ホンダ

【画像あり】フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い

今回試乗したのは2016年9月にフルモデルチェンジを果たしたフリード。フリードスパイクとフリードFLEXの後継車として新たに設けられた2列シートのフリード、それがフリード+なのです。

フリード+の全体画像

今回は3列シートのフリードではなく、2列シートのフリードの居住空間や荷室、それにハイブリッドの走行性能が気になりホンダのお店に足を運んでみました。

試乗車はフリード+ハイブリッドEX

今回試乗した車はフリード+ハイブリッドEXの2WD、ボディーカラーはシトロンドロップと鮮やかな黄色でした。最初は少し派手な色だなと思いましたが、ディーラーを出るころには見慣れてしまったのか、良い色に思えてしまいました。

フリードプラスの横画像

価格

今回試乗したハイブリッドEXは、ホンダの安全性能「ホンダセンシング」が搭載された最上級グレードで車両本体価格は2,676,000円です。他にもベースグレードのBや中間モデルのGもありますので以下で価格を紹介します。

価格(万円) B G Gホンダセンシング ハイブリッドB ハイブリッドG
ホンダセンシング
ハイブリッドEX
ホンダセンシング
2WD 190万 200万 212万 227万 250万 267万
4WD 232万 235万 274万

フリード+ハイブリッドEXの外観

フリード+のエクステリアはシャープなヘッドライトとクリアグリルの一体化でホンダ特有の顔つきに仕上がっています。今はホンダ車と言えばこのマスクです。

フリード+の正面画像

リアのデザインもシンプルで全体的に万人受けしそうなデザインに仕上げています。

フリード+の後方画像

今回試乗したフリード+のホイールはアルミホイールだったので足元がスタイリッシュな印象を受けましたが、ハイブリッドEXかオプションセットのSパッケージにしないとホイールキャップになってしまいます。

ホイールキャップだと商用車とか安いコンパクトカー見たいなイメージであまり格好良くありませんね、だからホイールは絶対アルミがおススメです。

フリード+はこのアルミホイール以外にエクステリアでは、目立った違いがありません。他の車種ならばグリルのデザインが違ったり、バンパーがエアロになっていたりとちょっとした違いがありますが、違いが少ないのが少し残念です。

フリード+のロゴ画像

ボディーカラーは全9色です。明るい色は「ブルーホライゾン・メタリック」や、今回試乗した「シトロンドロップ」になります。この2色はかなり目立つのでディーラーでも展示しているお店が多いですね。

他の色は落ち着いたメタリックやパール系の色が多く、私個人としてはフリードと言えばグレーという印象が強いので「ルナシルバー・メタリック」が合っているように感じます。

フリード+は5人乗り仕様になっていますが、5人乗りにしてはサイズが大きいです。まあ同じサイズで7人乗り仕様があるのですから当然と言えば当然ですが、全長4265㎜全幅1695㎜全高1710㎜です。高さがある分かなり大きく見えますね。

フリード+ハイブリッドEXの内装

インテリアは内装色によって大きく印象が変わります。私個人のおススメはブラックです。フリード+にはブラックのファブリックシートとコンビシートしか設定が無いため、どちらにしてもいい色です。

フリード+の運転席画像

もしフリードをご検討の方はベージュが選択できますが、あまりおススメできません。内装は白系の色ならば広く感じますが、安っぽい質感になってしまいます。

ハンドルは本革巻きステアリングホイールなので見た目もスポーティーです、実際握った感じも手に馴染んでくれるのでいいですね。

フリード+のハンドル

シフトレバーはハイブリッド専用の仕様で、青色のメタリック系の色です。パネル色が黒なので映えています。レバーのデザインもハイブリッドは近未来的で遊び心を感じます。

何よりポイントUPなのは、シフトをどのポジションに入れているかがランプで確認できる所です。最近のシフトノブはポジションの位置は示してありますが、今どこに入れているのかが分かりません。メーターを見れば分かりますが、癖でシフトを見てしまうのです。

フリード+のインパネまわり

フリード+はアクセサリーソケットが充実しています。前席にはHDMIや1.5Aと1Aのソケットがあり、荷室にも12Vのソケットがあります。車内でスマホ充電をするにもソケットの取り合いになりませんね。

