い
  2. ランドクルーザープラドの画像

    トヨタ

    ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ“(外観・内装の評価)3列目は補助席のよ…
  3. RVR『アクティブ・ギア』の全体画像

    三菱

    三菱RVR『アクティブギア』(外観・内装の評価)若干窮屈な後部座席
  4. XBEEの全体画像

    スズキ

    XBEE『ハイブリッドMX』(外観・内装の評価)天井は高いけど後部座席は狭い
  5. トヨタ「ハイラックス」の全体画像

    トヨタ

    ハイラックス・Z(外観・内装の評価)後部座席は広く、乗り心地は硬すぎず◎
PAGE TOP