ホンダ

【5人乗り】フリード+ハイブリッドEXの試乗記(走り・加速性能)実燃費は14.0km/L程度

ホンダ「フリード+ハイブリッドEX」を実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。

フリード+のハンドル

フリード+ハイブリッドEXの外観・内装レポへ

フリード+ハイブリッドEXの走行性能

さっそく試乗をしてみました。この日は平日の午前中で晴れ、気温は13度なので条件的には悪くないと思います。道もオール平坦で走行距離はおよそ5kmです。

フリード+の運転席画像

まずスタートボタンを押すとエンジンが回らないので静かです、走り出しもモーターのみで20km/hくらいまで走ってくれます。
25km/h過ぎたくらいでエンジンが始動しますが、エンジン音も中々良い音です。

フリード+のハイブリッドは7速オートマチックなので加速している時の変速する音がCVTと比べても新鮮味があって好きです。
ちゃんと加速しているって感じをハイブリッド車でも感じることができました。

足回りは少し硬めな印象を受けましたが、道が平坦で割と舗装の良い道路だったので、乗り心地に関してはもう少し乗ってみないと何とも判断が難しいです。
ただちょっとした凸凹道などの走行時には硬さを感じます。

フリードプラスの横画像

ハンドリングや車の取り回しなどは、車体が大きいこともあり決して良いとは思いませんが、もしフリードで7人乗りだったらと考えると悪くはないのかなと思います。
カタログには最小回転半径が5.2mとなっていましたが、受けた印象も数値通りです。

印象としてはしっかり加速して走る音も楽しめると言ったところです。運転席から見下げ角度が広がって視界は良いです。
フロント左右に設置した三角窓やフロントピラーの形状がいいので斜め前方も見やすいです。トータルでみたら運転しやすいと思います。

フリードを中古車検索

フリード+ハイブリッドEXの安全性能

ホンダ車の安全性能と言えばホンダセンシングです。ミリ波レーダーと単眼カメラで車の前方の状況を認識します。
ブレーキやステアリングの制御技術と協調した、先進の安全運転支援システムです。

今回の試乗ではこれらの技術を実際に目の当たりにすることはありませんでしたが、その安全性能の内容を余すことなくお伝え致します。

まずは車がぶつからない為に「衝突軽減ブレーキ」と「歩行者事故低減ステアリング」があります。
「衝突軽減ブレーキ」とは、どんな状況下でも距離測定に強いミリ波レーダーと形状認識に強い単眼カメラで車両や歩行者を検知します。

もし衝突の危険が迫っている場合は警告表示や警告音で知らせてくれます。万が一の時は自動ブレーキで衝突回避・軽減します。

「歩行者事故低減ステアリング」とは、時速10km/h~40km/hで走行中に車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突する危険がある時に、警告音と表示知らせてくれます。
同時にステアリングを制御して回避操作を支援します。

次にACC(アダプティブクルーズコントロール)でアクセルを踏まずに設定した車速を保つクルーズコントロールです。
前を走行している車を検知し高速道路などで車間距離を制御してくれます。

他には、最近増えているアクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐために「誤発進制御機能」を搭載しています。
前方に障害物があるにも関わらずアクセルを強く踏み込むと急発進を抑制します。

また標識などを見逃さないために「標識認識機能」をついており、走行中にカメラで標識を認識してマルチインフォメーションディスプレイに表示します。
これで一方通行や時間帯進入禁止などの標識も見逃すことが無くなりますね。

まだまだ色々な機能を備えたホンダセンシング、12万円でこれだけの性能が備わっていれば安心してドライブができるので、ちょっとしたミスで人や車にぶつけることを考えたらコストパフォーマンスは抜群にいいと思います。

フリードを中古車検索

フリード+の燃費

私が試乗した5kmでは15km/Lしか燃費は出ませんでした。これでは情報として不十分なので、実際にはフリードプラスの燃費はどの程度なのかを表で見てみましょう。

フリード+の全体画像

これは口コミや営業マンのもつ情報を元にまとめた物なので、あくまで参考までに見て欲しいのですが、フリード+のガソリン車は、JC08モードで17.6km/L~19.0km/Lですが、実燃費では14.0km/L~14.5km/Lと燃費達成度は75~80%くらいとかなり好成績。