ロールサンシェードもハイブリッドEXにはついており、その他魅力的な装備としてプラズマクラスターのフルオートエアコンやIRカット・UVカット機能付きのガラスなどあげられます。

フリード+のロールサンシェード

フリード+の荷室開口部はロングテールゲート&超低床フロアでとにかく広いです。地上から開口部までは335㎜しかないので荷物の積み下ろしは楽です。
荷室内もユーティリティボードで2段になっているので使い勝手もよく、無駄なスペースを生みません。

フリード+の荷室

ダブルフォールダウン機構で2列目を跳ね上げれば、足元に席を収納できるのでフラットにして布団を敷いて寝る事も可能です。

フリードプラスの荷室

後部座席は少し狭く感じました。全高は高く荷室も低床な割には後部座席の車内高は1275㎜しかありません。
これは燃料タンクやハイブリッド機構が足元に詰まっているからです。後部座席に乗り込む時も、お年寄りや子供には少しハードルが高いかもしれません。

フリード+の後部座席

座席に座った時の膝周りも若干狭く、座っている時は姿勢良くしていればいいのですが、リラックスした姿勢になるとちょっと窮屈です。
乗り降りの時の移動も若干面倒に感じるかもしれません。

↓運転した感想はこちら

↓新車情報はこちら

中古車は壊れるの不安ですか?
修理歴チェック済・100日返品保証(有料)・最長10年保証(有料)
安心なのはガリバーだけでした。
↓↓↓

買わなくてOK!
非公開在庫をたっぷりチェック

メーカー別・試乗レポート一覧へ移動します。
トヨタホンダ日産スズキダイハツスバルマツダ三菱

関連記事

  1. シビックタイプRの画像

    ホンダ

    【画像あり】シビックタイプR(外観・内装の評価)後部座席はそこまで狭くない

    シビックをベースにエンジンやサスペンションをハイグレードにチューニング…

  2. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの運転席画像

    ホンダ

    ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの試乗記(走り・加速性能)クルーズコントロールで停止もでき…

    ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EX(外観・内装の評価)に続き、…

  3. シャトルの全体画像

    ホンダ

    シャトル(外観・内装の評価)2列目ゆったり、荷室が広い!フルフラットで車中泊も◎

    趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値観を最大限に反映させた…

  4. オデッセイハイブリッド・アブソルートEXの運転席画像
  5. シビックタイプRの運転席画像

    ホンダ

    シビックタイプRの試乗記(走り・加速性能)高速道路や峠の走行などでは最適

    シビックタイプR(外観・内装の評価)に続き、今度は運転した感想について…

  6. シャトルの運転席画像

    ホンダ

    シャトル・ハイブリッド1.5試乗記(走行性能)60km/hまでスムーズな加速

    ホンダ・シャトル(外装・内装の評価)に続き、今度は運転した感想について…

最近の記事

  1. セレナe-POWERハイウェイスターVの試乗記(走り・加速性…
  2. カングー・ゼン試乗記(走り・加速性能)1,200ccながらタ…
  3. ルノー「カングー・ゼン」(外観・内装の評価)後部座席は均等に…
  4. トゥインゴの試乗記(走行性能)排気量900ccでもターボでパ…
  5. ルノー「トゥインゴ・インテンスCT」(外観・内装の評価)ルー…

最新!試乗レポ

  1. カングーゼンの全体画像
  2. トゥインゴの全体画像
  3. セレナe-POWERハイウェイスターVの外観画像
  4. ステップワゴンスパーダハイブリッドG・EXの外観画像

カテゴリー

  1. セレナe-POWERハイウェイスターVの外観画像

    日産

    セレナe-POWERハイウェイスターV(外観・内装の評価)3列目もゆったり広い
  2. スペーシアカスタムZ(Xターボ)シルバーの全体画像

    スズキ

    【画像あり】スペーシアカスタムZ・Xターボ(外観・内装の評価)後部座席は広く、座…
  3. CX-8の全体画像

    マツダ

    【画像あり】CX-8・XDプロアクティブ(外観・内装の評価)3列シートで室内広々…
  4. フリード+の全体画像

    ホンダ

    【画像あり】フリード+ハイブリッドEX(外観・内装の評価)後部座席はやや狭い
  5. エルグランドの全体画像

    日産

    エルグランド350ハイウェイスター(外観・内装の評価)3列目まで広くてゆったり座…
PAGE TOP