ハイブリッドはJC08モードで25.5km/L~27.2km/Lですが、実燃費は17km/L~17.7km/Lと燃費達成度は65~70%と標準的です。
重量が1400㎏以上あるので若干重いせいもあると思いますが、燃費はまずまずといったところです。

フリードを中古車検索

フリード+ハイブリッドEXの試乗記まとめ

今回試乗したフリード+はフリードの5人乗りバージョンということで荷室は3列目が無い分かなり広く感じました。
しかし私個人としては7人乗りがあるのであれば、いざという時に応急的でも7人乗れるフリードの方が魅力的だと感じてしまいます。

フリード+の正面画像

車のサイズも同じ1500ccの5人乗りのフィットよりも大きく造られているので、重量も重く、燃費も伸びにくい印象を持ちました。

安全性能に関しては、さすがホンダセンシングと思えるような豊富な機能満載でした。
実際に試乗した感じも、走行に関しては加速も良く、7速オートマチックのフィーリングもかなり良かったです。

それぞれの好みに大きく左右されると思いますが、フリードプラスはカテゴリーとしては中途半端な位置にあると思います。私なら5人乗りならフィットでいいかなって思ってしまいました。

↓外観・内装レポ

新型フリード(新車情報)価格225万~、燃費27.2km/L

フリードハイブリッドの男性口コミ評価

 

※ガリバーで非公開在庫が探せます。

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

ピックアップ記事

  1. トコットX“SAⅢ”(外観・内装の評価)死角が少なく視界良好で運転しやすい
  2. カローラスポーツ・ハイブリッドG“Z”(外観・内装の評価)後部座席は狭い
  3. N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎
  4. スペーシアギア(外観・内装の評価)シート・荷室も防水のアウトドア仕様
  5. 新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い

関連記事

  1. N-VAN黄色の全体画像

    ホンダ

    N-VAN+スタイルFUN(外観・内装の評価)フルフラットな荷室で車中泊にも◎

    ホンダ・N-VAN+スタイルFUNの外観と内装を見てきたので画像つきで…

  2. CR-V・EXの運転席画像
  3. クラリティPHEVの全体画像

    ホンダ

    クラリティPHEV(外観・内装の評価)運転席の座り心地抜群!後部座席も広々

    ホンダ・クラリティPHEVの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  4. CR-V・EXの全体画像

    ホンダ

    新型CR-V・EX(外観・内装の評価)5人乗り・2列目の後部座席は広々

    ホンダ・新型CR-V・EXの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介し…

  5. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの外観画像

    ホンダ

    ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EX(外観・内装の評価)後部座席は窮屈さなし!

    ホンダ「ステップワゴンスパーダ ハイブリッドG・EX」の外観と内装を見…

  6. クラリティPHEVの前席画像

    ホンダ

    クラリティPHEVの試乗記(走り・加速性能)つなぎ目のない滑らかな加速!

    ホンダ・クラリティPHEVを実際に試乗運転してきた感想を書きた…

最近の記事

  1. ザ・ビートル「デザインマイスター」試乗記、スムーズな加速でキ…
  2. VWビートル(外観・内装の評価)後部座席は窮屈、荷室は難あり…
  3. RAV4アドベンチャー2.0L試乗記(走り・加速性能)静かで…
  4. RAV4(外観・内装の評価)後部座席、荷室ともにゆったり広々…
  5. スペーシアギア試乗記(走り・加速性能)ターボとパドルシフトで…

最新!試乗レポ

  1. ワーゲン・ビートルの全体画像
  2. 新型RAV4の全体画像
  3. スペーシアギア「XZターボ」の全体画像
  4. ホンダ「インサイト」EXの全体画像
  5. MINIクロスオーバー・クーパーDの全体画像
  1. レガシィーアウトバック・リミテッドの全体画像

    スバル

    アウトバック・リミテッド(外観・内装の評価)後部座席は広く、横幅もゆったり
  2. フリード+の全体画像

    ホンダ

    フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  3. CX-8の全体画像

    マツダ

    CX-8 XD proactive(外観・内装の評価)3列シートで6・7人乗り
  4. ソリオバンディットの全体画像

    スズキ

    ソリオバンディット・ハイブリッドMV(外観・内装の評価)後部座席はとても広い
  5. 新型ジムニーの全体画像

    スズキ

    新型ジムニーXC(外観・内装の評価)乗り心地は良くなったけど後部座席は狭い
PAGE TOP